ユーザーマニュアル Dell - Alienware Aurora R2 (Early 2010)

background image





A

LIENWARE

®

デスクトップマニュアル

次へ

目次

  • p. 1/68
      A LIENWARE ® デスクトップマニュアル
  • p. 2/68
      本書の内容は予告なく変更されることがあります。 © 2010 すべての著作権は Dell Inc.にあります。 Dell Inc.の書面による許可のない複写は、いかなる形態においても厳重に禁止 されています。 本書に使用されている商標: Alienware、AlienFX、および AlienHead ロゴ は、 Alienware Corporation の商標または登録商標です。Dell は Dell Inc. の 商標です。 Microsoft、Windows、および Windows スタートロゴは米国または
  • p. 3/68
    3   目次 目次 第1章:デスクトップのセットアップ. . . . . . . . . . . . . . . . . .7 デスクトップをセットアップする前に . . . . . . . . . . . . . . 8ディスプレイの接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9キーボードおよびマウスの接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . 10ネットワークケーブルの接続(オプション) . . . . . .
  • p. 4/68
    4  
  • p. 5/68
    5   Alienware ご購入のお客様へ Alienware シリーズをお買い上げいただき、ありがとうございます。見識高 い、ハイパフォーマンスコンピュータユーザーの数が増加の一途をたどっている中、お客様をその一員としてお迎えできることを非常に喜ばしく思ってい ます。 お使いのコンピュータを作り上げた Alienware の技術者は、お使いのハイ パフォーマンスコンピュータがその名の通りに最適化され、可能性が最大限にまで生かされることをお約束します。私たちは、「 Build It As If It
  • p. 6/68
    6  
  • p. 7/68
    7 第 1 章:デスクトップのセットアップ  CHAPTER 1: SETTING UP YOUR DESKTOP 第 1 章:デスクトップのセットアップ
  • p. 8/68
    8 第 1 章:デスクトップのセットアップ   製品マニュアルとメディア Alienware ® デスクトップに同梱のマニュアルは、新しいデスクトップの機能を 試す際に発生し得る、多数の質問に対する回答を提供することを目的としています。必要に応じて、将来発生し得る質問に回答したり、回答および解決策が必要な場合は、技術情報または一般的な使用法をマニュアルで参照してください。デスクトップに同梱のメディアは、本マニュアルの一部の項で参照されており、特定のタスクを実行するために必要な場合があります。通常通り、テクニカルサポートスタッフがいつでもお手伝いいたします。
  • p. 9/68
    9 第 1 章:デスクトップのセットアップ   接続の種類 コンピュータ ケーブル ディスプレイ DVI-to-DVI ( DVI ケーブル) HDMI-to- HDMI(HDMI ケーブル) HDMI-to- DVI(HDMI-to- DVI アダプタ + DVI ケーブル) ディスプレイの接続 お使いのコンピュータに装備されているグラフィックスカードのコネクタを使用してディスプレイを接続してください。 メモ:ご購入のグラフィックスカードには DVI または HDMI コネクタ が付いている場合があります。
  • p. 10/68
    10 第 1 章:デスクトップのセットアップ   ネットワークケーブルの接続(オプション) キーボードおよびマウスの接続
  • p. 11/68
    11 第 1 章:デスクトップのセットアップ  電源ボタンを押す コンピュータの上部にある電源ボタンを押します。 電源ケーブルの接続 警告:電源コネクタおよび電源タップは、国によって異なります。互換性のないケーブルを使用したり、ケーブルを不適切に電源タップまたはコンセントに接続したりすると、火災の原因になったり、装置に損傷を与えたりする恐れがあります。
  • p. 12/68
    12 第 1 章:デスクトップのセットアップ   ワイヤレス接続のセットアップ メモ:ワイヤレスルーターのセットアップに関しては、ルーターに同梱のマニュアルを参照してください。 ワイヤレスインターネット接続を使用する前に、ワイヤレスルーターに接続する必要があります。 ワイヤレスルーターへの接続のセットアップは、次の手順を実行してください。 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをす 1. べて終了します。Start 2. (スタート) → Control Panel(コントロールパネル)とクリックし
  • p. 13/68
    13 第 1 章:デスクトップのセットアップ   検索ボックスに 3. network(ネットワーク)と入力し、Network and Sharing Center(ネットワークと共有センター) → Set up a new connection or Network(新規接続またはネットワークのセットアップ) → Connect to the Internet(インターネットへの接続)とクリックします。Connect to the Internet(インターネットの接続)ウィンドウが表示されます。
  • p. 14/68
    14 第 1章:デスクトップのセットアップ
  • p. 15/68
    15 第 2 章:デスクトップについて  本章では、さまざまな機能をよく理解できるように、新しいデスクトップの情報を提供し、デスクトップをすぐにお使いいただけるようにします。 第 2 章:デスクトップについて CHAPTER 2: GETTING TO KNOW YOUR DESKTOP
  • p. 16/68
    16 第 2 章:デスクトップについて   1 ハードディスクドライブアクティビティライト — コンピュータがデータ の読み取りや書き込みをする時に点滅して、ハードディスクドライブのアクティビティを示します。 注意:データの損失を防ぐため、ハードディスクアクティビティライトが点滅している間はコンピュータの電源を切らないで下さい。 2 Alienhead — これを押すとドライブパネルが下がります。ドライブパネル はコンピュータがオフの時にも下げることができます。 3 光学ドライブ — CD、DVD、および
  • p. 17/68
    17 第 2 章:デスクトップについて   1 セキュリティケーブルスロット — 市販のセキュリティケーブルをコン ピュータに取り付けます。メモ:セキュリティケーブルを購入する前に、お使いのコンピュータのセキュリティケーブルスロットに合うことを確認してください。 2 ラッチ — セキュリティケーブルスロットを開閉し、リリースパネルを ロックまたはアンロックします。ラッチを右にスライドさせて、セキュリティロックスロットを開き、リリースパネルをアンロックします。 3 背面パネルコネクタ — USB、オーディオ、およびその他デバイスを適切
  • p. 18/68
    18 第 2 章:デスクトップについて   背面ライトボタン 背面ライトボタンを押して、背面パネルコネクタを見るためのライトを点灯します。このライトは数秒後、自動的に消灯します。 メモ: Alienware Aurora スタンダードでは、コンピュータがオンになっ ている場合にのみ、背面ライトが機能します。 Alienware Aurora ALX で は、背面ライトは内蔵バッテリによって駆動しているので、コンピュータがオフの場合でもライトが機能します。
  • p. 19/68
    19 第 2 章:デスクトップについて  背面パネルコネクタ 7 6 5 3 2 1 4 メモ:お使いのコンピュータで、バックパネルコネクタの一部が使用できない場合があります。詳細に関しては、 59 ページの「仕様」を参照 してください。 1 光学 S/PDIFコネクタ — デジタルオーディオ出力のため、アンプ、ス ピーカー、またはテレビを光学デジタルケーブルを介して接続します。このフォーマットは、アナログオーディオ変換プロセスを経由せずにオーディオ信号を伝達します( Aurora および Aurora
  • p. 20/68
    20 第 2 章:デスクトップについて   外付けスピーカの接続 お使いの Alienware デスクトップには、5 個の内蔵オーディオ出力コネクタと 1 個のオーディオ入力コネクタが装備されています。オーディオ出力コネクタ は高品質なサウンドを提供し、 7.1 サラウンドオーディオをサポートします。 自宅のステレオやスピーカシステムからオーディオ入力コネクタを接続し、ゲームおよびメディアの高性能なサウンドを体験することができます。 メモ:サウンドカード搭載のコンピュータでは、カードのコネクタを使用してください。
  • p. 21/68
    21 第 2 章:デスクトップについて  上面の機能 トップパネルコネクタへのアクセス トップパネルを下方向へ押して、トップパネルコネクタにアクセスします。 1 トップパネル 1
  • p. 22/68
    22 第 2 章:デスクトップについて   トップパネルコネクタ 5 2 1 3 4 1  ヘッドフォンコネクタ — ヘッドフォンを接続します。 メモ:パワードスピーカまたはサウンドシステムを接続するには、コンピュータ背面のオーディオ出力コネクタを使用するか、 S/PDIF コネクタ ( Aurora および Aurora ALX のみで利用可能)のいずれかを使用してく ださい。 2 マイクコネクタ — サウンドまたはテレフォニプログラムへ音声また はオーディオを入力するためにマイクを接続します。
  • p. 23/68
    23 第 3 章:デスクトップの使い方  第 3 章:デスクトップの使い方 CHAPTER 4: USING YOUR DESKTOP
  • p. 24/68
    24 第 3 章:デスクトップの使い方   AlienwareCommandCenter Alienware ® Command Centerでは、Alienware 専用のソフトウェアにアクセスす ることができます。また Alienware Command Centerは、継続的にアップデー ト可能なコントロールパネルです。 Alienware が新しいプログラムをリリースす ると、 Command Centerに直接ダウンロードされ、システム管理ツール、最適化 ツール、およびカスタマイズツールのライブラリの構築が可能になります。
  • p. 25/68
    25 第 3 章:デスクトップの使い方   RAIDレベル0 注意: RAIDレベル0は冗長性を提供しません。したがって、いずれか のドライブに障害が発生すると、すべてのデータが失われます。データを保護するためには、定期的にバックアップを実行してください。 RAID レベル 0 は、データストライピングを使用することによって、高速デー タアクセスを実現します。データストライピングは、連続するデータセグメント (ストライプ)を物理ドライブ全体に順次書き込むことで、大容量の仮想ドライブを作成します。これにより、別のドライブで次のブロックを探しながら読み出している間に、
  • p. 26/68
    26 第 3 章:デスクトップの使い方   RAIDレベル5 RAID レベル 5 はデータパリティを使用します。RAID レベル 5 は、3 台以 上のドライバ間にデータおよびパリティ情報の両方をストライピングします。これは、バイトレベルでのデータストライピングを提供し、エラー修正情報もストライピングします(回転パリティアレイ)。この結果、卓越したパフォー マンスと優秀なフォールトトレランスが得られます。 ドライブが故障すると、次の読み出し/書き込み動作は、残りのドライブで行われます。その後、交換用ドライブは残ったドライブを使ってデータを再構築することができます。データはプライマリドライブおよび追加ドライブに複製されるため、
  • p. 27/68
    27 第 3 章:デスクトップの使い方   パフォーマンスの最適化 お使いのコンピュータは、様々なアプリケーションにおいて最適に動作するよう構成されています。購入された構成によっては、ゲームやマルチメディア製作を含む、リソースを集中的に使用するアプリケーションで最高のパフォー マンスを発揮するために、お使いのコンピュータが工場でクロックアップされている場合があります。 注意:テクニカルサポートは、工場出荷時の設定でコンピュータの全機能を点検します。 Alienware は、工場出荷時の設定外におけるコン
  • p. 28/68
    28 第 3 章:デスクトップの使い方   BIOSの設定 セットアップユーティリティ セットアップオプションでは、次の操作を実行できます。 デスクトップのハードウェアを追加、変更、または取り外した後に、シス • テム設定情報を変更する。ユーザー選択できるオプションを設定または変更する。 • インストールされたメモリの容量を表示する。 • 取り付けられたハードディスクドライブのタイプを設定する。 • セットアップユーティリティを起動する前に、後で参照できるように現在の セットアップユーティリティの情報を記録することをお勧めします。
  • p. 29/68
    29 第 3 章:デスクトップの使い方   システムセットアップオプション メモ:お使いのコンピュータモデルおよび取り付けられているデバイスによっては、この項に記載されたアイテムが、表示とは異なる場合があります。 メモ:アップデートされたセットアップユーティリティの情報は、 Dell サポートウェブサイト support.jp.dell.com/manuals で『サービスマ ニュアル』を参照してください。 システム情報Product Name 製品名を表示します。 BIOS Version BIOS
  • p. 30/68
    30 第 3 章:デスクトップの使い方   スタンダード CMOS機能 SATA 5 コンピュータ内蔵の SATA 5 ドライブを表 示します。 SATA 6 コンピュータ内蔵の SATA 6 ドライブを表 示します。 Wait for 'F1' If Errors 有効化されていると、システムエラーを表示す るため、起動中にシステムが停止されます。 詳細 BIOS機能 NumLock Status 電源がオンになっている時の Num Lock の 状態を選択します。 ACPI APIC
  • p. 31/68
    31 第 3 章:デスクトップの使い方   オンボードデバイスUSB Functions 内蔵 USB コントローラを有効または 無効に設定できます。 HD Audio Controller 内蔵オーディオコントローラを有効または無効に設定できます。 Onboard IEEE1394 Controller オンボード IEEE 1394 コントローラ を有効または無効に設定できます。 LAN1 BCM5784 Device ( Aurora および Aurora ALX のみ 利用可能) / Onboard
  • p. 32/68
    32 第 3 章:デスクトップの使い方   電力管理のセットアップSuspend Mode ACPI 機能の省エネルギーモードを設 定します。 AC Recovery 電源が回復された時のコンピュータの動作を設定します。 Remote Wakeup ( Aurora および Aurora ALX のみ利用可能) オンボード LAN、PCIE-X1 LAN カー ド、または PCI LAN カードからウェ イクアップするようにシステムを設定します。 Auto Power On コンピュータを特定の時間に起動するようにできます。
  • p. 33/68
    33 第 3 章:デスクトップの使い方   クロックアップ設定サブメニューAdjust CPU BClk (MHz) プロセッサの BClk を調整できます。 Spread Spectrum Spread Spectrum(SS)変調を有効 または無効します。 Adjust PCI Frequency (MHz) ( Aurora および Aurora ALX のみ 利用可能) PCI 周波数を調整できます。 Adjust PCI-E Frequency (MHz) PCI-E 周波数を調整できます。Intel
  • p. 34/68
    34 第 3 章:デスクトップの使い方   過電圧設定サブメニューCPU Temperature Sensor プロセッサの温度を摂氏および華氏で表示します。 VCore プロセッサコア電圧を表示します。 Dynamic CPU VCore Offset プロセッサのコア電圧をオフセットします。 DDR3 Memory Voltage DDR3 メモリ電圧を調整します。 IOH Voltage IOH 電圧を調整します。 QPI and Uncore Voltage QPI およびアンコア電圧を調節します。
  • p. 35/68
    35 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け  本章では、機器のアップグレードによる処理能力およびストレージ容量の増加に関する、ガイドラインおよび手順について説明します。デスクトップの部品は www.dell.com または www.alienware.com で購入いただけます。 メ モ : サ ー ビ ス 可 能 な す べ て の 部 品 の 取 り 付 け 手 順 は 、 support.jp.dell.com/manuals で、『サービスマニュアル』を参照して
  • p. 36/68
    36 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   作業を開始する前に 本項では、デスクトップのコンポーネントの取り付けおよび取り外しの手順について説明します。特に指示がない限り、それぞれの手順では以下の条件を満たしていることを前提とします。 本項の「デスクトップの電源を切る」および「デスクトップ内部の作業を • 始める前に」の手順を既に終えていること。デスクトップに同梱の、安全に関する情報を読み終わっていること。 • コンポーネントを取り外し手順と逆の順番で交換できる、またはコンポー
  • p. 37/68
    37 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   注意:ケーブルを外すときは、コネクタまたはコネクタのプルタブを持ち、ケーブル自身を引っ張らないでください。ロックタブ付きのコネクタがあるケーブルもあります。このタイプのケーブルを抜く場合、ロックタブを押し入れてからケーブルを抜きます。コネクタを抜く際は、コネクタのピンを曲げないようにまっすぐに引き抜きます。また、ケーブルを接続する前に、両方のコネクタが正しい向きに揃っているか確認します。 デスクトップの損傷を防ぐため、デスクトップ内部の作業を始める前に、次の手順を実行します。
  • p. 38/68
    38 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   サイドパネルの取り外しと取り付け 注意:サイドパネルを外す前に、お使いのデスクトップから電源ケーブルを外します。 サイドパネルを取り外すには次の手順を実行します。 3 1. 6 ページの「作業を始める前に」の手順に従ってください。 メモ:セキュリティケーブルスロットからセキュリティケーブルを外すようにしてください(該当する場合)。 ラッチを右にスライドさせてリリースパネルをアンロックします。 2. リリースパネルを持ち上げてサイドパネルを開きます。
  • p. 39/68
    39 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   お使いのコンピュータの内部 1 メモリモジュール 2 グラフィックスカード( 2) 3 光学ドライブ( 3) 4 ハードディスクドライブ( 4) メモリモジュールの取り外しと取り付け メモリモジュールを取り外すには次の手順を実行します。 3 1. 6 ページの「作業を開始する前に」の手順に従います。 サイドパネルを取り外します( 2. 38 ページの「サイドパネルの取り外しと取 り付け」を参照)。システム基板上のメモリモジュールコネクタを確認します(
  • p. 40/68
    40 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   Aurora-R2 推奨されるメモリ設定: タイプ スロット 1066 MHz および I333 MHz DDR3 スロット 1 および 2 またはスロッ ト 1 ~ 4 メモリモジュールを取り付けるには、次の手順を実行します。 Aurora/Aurora ALX 推奨されるメモリ設定: タイプ スロット 1066 MHz および I333 MHz DDR3 スロット 1、3、および 5、またはス ロット 1 ~ 6 1600
  • p. 41/68
    41 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   3 1. 6 ページの「作業を始める前に」の手順に従ってください。 メモリモジュールの底部にある切り込みをメモリモジュールコネクタのタ 2. ブと揃えます。 4 3 2 1 1 メモリモジュールコネクタ 2 タブ 3 切り込み 4 メモリモジュール 注意:メモリモジュールへの損傷を避けるため、メモリモジュールの両端に均等に力をかけながら、メモリモジュールコネクタに向かって真っ直ぐ押し下げてください。 所定の箇所にカチッと収まるまで、メモリモジュールをメモリモジュール
  • p. 42/68
    42 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け  リリースタブを同時に押して、ハードディスクドライブケージからハード 4. ディスクドライブをスライドさせて取り出します。 2 1 1 ハードディスクドライブ 2 リリースタブ(2) ハードディスクドライブの取り外しと取り付け ハードディスクドライブを取り外すには次の手順を実行します。 3 1. 6 ページの「作業を開始する前に」の手順に従います。 サイドパネルを取り外します( 2. 38 ページの「サイドパネルの取り外しと取
  • p. 43/68
    43 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け  ハードディスクドライブを取り付けるには、次の手順を実行します。 3 1. 6 ページの「作業を開始する前に」の手順に従います。 新しいハードディスクドライブに同梱のマ二ュアルを参照して、お使いの 2. コンピュータ用に設定されていることを確認します。新しいハードディスクドライブブラケットを、新しいハードディスクドラ 3. イブにはめ込みます(該当する場合)。リリースタブが所定の位置にカチッと収まるまで、新しいハードディスク 4.
  • p. 44/68
    44 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   システム基板上の拡張カードを確認します( 4. 39 ページの「お使いのコン ピュータの内部」を参照してください。カードに接続されているケーブルをすべて取り外します(該当する場合)。 5. カードをシャーシに固定しているネジを外します。 6. カードを取り外します。 7. PCI Express x1 • カードでは、カードの上部両角を掴み、コネクタから慎 重に外します。PCI Express x16 • カードでは、カードの上部量角を掴みながらカードコネク
  • p. 45/68
    45 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け   カードに接続されるべきケーブルを、すべて接続します(該当する場合)。 5. カードのケーブル接続に関する詳細は、カードに同梱のマニュアルを参照してください。カードをシャーシに固定するネジを取り付けます。 6. カチッと所定の位置に収まるまでカバーを押します。 7. サイドパネルを取り付けます( 8. 38 ページの「サイドパネルの取り付けと取 り外し」を参照)。電源ケーブル、および外付けの周辺機器すべてをコンピュータに接続します。
  • p. 46/68
    46 第 4 章:追加コンポーネントまたは交換用コンポーネントの取り付け  
  • p. 47/68
    47 第 5 章:トラブルシューティング  第 5 章:トラブルシューティング CHAPTER 6: TROUBLESHOOTING
  • p. 48/68
    48 第 5 章:トラブルシューティング   コンピュータのトラブルシューティングを行う際は、次の安全に関するガイドラインに留意してください コンピュータ内部のコンポーネントに触れる前に、シャーシの塗装されて • いない部分に触れてください。こうすることで、コンピュータを損傷する可能性のある静電気が放電されます。コンピュータおよび接続されているすべての周辺機器の電源を切ります。 • コンピュータからすべての周辺機器を外します。 • トラブルシューティングの前の操作 電源ケーブルがお使いのコンピュータとコンセントに接続されていること
  • p. 49/68
    49 第 5 章:トラブルシューティング   「 Do you want to run the remaining memory tests? This will take about 30 minutes or more. Do you want to continue? (Recommended).」(残りのメモリテストを実行しますか? このテストは、約 30 分以上かかります。続行しますか?(推奨)) メモリに問題がある場合は < y> を押して続行し、それ以外の場合は <n>
  • p. 50/68
    50 第 5 章:トラブルシューティング   メモ:次の手順は、起動順序を 1 回だけ変更します。次回の起動時に は、コンピュータはセットアップユーティリティで指定したデバイスに従って起動します。 起動デバイスリストが表示されたら 3. CD/DVD/CD-RW をハイライト表示 し、 <Enter> を押します。 表示されたメニューから 4. Boot from CD-ROM(CD-ROM から起動)オプシ ョンを選択し、< Enter> を押します。 番号の付いたリストから
  • p. 51/68
    51 第 5 章:トラブルシューティング   ビープコード 考えられる問題 1 回 マザーボード障害の可能性 - BIOS ROM Checksum の失敗 2 回 RAM が検知されないメモ:メモリモジュールを取り付けたり交換した場合は、メモリモジュールが正しく取り付けられていることを確認してください。 3 回 マザーボード障害の可能性 - チップセットエラー 4 回 RAM 読み取り/書き込み障害 5 回 リアルタイムクロック障害 6 回 ビデオカードまたはチップ障害 7 回 プロセッサ障害 コンピュータの問題
  • p. 52/68
    52 第 5 章:トラブルシューティング   プログラムが以前のバージョンのMicrosoft ® Windows ® オペレー ティングシステム用に設計されている場合 プログラム互換性ウィザードを実行する Program Compatibility Wizard(プログラム互換性ウィザード)は、Windows オペレーティングシステムとは異なるオペレーティングシステムに近い環境で動作するよう、プログラムが設定します。 Start 1. (スタート) → Control Panel(コントロールパネル)
  • p. 53/68
    53 第 5 章:トラブルシューティング   その他のソフトウェアの問題 すぐにお使いのファイルのバックアップを作成します ウイルススキャンプログラムを使って、ハードディスクドライブ、または  CD を調べる開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログ ラムをすべて終了して、 Start(スタート)メニューからコンピュータをシャッ トダウンします コンピュータをスキャンして、スパイウェアを調べる コンピュータのパフォーマンスが遅いと感じたり、ポップアップ広告を受信したり、インターネットとの接続に問題がある場合は、スパイウェアに感染している恐れがあります。アンチスパイウェア保護を含むアンチウィルスプログラムを使用して(ご使用のプログラムをアップグレードする必要があるかもしれません)、コンピュータのスキャンを行い、スパイウェアを取り除いてください。
  • p. 54/68
    54 第 5 章:トラブルシューティング  ハードディスクドライブの問題 コンピュータが室温に戻るまで待ってから電源を入れる ハードディスクドライブが高温になっているため、オペレーティングシステムが起動しないことがあります。コンピュータが室温に戻るまで待ってから電源を入れます。 チェックディスクを実行する Start 1. (スタート) → Computer(コンピュータ)とクリックします。 Local 2. Disk C:(ローカルディスク C:)を右クリックします。 Properties 3. (プロパティ)
  • p. 55/68
    55 第 5 章:トラブルシューティング   電源 電源ボタンを押しても、コンピュータの電源が入らない コンピュータがサージプロテクタまたは • UPS に接続されている場合は、 サージプロテクタまたは UPS がコンセントにしっかり接続されており、 電源が入って正常に機能していることを確認します。 正常に機能しているラジオや電気スタンドなどを使用して、コンセントが • 正常に機能していることを確認します。コンセントが機能していない場合は、電気技師または電力会社に連絡してサポートを依頼してください。コンピュータのすべてのデバイスがコンピュータに正しく接続されてお
  • p. 56/68
    56 第 5章:トラブルシューティング
  • p. 57/68
    57 第 6 章:システムリカバリ  第 6 章:システムリカバリ CHAPTER 7: SYSTEM RECOVERY お使いのコンピュータには、次のシステムリカバリオプションがあります。 オペレーティングシステム再インストール • DVD — オペレーティングシステ ムインストールメディアが収録されています。Dell Datasafe • ローカル — お使いのコンピュータには Dell DataSafe ロー カルバックアップ( 58 ページの「Dell DataSafe ローカルバックアップ」
  • p. 58/68
    58 第 6 章:システムリカバリ   DellDataSafeローカルバックアップ Dell DataSafe ローカルバックアップは、バックアップおよびリカバリアプリ ケーションで、ウイルスの攻撃、大切なファイルやフォルダの誤削除、またはハードディスクドライブのクラッシュが原因でデータが損失された場合、コンピュータを復元することができます。 このアプリケーションでは、次が可能になります。 ファイルおよびフォルダの復元 • 既存のファイルおよびデータを削除することなく、ハードディスクドライ •
  • p. 59/68
    59 第 7 章:仕様  本章では、お使いのデスクトップの仕様について説明します。 第 7 章:仕様 CHAPTER 8: SPECIFICATIONS
  • p. 60/68
    60 第 7 章:仕様   コンピュータモデル Alienware Aurora/Aurora ALX Alienware Aurora-R2寸法 高さ (上部通気孔を開けた 状態) 426~447 mm 横幅 250 mm 長さ 645 mm 平均重量 22.09 kg メモ:お使いのデスクトップの重量は、構成および製造上のばらつきにより異なります。 プロセッサおよびシステムチップセット Aurora/Aurora ALX プロセッサ Intel ® Core™ i7 L2 キャッシュ 256 KB
  • p. 61/68
    61 第 7 章:仕様  プロセッサおよびシステムチップセット 外付けバスの周波数 133 MHz データバス帯域幅 最大 6.4 GT/s RAID サポート (内蔵 SATA ドライブのみ) RAID 0 RAID 1 RAID 5 RAID 10 BIOS チップ(NVRAM) 32 MB メモリ コネクタ Aurora/Aurora ALX 内部アクセス可能な DDR3 DIMM ソケット ×6 Aurora-R2 内部アクセス可能な DDR3 DIMM ソケット ×4 容量 1 GB、2GB、および
  • p. 62/68
    62 第 7 章:仕様   拡張バス PCI Express x1: コネクタ 2 コネクタサイズ 36 ピンコネクタ PCI Express x16: コネクタ 2 コネクタサイズ 164 ピンコネクタ オーディオ タイプ Aurora/Aurora ALX Aurora-R2 内蔵 7.1 チャネル、S/PDIF 対応ハイ・デフィ ニッション・オーディオ内蔵 7.1 チャネル、ハ イ・デフィニッション・オーディオ コントローラ Realtek ALC 888S コーデック トップパネルコネクタ
  • p. 63/68
    63 第 7 章:仕様   コンピュータ環境 最大衝撃(ヘッド固定位置のハードディスクドライブと 2 ミリ秒の正弦半波 パルスを使用して測定したとき): 動作時 速度変化 51 cm/秒で、2 マイクロ秒間 に 40G 非動作時 速度変化 813 cm/秒で、26 マイクロ秒 間に 50G 高度(最大): 動作時 –15.2~3048 m 保管時 –15.2~10,668 m 気中浮遊汚染物質レベル ISA-S71.04-1985 の規定に準じ、G2 以下 ビデオ タイプ グラフィックアダプタ ×
  • p. 64/68
    64 付録 A:一般注意事項および電気安全に関する注意事項 コンピュータの使用 電源ケーブルおよびすべてのケーブルは、人が歩いたり、つまずく可能性 • のある場所から離して設置します。電源ケーブルの上には何も置かないでください。コンピュータの上および内部には何もこぼさないでください。 • 感電を回避するため、コンピュータの操作を行う前にはコンセントからす • べての電源、モデム、およびその他すべてのケーブルを抜いてください。 静電放電(ESD)に関する警告 予防措置が取られない場合、静電放電( ESD)は、システムの内部コンポー
  • p. 65/68
    65 付録 A:一般注意事項および電気安全に関する注意事項  Alienwareへのお問い合わせが必要な状況 電源ケーブル、または電源プラグが破損した場合。 • コンピュータ内部に液体をこぼした場合。 • コンピュータを落とした、またはケースを損傷した場合。 • 操作手順に従っても、コンピュータの通常動作が行われない場合。 • 交換用コンポーネントまたはアクセサリ Alienware が推奨する交換用コンポーネントまたはアクセサリのみを使用して ください。 返品が必要な場合に備えて、元の梱包箱をすべて保管しておくようにしてください。
  • p. 66/68
    66 付録 B: ALIENWARE へのお問い合わせ ウェブサイト Alienware 製品およびサービスについては、次のウェブサイトを参照してくだ さい。 www.dell.com • www.dell.com/ap • (アジア太平洋地域のみ) www.dell.com/jp • (日本) www.euro.dell.com • (ヨーロッパ) www.dell.com/la • (ラテンアメリカとカリブ諸国) www.dell.ca • (カナダ) Alienware サポートは、次のウェブサイトからアクセスできます。
  • p. 67/68
    67 付録 C:重要な情報  付録 C:重要な情報 NVIDIAGeForceGTX295グラフィックスカード デュアル • NVIDIA GeForce GTX 295 グラフィックスカードを Quad SLI 構成で利用する場合、 HDMI 出力はサポートされません。 メモ: NVIDIA GeForce GTX 295 グラフィックスカードの HDMI 出力 は、シングルカード構成のみに限られます。 GeForce • GTX 295 グラフィックスカードで Quad SLI が有効になっている
  • p. 68/68
    Printed in China. Printed on Recycled Paper. 09J82DA00
 
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.