インストラクションマニュアル Brother - ADESSO I, Bf-7000, SOLEIL 70, Riviera 70, FERIE I, Mure I, ACENTY I

background image

スタート/ストップスイッチ

7 8

7

スピード
コントロールレバー

2 6 9

下糸巻き装置

5

3

糸たて棒

下糸巻き案内

1

電源

0

w

針板ふた

糸案内カバー
糸案内板

4

1

電源

4

糸たて棒

糸案内カバー
糸案内板

5

6

ミゾ

q

糸通しレバー

8

糸案内皿

w

q

針穴

3

針上下スイッチ

9

糸切り

押え

7

針棒糸かけ

2 0 w

押えレバー

この早見表はCPS70シリーズで制作しています。CPS71/74/75シリーズでも使用方法は同じです。

実物大

11.5mm

ミゾ

ガイドミゾ(カッター付)

スタート/ストップスイッチ

針板ふた

つまみ

針棒糸かけ

糸案内皿

押えレバー

5cm

カッター

指で軽く押さえる

ミゾ

板バネ

糸通しレバー

下糸巻き軸バネ

糸たて棒

糸こま押え

スピードコントロールレバー

押えレバー

針上下スイッチ

糸たて棒

糸こま押え

糸案内カバー

糸案内板

下糸巻き案内

奥までしっかり入れる

下糸巻き案内

糸案内板

糸案内カバー

スタート/ストップスイッチ

1

2

糸切り

針板ふたの左下を差し込む

下糸の準備

上糸の準備

最初に、取扱説明書の「安全上のご注意」(表紙A)を必ずお読みください。
この「下糸の準備」では、下糸をセットする方法を説明しています。各手順で操作する箇所とその名称は、中央の図で確認してください。
詳しい手順については、取扱説明書の「下糸を準備する」(P17)を参照してください。

最初に、取扱説明書の「安全上のご注意」(表紙A)を必ずお読みください。
この「上糸の準備」では、上糸をセットする方法を説明しています。各手順で操作する箇所とその名称は、中央の図で確認してください。
詳しい手順については、取扱説明書の「上糸を準備する」(P22)を参照してください。

スタ

スタ

1

1

2

2

3

3

4

4

5

5

6

6

7

7

8

9

0

0

q

w

w

* ミシン本体に示されている点線の順に糸を通します。

* 糸こまの下側から糸が出るようにセットします。

* 下糸を引き出さずに、ぬい始めることができます。

* 必ずガイドミゾを使用して糸を切ってください。
  適切な長さで糸が切れます。

* 純正以外のボビンは使用できません。

糸たて棒に、糸こまと糸こま押えを差す

糸を糸案内カバーの後ろに通してから、糸案内板の下を通す

下糸巻き案内に、糸をかける

糸をボビンに時計回りに5~6回巻き、
ガイドミゾで糸を切る

スピードコントロールレバーを矢印方向

(はやく)に動かし、次にスタート/ストップ

スイッチを押して、巻き取りを開始する

針板ふたをもとに戻す

電源を入れる

次に上糸通しをします。
下面を見てください。

電源を入れる

針上下スイッチを押し、針を上げる

糸たて棒に、糸こまと糸こま押えを差す

ミゾにそって糸を通す

針棒糸かけにかけた糸の端を矢印方向に引き、
糸案内皿のすき間に手前から糸を通す

糸切りで糸を切る

押えレバーを下げる

糸を糸案内カバーの後ろに通してから、糸案内板の下を通す

本機純正ボビンを用意する

* 押えが下がっていると、

正しく糸が通りません。

* 針が上に上がっていないと、糸通し装置で糸を通す

ことができません。

* 糸こまの下側から糸が出るようにセットします。

* ミシン本体に示されている実線の順に糸を通します。

XC9748-151①

早見表

コンピューターミシン CPS70/71/74/75シリーズ

1

1

2

ボビンのミゾと下糸巻き軸バネの位置を合わせて、

ボビンを下糸巻き軸に差し込み、矢印方向(

1)に押す

つまみを矢印方向に動かし、

針板ふたを外す

押えレバーを上げ、押えを

上げる

押えレバーを上げ、糸を押えの間に
通し、後方に5cmほど引き出す

糸が左巻きになるようにしてボビンを釜に入れ、糸を矢印
の順にミゾに通した後、カッターで糸を切る

* ボビンから糸を出す方向に注意してくだ

さい。

* 糸が確実に内釜の板バネの間に入ってい

ることを確認してください。入っていない場
合は、もう一度糸をかけ直してください。

本体左側面の糸通しレバーを「ガチャ」
と音がするまで下げてから、ゆっくり上
に戻す

* 糸が完全に通らず、針穴部で輪になってしまった場

合は、糸の輪の部分をゆっくりと引き、糸の端を引
き出してください。

下図のように、左手で糸を保持し、右
手で針の根元にある針棒糸かけに糸
をかける

糸が針穴に通ります

q

糸を切り、下糸巻き軸を矢印方向(

1)に

戻して、ボビンを抜く(

2)

ボビンの回転がゆっくりになったら、

もう一度スタート/ストップスイッチ

を押して、ミシンを止める

8

9

その他の操作は
取扱説明書を
参照してください。

次へ

目次

  • p. 1/2
    スタート/ストップスイッチ 7 8 7 スピードコントロールレバー 2 6 9 下糸巻き装置 5 3 糸たて棒 下糸巻き案内 1 電源 0 ~ w 針板ふた釜 糸案内カバー糸案内板 4 1 電源 4 糸たて棒 糸案内カバー糸案内板 5 6 ミゾ q 糸通しレバー 8 糸案内皿 w q 針穴 3 針上下スイッチ 9 糸切り 押え 7 針棒糸かけ 2 0 w 押えレバー この早見表はCPS70シリーズで制作しています。CPS71/74/75シリーズでも使用方法は同じです。 実物大 11.5mm ミゾ ガイドミゾ(カッター付)
  • p. 2/2
    早見表 コンピューターミシン CPS70/71/74/75シリーズ 針の種類と使い分け 液晶画面の見方 模様一覧 XC9748-151① 0.0~7.0 (自動: 0.0) 0.0~7.0 (自動: 3.5) 1.0~4.0 (自動: 2.5) 1.0~3.0 (自動: 1.0) 0.2~5.0 (自動: 2.5) 0.0~4.0 (自動: 1.4) 0.0~7.0 (自動: 3.5) 普通地または薄地のほつれ止め 1.0~4.0 (自動: 2.0) 2.5~5.0 (自動: 3.5) 厚地やほつれやすい布地の
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.