オーナーマニュアル Brother - A35-NF

background image

7 10

cm

スピードコントロールレバーを

「ゆっくり」に合わせる

操作する箇所の名称は下図で確認してください。

最初に取扱説明書の「安全にお使いいただくために」を必ずお読みください。
詳しい手順については、取扱説明書を参照してください。
このガイドは、

すぐ見られるよう保管してください。

スタート / ストップ

スイッチ

糸こま押え

糸たて棒

下糸巻き軸

糸こま

針板ふた

11.5

mm

押えレバー

スピード

コントロールレバー

ボビン

電源を「入」にする

ミシン上面に記された番号
の順に糸をかける

ボビンのミゾと下糸巻き軸バネの
位置を合わせて差し込み、
下糸巻き軸を右へ移動させる

糸たて棒を

後ろに倒し

糸こまを

下から糸が出るよう

セットし

糸こま押えを差す

1.

7.

8.

9.

11.

12.

13.

2.

3.

4.

5.

6.

サイズの違う

ボビンは故障の
原因となります

3

3

1

1

ボビンのミゾ
下糸巻き軸

バネ

カチッ!

糸巻きが終わり、回転が遅く
なったら

糸を切り、

下糸巻き軸をカチッと音が

するまで左へ戻し、ボビンを抜く

10.

電源を「切」にする

ツマミを右へ動かし針板ふたを外す

ボビンを

左巻きにセット

し、

ミゾに沿わせて

引っぱりながら

糸をかけ、

最後にカッターで

切る

針板ふたの突起部を差込み、
上から押して閉める

裏面へ

下糸の準備

次 に

上 糸 の 準 備

ボビンから出た糸端を持って

スピードコントロールレバーを

「はやく」に合わせ、再び

を押して下糸巻きを始める

スタート
ストップ

を押し、ボビンを10回転ほどさせたら、
スイッチを押して止め、糸端を切る

を押して止める

2

カチッ!

2

1

糸立て棒は

後ろに倒したまま

使用します

ELU50/ELU58シリーズ

まず

スタート
ストップ

スタート
ストップ

正しくセットしないと

糸調子不良の原因と

なります

カッター

右手で押さえながら

引っぱります

2

1

カチッ!

3

Pantone 2925 C

Black

Diecut

FRONT

次へ

目次

  • p. 1/2
    7 10 cm スピードコントロールレバーを 「ゆっくり」に合わせる 操作する箇所の名称は下図で確認してください。 最初に取扱説明書の「安全にお使いいただくために」を必ずお読みください。詳しい手順については、取扱説明書を参照してください。このガイドは、 すぐ見られるよう保管してください。 スタート / ストップ スイッチ 糸こま押え 糸たて棒 下糸巻き軸 糸こま 針板ふた 11.5 mm 押えレバー スピード コントロールレバー ボビン 糸 切 り プ ー リ ー 電 源 ス イ ッ チ 糸 通 し レ
  • p. 2/2
    6 糸ガイド 糸案内皿 7 7 1 下げたまま後ろに回す 糸が針穴に 通ります 糸通しレバーを一番下 まで まっすぐ下げる ゆっくりと手前に戻し、 元の位置まで上げる 2 糸こま 4. 操作する箇所の名称は下図で確認してください。 上 糸 の 準 備 電源を「切」にする 押えレバーを 上げる 1. 7. 8. 9. 10. 11. 2. 3. 5. 6. 押えレバーが上がったままでは 糸通し装置でうまく糸が通りません ミシン上面に記された番号 3 の順に糸をかけ、 番号 4 で 天びんにしっかり 糸をかけ、
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.