マニュアル Dell - 1707FP Monitor

background image

Dell™ OptiPlex™

ウルトラスモールフォームファクターコンピュー

タ用Dell™1707FP専用一体型スタンド付カラーモニタ

モニターについて

正面図

後方図

側面図

底面図

モニター仕様

モニターの手入れ

調整可能モニター・スタンドを使う

高さ調整

傾斜調整

モニターを設定する

モニターとコンピュータ背面のケーブル接続

ケーブルカバーとケーブルをコンピュータから取り外す

スタンドからモニターを取り外す
OSD

を使う

最適解像度を設定する
Dell

サウンドバー(オプション)を使う

問題を解決する

モニターのトラブルシューティング

全般問題

製品別の問題
USB

問題

サウンドバーに関するトラブルシューティング

付録

注意:安全情報
FCC

識別情報

Dell

に問い合わせ

モニター設定ガイド

本文書中の情報は、通知することなく変更することがあります。

© 2006 Dell Inc.

複製を禁ず。

Dell

社の書面による許可なく、いかなる方法による再生産は、 厳禁します。

本テキストで使用した商標

Dell™, PowerEdge™, PowerConnect™, PowerVault™, Dell™ Dimension™, Inspiron™, OptiPlex™, Latitude™, Dell

Precision™

および Dell | EMC

は、Dell社の商標です。MicrosoftWindows および Windows NT は、マイクロソフト社の登録商標です。Adobeは、特定の

司法部に登録されているAdobe Systems Incorporatedの商標です。 ENERGY STARは、米国環境保護省の登録商標です。ENERGY STAR パートナーとし

て、DELLコンピュータ社は、本製品がエネルギー効率に関して、ENERGY STAR ガイドラインに対応することを確認しました。 EMC は EMC Corporation の登録

商標です。

マークおよび名称を請求する団体またはその製品を参照するために、本文書中で、その他の商標および商号を使うことがあります。Dell社は、自社以外の商標および商

号の所有権を放棄します。

2006

年2月

次へ

目次

  • p. 1/43
    Dell™ OptiPlex™ ウルトラスモールフォームファクターコンピュー タ用Dell™1707FP専用一体型スタンド付カラーモニタ モニターについて 正面図 後方図 側面図 底面図 モニター仕様 モニターの手入れ 調整可能モニター・スタンドを使う 高さ調整 傾斜調整 モニターを設定する モニターとコンピュータ背面のケーブル接続 ケーブルカバーとケーブルをコンピュータから取り外す スタンドからモニターを取り外すOSD を使う 最適解像度を設定するDell サウンドバー(オプション)を使う 問題を解決する
  • p. 2/43
    目次ページに戻る モニターについて Dell™ OptiPlex™ ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ用Dell™1707FP専用一体型スタンド付カラーモニタ 正面図 後方図 底面図 側面図 モニター仕様 モニターの手入れ 正面図
  • p. 3/43
    1. ビデオ入力選択2. OSDメニュー/選択ボタン3. 下ボタン4. 上ボタン5. 電源ボタン(電源ライトインジケータ付き) 後方図 1. Dell サウンドバー取付ブランケット-オプションDellサウンドバーを取り付けます。 2. セキュリティ・ロック・スロット-ロックを取り付け、モニターを固定します。 3. Dell
  • p. 4/43
    バーコード・シリアル番号ラベル- のテクニカルサービスに問い合わせが必要な場合は、このラベルを参照してください。 4. VESA 取付ホール(100mm[取り付けたベースプレートの背面])-これを使って、モニターを取り付けます。 5. スタンド取外しボタン-押して、スタンドを取り外します。 6. 規制定格ラベル-規制承認を表示します。 7. 蝶ネジ-シャーシを蝶ネジでスタンドに締め付けます。 底面図 1. 電源コネクタ-電源ケーブルを接続します。2. Dellサウンドバー電源コネクタ-サウンド用電源コード(オプション)を接続します。3.
  • p. 5/43
    5. アップストリーム・コネクタ-モニターに接続された ケーブルをモニターとコンピュータに接続します。このケーブルを接続すると、モニターの側面および底面にある コネクタを 使用することができます。 6. USBコネクタ-USBデバイスを接続します。このコネクタは、コンピュータおよびモニター上のUSBアップストリーム・コネクタ上にUSBケーブルを接続した後でのみ使用できます。 側面図 USB コネクタ(ダウンストリーム) 左側面 右側面 モニター仕様 電源管理モード VESA DPM™ 準拠ディスプレイ・カードまたはPC上でインストールしたソフトウェアを使った場合、モニターは、未使用時に、自動的に電源消費の省力を行います。これを、「電源セーブモード」と
  • p. 6/43
    スイッチを切る - - - オフ 1W 以下 注意: OSD は、「通常運転」モードでのみ機能します。それ以外は、無効モードで[メニュー]または[プラス]ボタンを押した場合 に、次のメッセージのうち1つが表示されます。 1. アナログ入力 省エネルギーモードになっています キーボードのキーを押すか、マウスを動かして下さい または 2. デジタル入力 省エネルギーモードになっています キーボードのキーを押すか、マウスを動かして下さい コンピュータを有効にして、モニターを「立ち上げ」、 OSD にアクセスします。
  • p. 7/43
    6 GND-R 7 GND-G 8 GND-B 9 DDC +5V 10 GND 11 GND 12 DDC データ 13 H- 同期 14 V- 同期 15 DDC クロック 24Pin デジタルのみDVIコネクタ 注意:Pin1は、上部右にあります。 ピン 信号割当 ピン 信号割当 ピン 信号割当 1 T.M.D.S. データ2- 9 T.M.D.S. データ1- 17 T.M.D.S. データ0- 2 T.M.D.S. データ2+ 10 T.M.D.S. データ1+ 18 T.M.D.S. データ0+
  • p. 8/43
    ユニバーサル・シリアルバス(USB)インターフェース このモニターは、高速認定USB2.0インターフェースをサポートしています。* データ率 電源消費 高速 480Mbps 2.5W(最大、各ポート) 全速度 12Mbps 2.5W (最大、各ポート) 低速度 1.5Mbps 2.5W(最大、各ポート) USB ポート: 1 アップストリーム‐後方 4 ダウンストリーム‐後方に2つ、左側面に2つ 注意:USB2.0機能には、2.0対応コンピュータ が必要です。 注意:モニターのUSBインターフェースは、モニターの電源がオンになっている場合(あるいは電源セーブモードで)
  • p. 9/43
    垂直 270 mm (10.6 インチ) ピクセル・ピッチ 0.264 mm 表示角度 130°( 垂直) タイプ、 140°(水平) タイプ ルミナンス出力 300 CD/m 2( タイプ) コントラスト比 600 ~ 1 (タイプ) 面板コーティング ハードコーティング3Hでの遮光 バックライト CCFL (4) エッジライト・システム 応答時間 8ms 一般 解像度 水平スキャン幅 30KHz ~81HKz(自動) 垂直スキャン幅 56Hz ~76Hz(自動) 最適事前設定解像度 60Hz で1280
  • p. 10/43
    電気系統 ビデオ入力信号 アナログRGB、0.7ボルト +/-5%、正電極が75オーム入力インピダンス デジタル DVI-D TMDS、50オーム入力インピダンスで各微分線、正電極に対して600mV 同期入力信号 個別水平および垂直同期、電極フリーTTLレベル、SOG(複合同期オン・グリーン) AC 入力電圧/周波数/電流 100 ~ 240 VAC / 50 または 60 Hz + 3 Hz / 2.0A(最大) インラッシュ電流 120V:42A ( 最大) 240V:80A ( 最大) 物理 特性
  • p. 11/43
    高さ(拡張) 428.32 mm (16.86 インチ) 幅 309.2 mm (12.17 インチ) 奥行き 265.2 mm (10.44 インチ) 梱包を含む重量 19.14 lbs (8.7 kg ) スタンド・アセンブリとケーブルを加えた重さ 14.63 lbs (6.65 kg ) スタンド組み立て部品別重量 (壁への取り付けまたはVESA取り付け要領‐ケーブル なし) 7.7 lbs (3.5 kg ) スタンド組み立て部品の重量 6.93 lbs (3.15 kg ) 環境 温度: 運転時
  • p. 12/43
    モニターの手入れ 警告:モニターの洗浄前には、 安全指示書 を読み、したがってください。 警告:モニターの洗浄前には、電源コンセントからモニタープラグを外してください。 静電気防止スクリーンを洗浄するには、柔らかい、きれいな布を水で軽く湿らせてください。できれば、特殊スクリーン洗浄ティッシュまたは静電気防止コーティングに適して溶液を使用して ください。ベンゼン、シンナー、アンモニア、研磨クリーナー、または圧縮空気は使用しないでください。 軽く湿らせた、暖かい布を使って、プラスチックを洗浄します。洗剤には、プラスチック上に乳膜を残すものがありますので、使用は避けてください。
  • p. 13/43
    目次ページに戻る 調整可能モニター・スタンドを使う Dell™ OptiPlex™ ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ用Dell™1707FP専用一体型スタンド付カラーモニタ 高さ調整 傾斜調整 高さ調整 スタンドを90mm縦に引き伸ばすと、見やすくなります。 傾斜調整 角度は前に4°、後ろに21°、見やすい位置まで傾けることができます。
  • p. 14/43
    目次ページに戻る
  • p. 15/43
    目次ページに戻る モニターを設定する Dell™ OptiPlex™ ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ用Dell™1707FP専用一体型スタンド付カラーモニタ モニターとコンピュータ背面のケーブル接続 ケーブルカバーとケーブルをコンピュータから取り外す スタンドからモニターを取り外す OSD を使う 最適解像度を設定する サウンドバー(オプション)を使う モニターとコンピュータ背面のケーブル接続 1. スタンドにモニタを取り付けます。 a) モニタ上部の溝をスタンドの 2 つの メタルタブ
  • p. 16/43
    3. スタンドの下で蝶ネジを締めます。 4. DVIケーブルをコンピュータに接続します。下図のようにDVIケーブルを通します。 注意:このケーブルはモニタに同梱されています。
  • p. 17/43
    5. モニターの電源ケーブルをケーブルカバー底部の切り込みに通し、ケーブルをモニター背部の電源ジャックに差し込んでください。 注意:モニターの電源ケーブルとケーブルカバーは同梱されています。 6. コンピュータの電源アダプタケーブル (同梱) をケーブルカバー底部の切り込みに通し、これをコンピュータに接続します。カチッと音がするまで押してください。
  • p. 18/43
    7. 以下の図に示すように、コンピュータにUSB 、キーボード、ケーブルとマウス ケーブルを接続します。a) モニタのアップストリームポートには短いUSBケーブル (モニタ同梱) をご使用ください。このケーブルをケーブルカバー側面の切り込みに通してください。USBケーブルのもう片方をコンピュータのUSBダウンスト リームポートに接続してください。 b) ケーブルカバー底部の切り込みにマウスとキーボードケーブルを通し、これをコンピュータのUSBポートに接続します。 注意: コンピュータ背面には4つのUSBポートが用意されています。
  • p. 19/43
    b) コンピュータの電源ケーブルをコンピュータの電源アダプタに接続します。c) コンピュータとモニターの電源ケーブルを壁のコンセントに差し込みます。 9. (オプション) ケーブルカバーにセキュリティロックをインストールします。 モニターとコンピュータの電源を入れます。モニターに画像が表示されたら、インストールは完了です。画像が表示されない場合は、 トラブルシューティング をご覧ください。 ケーブルカバーとケーブルをコンピュータから取り外す 1. オプションのセキュリティロックを取り外します (あれば)。
  • p. 20/43
    3. コンピュータから電源ケーブルを取り外す前に、電源ケーブルのリリースボタンを押します。 スタンドからモニターを取り外す このモニターはVESAの壁取り付け型であり、必要に応じてスタンドから取り外すことができます。スタンドからモニターを取り外す際の手順: 1. スタンドの取り外しボタンを押して、スタンドを外します。
  • p. 21/43
    2. スタンド下部を持ち上げます。VESAプレート上部の2つの金属タブをモニタに差し込みます。モニタ底面をスタンドで傷つけないように注意しながら、スタンドからモニタを引き出します。 正面パネルボタンを使う モニター正面のボタンを使って、画像設定を調整します。
  • p. 22/43
    ビデオ入力選択 入力選択ボタンを使って、モニターに接続する2つの異なるビデオ信号の間のいずれかを選択します。 注意: モニターがビデオ信号を感知できない場合、(黒背景に対して)[Dell-自己テスト機能チェック]ダイアログボックスが 別に表示されます。 選択した入力によって、下に表示されるダイアログの1つが継続してスクロールされます。 または OSD メニュー/選択 メニューボタンを使って、画面上表示(OSD)を開き、メニューおよびサブメニューを終了し、次にOSDを終了します。 OSD を使う 。 ダウン
  • p. 23/43
    アナログ(VGA)入力用メインメニュー デジタル(DVI)入力用メインメニュー または 注意:位置決めおよび画像設定は、アナログ(VGA)コネクタの使用時にのみ利用できます。 111 - および +ボタンを押して、設定オプションを移動します。アイコンからアイコンに移動するときに、オプション名をハイライトします。モニター用に利用できるオプションすべての完全リストは、下表を参照してくださ い。 111 メニューボタンを一回押して、ハイライトされたオプションを有効にします。 111 - および + ボタンを押して、必要なパラメータを選択します。
  • p. 24/43
    注意:DVIソースを使う場合、コントラスト調整は、利用できません。 位置決め: 水平 垂直 位置決めで、モニター・スクリーンの表示領域を移動させます。 水平または垂直設定を変更する場合、選択にあわせて、表示領域のサイズ、画像シフトを変更することはできません。 最小値は0 (-) 、および最大値は100 (+)です。 注意:DVIソースを使う場合、位置決めオプションは、利用できません。 自動調整 コンピュータで、起動時にモニターを認識している場合でも、自動調整機能で、特定設定に使う表示設定を最適化できます。
  • p. 25/43
    注意:DVIソースを使う場合、画像設定オプションは、利用できません。 色設定 通常事前設定 青事前設定 赤事前設定 ユーザ事前設定 色設定で、色温度、色合いおよび飽和度を調整します。 色合いは、白領域でもっとも分かりやすくなります。 通常事前設定は、デフォルト(工場出荷時)色設定を取得するのに選択します。 この設定は、sRGB標準デフォルト色スペースにもなります。 青事前設定は、青褐色を取得するのに選択します。この色設定は、ふつうテキスト・ベースのアプリケーション(スプレッドシート、プログラミング、テキスト・エディタ
  • p. 26/43
    OSD ロック: 調整に対するユーザアクセスを管理します。[はい](+)を選択した場合、ユーザ調整はできません。メニューボタン以外は、ボタンはすべて、ロックされます。 注意:OSDがロックされいてる場合、メニューボタンを押すと、OSDロックを選択した状態で、ユーザは直接OSD設定メニューに進みます。[いいえ](-)を選択し て、ロック解除して、ユーザは適用可能なすべての設定にアクセスできます。 注意:メニューボタンを15秒間押し続けて、OSDをロックまたはロック解除することもできます。 言語 5 ヶ国語(英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語または日本語)のうち1つでOSD表示を行うように選択できます。
  • p. 27/43
    注意:Dellサウンドバーがモニターに適切に接続されていない場合、オーディオメニューは利用できません。 工場出荷時の事前設 定: OSD メニュー・オプションを工場出荷時事前設定値にリセットします。 終了 -OSDオプションをリセットせずに、工場出荷時リセットメニューを終了するように選択します。 位置設定のみ -画像位置の設定を元の工場出荷時の設定に戻します。 色 設定のみ -赤、緑、および青設定を元の工場出荷時設定に戻し、通常事前設定のデフォルト設定にします。 すべて 設定-色、位置、明るさ、コントラストおよびOSDホールドタイムを含めたユーザ調整可能設定すべてを工場出荷時のデフォルト設定に戻します。OSDの言語は、変更
  • p. 28/43
    または 警告メッセージが表示されないことがありますが、スクリーンには何も表示されません 。 これは、モニターがコンピュータに同期していないことも表しています。 詳細は、 問題を解決する を参照してください。 最適解像度を設定する 111 デスクトップを右クリックして、プロパティをクリックします。 111 設定タブを選択します。 111 最新更新レートを60 Hzに設定します。 111 スクリーン解像度を1280 x 1024に設定し、最新更新レートがまだ60 Hzになっていることを確認します。 111
  • p. 29/43
    1. 機器を固定する 2. 電源/音量調節 3. 電源インジケータ4. ヘッドフォン・コネクタ モニターにサウンドバーを取り付ける
  • p. 30/43
    注意:サウンドバー電源コネクタを他のデバイスとともに使用しないでください。 1. モニター底部の2つのタブで、サウンドバー上のスロット2つを調整することで、サウンドバーを固定します。 2. 正位置にカチッとはまるまで、スライドバーを左にスライドさせます。 3. 電源コードをサウンドバーからモニター後部のコネクタに差し込みます。 4. 緑ステレオ・プラグをサウンドバーからコンピュータのオーディオ出力コネクタに差し込みます。注意:サウンドバーの電源コネクタ +12V DC出力は、オプションのDell™サウンドバー専用です。
  • p. 31/43
    目次ページに戻る 問題を解決する Dell™ OptiPlex™ ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ用Dell™1707FP専用一体型スタンド付カラーモニタ モニターのトラブルシューティング 全般問題 製品別の問題 USB 問題 サウンドバーに関するトラブルシューティング 警告: このセクションで手続きをはじめる前に、 安全指示書 にしたがってください。 モニターのトラブルシューティング 自己テスト機能チェック(SIFC) お使いのモニターには、自己テスト機能が装備され、適切に機能しているかどうかを確認できます。モニターとコンピュータが適切に接続
  • p. 32/43
    これは、モニターがコンピュータから受信している信号と同期できないことを意味します。信号が、モニターが使用するには高すぎるか、 または低すぎます。このモニターが使用できる水平および垂直周波数幅については、 モニター仕様 を参照してください。推奨モード は、1280 X 1024 @ 60Hzです。 警告メッセージが何も表示されないことがありますが、スクリーン何も表示されないことは、モニターがコンピュータと同期していない か、またはモニターが電源セーブ・モードになっているかを表すこともあります。 全般問題
  • p. 33/43
    テスト・モードでも入るかどうかを確認します。 ピンが曲がったり、壊れていないかどうかをチェックします。 [セーフティ・モード]でブートアップします。 LCD に傷が 入っている スクリーンに傷やスマッジ が入っている モニターの電源をオフにして、スクリーンを洗浄します。 洗浄方法については、 モニターの手入れ を参照してください。 安全関連問題 スモークまたはスパークの 明らかな症状 トラブルシューティング手順を実行しないでください。 モニターの交換が必要です。 断続的問題 モニターの誤作動をオンお よびオフ
  • p. 34/43
    一般症状 現況 解決方法 音が出な い サウンドバーに電源が入らない‐電源 インジケータがオフになっている ( 内臓DC電源.例.1707FP) サウンドバーの電源/音量ノブを中間位置に対して時計回りに回します。サ ウンドバー正面の電源インジケータ(緑LED)が点灯するかどうかを確認し ます。 サウンドバーからの電源ケーブルがモニターに差し込まれていることを確認 します。 モニターの電源が入っていることを確認します。 モニターに電源が入っていない場合、モニターの一般問題について モニター に関するトラブルシューティング
  • p. 35/43
    目次ページに戻る 付録 Dell™ OptiPlex™ ウルトラスモールフォームファクターコンピュータ用Dell™1707FP専用一体型スタンド付カラーモニタ 注意: 安全指示 FCC 識別情報 Dell へのお問い合わせ モニター設定ガイド 注意: 安全指示 警告: このマニュアルで指定された以外のコントロール、調整、または手順を使用すると、感電、電気的障害、または機械的障害を招く結果となります。 コンピュータのモニターを接続して使用するときは、これらの指示書を読み、従ってください。 コンピュータの損傷を避けるために、コンピュータの電源装置の電源選択スイッチが地域でご使用になれる交流(AC)電源に一致するように設定されていることを確認してください。
  • p. 36/43
    モニターは、湿度が低く埃の少ない場所に設置してください。 湿った地階や埃っぽい通路などには設置しないでください。 モニターを雨にさらしたり、(台所、水泳プールの傍など)水気のあるところで使用しないでください。 モニターに誤って水がかかった場合、直ちにコンセントを抜き、正規代理店にご連絡ください。 清掃の必要があるときは、まずモニターのプラグを抜き、湿った布で拭いてください。 モニターはしっかりした表面に置き、注意して取り扱ってください。 スクリーンはガラス製で、落としたり打ち付けたりすると簡単に傷が付きます。
  • p. 37/43
    インターネット上でのデルへのアクセスは、次のアドレスをご利用ください。 www.dell.com.jp support.dell.com ( テクニカルサポート) 注: 一部の国では、別に表示されている電話番号で Dell Inspiron™ XPS コンピュータ専用のテクニカルサポートをご利用いただけます。Inspiron XPS コンピュータ専用の電話番号が表示されていない 場合は、表示されているテクニカルサポートの番号でデルに電話をかけると、担当者に転送されます。 デルへお問い合わせになる場合、次の表の電子アドレス、電話番号、およびコードをご利用ください。
  • p. 38/43
    ます。 設定ガイド (.pdf ) ( 約 27 MB) 注: PDFファイルには、Adobe® Acrobat® Reader®が必要です。Adobeウェブサイトからダウンロードできます。 PDF ファイルを表示するには、Acrobat Readerを起動します。 次に、ファイル -> 開く をクリックして、PDFファイルを選択します。 目次ページに戻る
  • p. 39/43
  • p. 40/43
  • p. 41/43
  • p. 42/43
  • p. 43/43
 
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.