サービスマニュアル Dell - 5310n Mono Laser Printer

background image

プリンタ各部の名称とはたらき

 

  

プリンタの特徴

  

操作パネルについて

  

操作パネルの使用

プリンタの特徴

 

このプリンタには、2 種類の機種があります。以下の表に、それぞれの違いを示します。

 

各機種の装備

 

以下の図は、標準ネットワークおよびフル装備のプリンタを示しています。プリンタに用紙処理用のオプションを追加すると、外観はフル装備されたプリンタに近い状態になります。

 

アスタリスク(*)の付いている項目はオプションです。給紙オプションの取り付けについての詳細は、「

オプションの取り付けと取り外し

」、またはオプションに付属の説明書類を参照してください。

 

以下に表示されているオプションを購入するには

www.dell.com

を参照するか、担当のデルセールス担当者にお問い合わせください。

標 準ネットワーク

 

 

フ ル装備

 

 

5210n

5310n

給紙容量

600 枚
(500 枚給紙カセット + 100 枚多目的フィーダ)

600 枚
(500 枚給紙カセット + 100 枚多目的フィーダ)

排紙容量

250 枚

250 枚

標準メモリ

64 MB

128 MB

最大メモリ容量

576 MB

640 MB

メ モ:

プリンタの機種番号は操作パネルに表示されています。

番号:

部 品 :

1

標準排紙トレイ(250 枚)

2

操作パネル

3

多目的フィーダ(100 枚)

4

標準カセット(500 枚)

次へ

目次

  • p. 1/145
    プリンタ各部の名称とはたらき プリンタの特徴 操作パネルについて 操作パネルの使用 プリンタの特徴 このプリンタには、2 種類の機種があります。以下の表に、それぞれの違いを示します。 各機種の装備 以下の図は、標準ネットワークおよびフル装備のプリンタを示しています。プリンタに用紙処理用のオプションを追加すると、外観はフル装備されたプリンタに近い状態になります。 アスタリスク(*)の付いている項目はオプションです。給紙オプションの取り付けについての詳細は、「 オプションの取り付けと取り外し 」、またはオプションに付属の説明書類を参照してください。
  • p. 2/145
    操作パネルについて メ モ: オプションとして用紙カセットを 4 つまで、またはカセット 3 つと両面印刷ユニットを 1 つ取り付けることができます。 番号: 部 品 : 1 排紙増量器(650 枚) 2 カセット 1/標準カセット(500 枚) 3 両面印刷ユニット(500 枚) 4 封筒フィーダ(85 枚) 5 カセット 2(250/500 枚) 6 カセット 3(250/500 枚) 7 カセット 4(250/500 枚) 警 告 : 床 面に設 置す る場 合は、 安 定 性を確 保す る た
  • p. 3/145
    操作パネルの使用 プリンタ設定を簡単に変更するための多くのメニューが用意されています。以下の表に、操作パネルに表示されるメニューインデックスと、各メニューインデックスから使用できるメニュー項目を示します。メニューおよびメニュー項目についての詳細は、「 操作パネルのメニューについて 」を参照してください。 4 [設 定]ボタン 選択した操作を実行します。リンク先に進む、設定項目を送信する、ジョブを開始またはキャンセルするなどの操作を行う場合は[設 定]ボタンを押します。 5 [戻る]ボタン 最後に表示した画面に戻ります。
  • p. 4/145
    付録 デルテクニカルサポートのご利用条件 デルへのお問い合わせ 保証および返品条件 デルテクニカルサポートのご利用条件 技術者によるテクニカルサポートをお受けいただくには、トラブルシューティングに対するお客様のご協力とご自身での操作が必要となります。サポートでは、オペレーティングシステム、ソフトウェア、ハードウェアなどの出荷時の設定への復元と、プリンタおよびデルが取り付けを行ったすべてのハードウェアの機能の適正についての確認を行います。技術者によるこのテクニカルサポートのほかに、デルサポートでのオンラインテクニカルサポートもご利用いただけます。テクニカルサポートの追加オプションをご購入いただくことができます。
  • p. 5/145
    BSD License and Warranty Statements Copyright (c) 1991 The Regents of the University of California. All rights reserved. Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions
  • p. 6/145
    情報とその入手先 必 要な情 報 入 手 先 l プリンタドライバ l ユーザーズガイド Drivers and Utilities CD ドライバをアンインストール/再インストールしたり、説明書類を参照したりするときにこの CD を使用します。 CD には Readme ファイルが含まれている場合があります。Readme ファイルには、プリンタの技術的な変更に関する最新情報や、熟練ユーザーや技術者のための高度な技術資料が示されています。 プリンタのセットアップ方法 セットアップ図 l 安全に関する情報
  • p. 7/145
    GNU License GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2, June 1991 Copyright (C) 1989, 1991 Free Software Foundation, Inc. 59 Temple Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies of this license document, but
  • p. 8/145
    2. You may copy and distribute verbatim copies of the Program's source code as you receive it, in any medium, provided that you conspicuously and appropriately publish on each copy an appropriate copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact all
  • p. 9/145
    Foundation. If the Program does not specify a version number of this License, you may choose any version ever published by the Free Software Foundation. 11. If you wish to incorporate parts of the Program into other free programs whose distribution conditions
  • p. 10/145
    This license, the Lesser General Public License, applies to some specially designated software packages--typically libraries--of the Free Software Foundation and other authors who decide to use it. You can use it too, but we suggest you first think carefully
  • p. 11/145
    A "library" means a collection of software functions and/or data prepared so as to be conveniently linked with application programs (which use some of those functions and data) to form executables. The "Library", below, refers to any such
  • p. 12/145
    portions of the Library, and distribute that work under terms of your choice, provided that the terms permit modification of the work for the customer's own use and reverse engineering for debugging such modifications. You must give prominent notice with
  • p. 13/145
    YOU ASSUME THE COST OF ALL NECESSARY SERVICING, REPAIR OR CORRECTION. 16. IN NO EVENT UNLESS REQUIRED BY APPLICABLE LAW OR AGREED TO IN WRITING WILL ANY COPYRIGHT HOLDER, OR ANY OTHER PARTY WHO MAY MODIFY AND/OR REDISTRIBUTE THE LIBRARY AS PERMITTED ABOVE,
  • p. 14/145
    Dell™ Laser Printer 5210n/5310n ユーザーズガイド 左のリンクをクリックして、プリンタの機能と操作に関する情報を参照します。プリンタに含まれるその他のマニュアルに関する情報については、「 情報とその入手先 」を参照してください。 消耗品をデルに注文するには: 1. デスクトップのアイコンをダブルクリックします。 2. デルのホームページ www.dell.com/supplies にアクセスします。 3. 電話でプリンタ消耗品を注文します。お住まいの地域で利用可能な電話番号については、『
  • p. 15/145
    紙詰まりの除去 紙詰まりの場所の特定 プリンタの紙詰まりの除去 適切な用紙を正しくセットすることで、ほとんどの紙詰まりを防ぐことができます。紙詰まりを防ぐ方法についての詳細は、 紙詰まりの回避 を参照してください。用紙が詰まった場合は、この節で説明する 手順に従ってください。 紙詰まりを示すメッセージが表示されたら、用紙経路全体から用紙を取り除き、[設 定]ボタン を押します。するとメッセージが消えて印刷を続行できます。[紙づ ま り回 復]を[オ ン]または[自 動]に 設定してある場合は、紙詰まりが発生したページを再度印刷できます。ただし、[自
  • p. 16/145
    紙詰まりはいくつかの場所で発生する可能性がありますが、操作パネルに表示される紙詰まりメッセージを確認することで比較的簡単に解消することができます。 紙詰まりは、プリンタ前面、プリンタ内部、プリンタ背面の 3 箇所で発生する可能性があります。プリンタ前面では、給紙オプションまたは両面印刷カセットで発生する可能性があります。プリンタ内部では、2 箇所で発生する可能性があり、詰まった紙を取り除くにはカートリッジを取り外す必要があります。また、プリンタ背面、またはオプションの排紙トレイでも発生する可能性があります。
  • p. 17/145
    5. 用紙を自分の方向へ引き出します。 6. トナーカートリッジを取り付け部分に合わせて、セットし直します。 7. 上部の前面カバーを閉じます。 8. 多目的フィーダを閉じます。 メ モ: 用紙にトナーがしっかりと付着していない場合があるので、衣類や肌に付かないよう気をつけてください。 注 意 : 用紙を引き出せない場合は、無理に引き出そうとしないで、プリンタの背面ドアから取り除いてください。 警 告 : 用 紙を取り除く際に先のとがったものを使 用しないでください。 怪 我をしたりプリンタを破 損さ
  • p. 18/145
    9. [設 定]ボタン を押します。 202 紙 詰り、 後ろドアを開く 1. プリンタから用紙が排出されかかっている場合は、そのまま引き出して[設 定]ボタン を押します。これ以外の場合は、 手順 2 に進みます。 2. プリンタの背面ドアを開きます。 3. 詰まっている用紙を取り除きます。 4. 背面ドアを閉じます。 5. [設 定]ボタン を押します。 警 告 : プ リ ン タ内部が高温になっている場 合が あ り ま す。プ リ ン タ の温度が下が る ま で内部の部 品に は触れないでください。
  • p. 19/145
    23x 紙 詰り、両面 後ろドアを開く 1. 両面印刷ユニットの背面ドアを開きます。 2. 詰まっている用紙を取り除きます。 用紙が詰まっている場所によって、上に引く場合と下に引く場合があります。 3. 両面印刷ユニットの背面ドアを閉じます。 カチッと所定の位置に戻もどるまで押します。 4. [設 定]ボタン を押します。 23x/24x 紙 詰り この部分の紙詰まりは、カセットの斜面または複数のカセットにまたがって発生する場合があります。紙詰まりを取り除くには、以下の手順に従っていください。 1. 用紙カセットを開き、詰まっている用紙を取り除きます。
  • p. 20/145
    2. 両面印刷カセットを開き、用紙を引き出します。 3. オプションのカセットを上から順番に開き、詰まっている用紙を取り除きます。 用紙を上または下に引きます。用紙を簡単に引き出せない場合は、別の方向に引きます。 4. [設 定]ボタン を押します。 250 紙 詰り、多目的フィーダを調べる 1. 多目的フィーダから用紙を取り除きます。
  • p. 21/145
    2. 用紙をほぐしたりパラパラめくったりします。 3. 用紙をセットします。 4. 側面ガイドを用紙の端に軽く当たるまでトレイの中央に向けてスライドさせます。 5. [設 定]ボタン を押します。 260 紙 詰り、封筒フィーダを調べる 封筒フィーダでは、束の一番下にある封筒から使用されていくので、詰まっているのは一番下の封筒です。 1. 封筒押さえを持ち上げます。
  • p. 22/145
    2. すべての封筒を取り除きます。 封筒がプリンタに詰まって抜けない場合は、封筒フィーダごと取り外します。 a. プリンタから封筒フィーダを持ち上げて取り外し、横に置きます。 b. プリンタから詰まっている封筒を取り除きます。 c. 封筒フィーダを取り付けます。カチッと所定の位置に戻もどるまで押します。 3. 封筒をほぐしてから重ねます。 4. 封筒フィーダにセットします。 5. ガイドを調節します。 メ モ: 封筒が抜けない場合は、カートリッジを取り外す必要があります。詳細については、 200/201
  • p. 23/145
    6. 封筒押さえを下ろします。 7. [設 定]ボタン を押します。 27x 紙 詰り、トレイ x を調べる 排紙増量器の紙詰まりを取り除くには、以下の手順に従います。 1. 用紙がトレイに排出されかかっている場合は、そのまま引き出して[設 定]ボタン を押します。これ以外の場合は、 手順 2 に進みます。 2. 排紙トレイの背面ドアのラッチを中央に向けて押します。背面ドアが開いて下がります。 メ モ: 使用している排紙オプションが 1 台のみの場合、背面ドアは 1 つだけです。
  • p. 24/145
    3. 詰まっている用紙を取り除きます。 4. 排紙トレイの背面ドアを閉じ、すべてのドアがしっかり閉まっていることを確認します。 5. [設 定]ボタン を押します。
  • p. 25/145
    ライセンスに関する通知 プリンタに常駐するソフトウェアには、次のものが含まれています。 l デルまたはサードパーティが開発し、著作権を所有するソフトウェア l GNU General Public License version 2 および GNU Lesser General Public License version 2.1 の条項に基づき、デルが改変したソフトウェア l BSD License and Warranty Statements に基づいて使用許諾されるソフトウェア 参照する文書のタイトルをクリックしてください。
  • p. 26/145
    ローカル印刷用ドライバのインストール方法 Windows Macintosh Linux/UNIX ローカルプリンタというのはコンピュータ 1 台に USB またはパラレルケーブルで接続されたプリンタのことです。プリンタが、コンピュータではなくネットワークに接続されている場合は、 「 ネットワーク印 刷用ドライバのインストール方法 」を参照してください。 プリンタドライバというのはコンピュータがプリンタと通信できるようにするプログラムです。 以下の表を使用して、お使いのオペレーティングシステムに合った手順を参照してください。
  • p. 27/145
    3. [プ リ ン タ の追 加]をダブルクリックします。 4. [次へ]をクリックします。 5. コンピュータに接続されているローカルプリンタを選択して[次へ]をクリックします。 6. プリンタで使用するポートを選択して[次へ]をクリックします。 7. [デ ィ ス ク使 用]をクリックします。 8. CD ドライブを検索して、お使いのオペレーティングシステムに合ったドライバを選択します。 9. [開く]、[OK]の順にクリックします。 10. [製 造 元]の一覧からインストールするドライバ(PCL
  • p. 28/145
    c. 使用する言語を選択し、「続け る」をクリックします。 d. Readme ファイルを確認してから、「続け る」をクリックします。 e. 使用許諾契約を確認してから「続け る」をクリックし、契約条件に同意したら「同 意す る」をクリックします。 f. 「イ ン ス ト ー ル の種 類」画面で「イ ン ス ト ー ル」をクリックします。必要なファイルがコンピュータにすべてインストールされます。 g. インストールが完了したら「閉じ る」をクリックします。 2. 以下のいずれかの手順に従います。 l
  • p. 29/145
    l SuSE Linux Linux システム要 件 プリンタドライバを Linux にインストールするには、/usr/local に 70MB の空き容量が必要です。 RedHat Linux または SuSE Linux へのインストール 1. インストールする前に を参照してください。 2. CD をマウントします。 3. パッケージファイルのあるディレクトリに移動します。CD を /mnt/cdrom にマウントした場合は、以下のコマンドを実行します。 # cd /mnt/cdrom/unix/packages
  • p. 30/145
    個別にインストールする場合は、各パッケージの番号をカンマで区切って入力し、Enter キーを押します。たとえば、「1,2,3」のように入力します。 4. プロンプトに表示される指示に従い、画面に表示されるすべての質問に回答します。 a. 標準設定を選択する場合は、 Enter キーを押します。 b. Yes または No で回答する質問には、「y」、「n」、「?」のいずれかを入力して Enter キーを押します。 c. インストールに成功したことを示すメッセージが表示されたら、「q」を入力して終了します。
  • p. 31/145
    プリンタのメンテナンス プリンタの移動 プリンタ消耗品の管理 トナーカートリッジの交換 メンテナンスキット部品の交換 最高の印刷品質を維持するために、定期的に行わなければならない作業があります。この章では、これらの作業について説明します。 複数のユーザーでプリンタを使用する場合、プリンタのセットアップやメンテナンスを行う責任者を決めることをお勧めします。印刷に関する問題とメンテナンス作業については、この責任者に問い合わせください。 地域を担当する消耗品の正規代理店については、プリンタの購入元に問い合わせください。
  • p. 32/145
    どのような搬送方法でも、プリンタは必ず台の上に固定してください。搬送時は、プリンタを直立の状態に保つ必要があります。購入時の梱包材がすべて揃っていない場合は、地域のサービス担当者に連絡して、再梱包キットを注文してください。再梱包キットには、プリンタの梱包手順を説明する資料も入っています。 プリンタ消耗品の管理 消耗品の注 文 消耗品を注文するには、デルのホームページ www.dell.com/supplies にアクセスしてください。 消耗品の保 管 プリンタ消耗品は、清潔で涼しい場所に保管してください。消耗品は、使用するときまで、梱包の右側を上にして保管してください。
  • p. 33/145
    トナーカートリッジの交換 トナーの残量が減少すると、プリンタの操作パネルに警告が表示されます。このメッセージが表示されてから少しの間は印刷を続けることができますが、トナー残量が減少するため印刷品質は低下し始めます。 プリンタが印刷状態やビジー状態になっていない場合は、操作パネルでプリンタのトナー残量を表示できます。 トナー残量を表示するには 1. [状況/消 耗 品]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 2. [消 耗 品を表 示]の横に が表示されるまで下矢印ボタン
  • p. 34/145
    4. 新しいトナーカートリッジを包装から取り出します。カートリッジの保護用に取り付けられているスポンジ、赤いプラスチック製ストラップ、テープを外します。 5. カートリッジを前後左右によく振ってトナーの偏りをなくします。 6. カートリッジをプリンタに挿入します。 7. 上部の前面カバーを閉じます。 警 告 : ト ナ ー カ ー ト リ ッ ジ の交 換の際に は、 新しいカートリッジを長 時 間 直 接 光にさらさないようにしてください。 長 時 間の露 光は印 刷 品 質の劣 化の原 因に な り
  • p. 35/145
    8. 多目的フィーダを閉じます。 メンテナンスキット部品の交換 チャージロールの交 換 印刷ページにトナーフォグや背景のシェーディングが出たときは、新しいチャージロールキットを注文してください。 1. プリンタの電源をオフにして、プリンタの電源コードを抜きます。 2. プリンタ前面の突起を引いて多目的フィーダを下ろします。 3. リリースラッチを右に押して上部の前面カバーを開きます。 4. カートリッジを持ち上げてプリンタから引き出します。
  • p. 36/145
    5. プリンタのフックにダンボール紙のカバー固定具を取り付けます。 6. ダンボール紙のカバー固定具の下部にあるフックをプリンタのスロットに差し込みます。これを行うには、上部の前面カバーを引き下げる必要があります。 7. カートリッジの上部にあるチャージロールを見つけます。 8. チャージロールが右側から外れるまで、チャージロールを左側に引きます。 9. チャージロールを右側に引いて、プリンタから外します。
  • p. 37/145
    10. チャージロールの左側にある青いタブと、アーム内にある青い矢印が付いた穴を合わせて、タブを差し込みます。チャージロールを左側に引きます。 11. チャージロールの右側を押して、プリンタの穴に差し込みます。 12. チャージロールから梱包材を取り除きます。 13. ダンボール紙のカバー固定具を外します。
  • p. 38/145
    14. カートリッジをプリンタに再び取り付けます。 15. 上部の前面カバーを閉じます。 16. 多目的フィーダを閉じます。 17. プリンタの電源コードを正しく接地されたコンセントに差し込みます。 転 写ローラーの交 換 印刷が薄くなったり、印刷ページにトナーフォグや背景のシェーディングが出たりしたときは、新しい転写ローラーを注文してください。 1. プリンタの電源をオフにして、プリンタの電源コードを抜きます。 2. プリンタ前面の突起を引いて多目的フィーダを下ろします。
  • p. 39/145
    3. リリースラッチを右に押して上部の前面カバーを開きます。 4. カートリッジを持ち上げてプリンタから引き出します。 5. プリンタ内部の底面にある転写ローラーを見つけます。 6. スロットから転写ローラーの左側を引き上げて外します(小さな工具を使用してください)。 7. 転写ローラーを引き上げて、プリンタから外します。ローラーを横に置きます。
  • p. 40/145
    8. 新しい転写ローラーから梱包材を取り除きます。 9. プリンタの右側にある小さな穴を見つけて、この穴に転写ローラーの右側にある金属製のタブを挿入します。 10. 左側の金属製タブがスロットに入るまで、転写ローラーを慎重に下げていきます。ローラーを押し下げて、完全にはめ込みます。 11. カートリッジをプリンタに再び取り付けます。 12. 上部の前面カバーを閉じます。
  • p. 41/145
    13. 多目的フィーダを閉じます。 14. プリンタの電源コードを正しく接地されたコンセントに差し込みます。 ピックローラーの交 換 1. 標準カセットを取り外します。 2. プリンタの底面にあるピックローラーのアームを見つけ、このアームを引き下げします。 3. タブの端を押します。
  • p. 42/145
    4. ピックローラーをアームから外します。 5. 手順 3 と 手順 4 を繰り返して、もう一方のピックローラーを取り外します。 6. ピックローラーのアームを慎重に元の位置に戻します。 7. 使用済みのピックローラーは廃棄します。 8. 2 つのピックローラーを梱包から取り出します。 9. ピックローラーのアームを引き下げます。 10. ピックローラーに刻まれた溝を見つけて、アームのタブと位置を合わせます。 11. タブと位置を合わせた状態で、アームにピックローラーを押し込みます。 12. 手順 10
  • p. 43/145
    14. 標準カセットを挿入します。
  • p. 44/145
    用紙のガイドラインについて サポートされる印刷用紙 印刷用紙の選択 印刷用紙の保管 紙詰まりの回避 印刷用紙には、紙、厚紙、OHP フィルム、ラベル、封筒があります。このプリンタでは、さまざまな印刷用紙に高品質の印刷ができます。印刷の前には、印刷用紙に関するいくつかの注意事項を考慮する必要があります。この章では、印刷用紙の選択に役立つ情報を提供します。 特殊な用紙を大量に購入する前に、何枚かのサンプルに試し印刷を行ってみることをお勧めします。 サポートされる印刷用紙 以下の表に、給紙用および排紙用のカセットやトレイに対応する、標準およびオプションの給紙源について説明します。
  • p. 45/145
    JIS B5 182 x 257 mm(7.17 x 10.1 インチ) レター 216 x 279 mm(8.5 x 11 インチ) リーガル 216 x 356 mm(8.5 x 14 インチ) エグゼクティブ 184 x 267 mm(7.25 x 10.5 インチ) フォリオ 1 216 x 330 mm(8.5 x 13 インチ) ステートメント 1 140 x 216 mm(5.5 x 8.5 インチ) ユニバーサル 2 140 x 210 mm ~ 216 x 356 mm(5.5 x 8.27
  • p. 46/145
    印刷用紙の重 量 70 x 127 mm ~ 229 x 356 mm(2.75 x 5 インチ ~ 9.01 x 14 インチ) 148 x 182 mm ~ 216 x 356 mm(5.83 x 7.17 インチ ~ 8.5 x 14 インチ) オプションの 500 枚ドロワー A4 210 x 297 mm(8.27 x 11.7 インチ) A5 148 x 210 mm(5.83 x 8.27 インチ) JIS B5 182 x 257 mm(7.17 x 10.1 インチ) レター 216
  • p. 47/145
    印刷用紙の選択 プリンタに適切な印刷用紙を選択することで、印刷に関する問題を予防できます。これ以降では、プリンタに適切な印刷用紙を選択するためのガイドラインについて説明します。 用 紙 最高の印刷品質を得るには、縦目の 75 g/m2(20 lb)ゼログラフィ紙を使用します。大量に用紙を購入する前に、購入を検討している用紙のサンプルで試し印刷を行ってください。 用紙をセットするときは、用紙の印刷面を確認し、適切な向きでセットします。カセットのセット手順については、 標準カセットとオプションカセットのセット
  • p. 48/145
    以下の用紙は、このプリンタには適していません。 l 一部の化学加工紙。これらは、ノンカーボン紙、CCP(carbonless copy paper)紙、NCR(no carbon required)紙など、カーボン紙を使用しないでコピーを作成するための用紙です。 l 化学インクを使用したプレプリント紙。これらの紙は、プリンタを汚染する可能性があります。 l プリンタフューザの高温で影響を受ける可能性があるプレプリント紙 l ±0.09 インチよりも高い精度で位置合わせする必要があるプレプリント紙(OCR(optical
  • p. 49/145
    す。最高の品質で印刷するには、75 g/m2(20 lb bond)縦目の用紙を使用してください。182 x 257 mm(7.2 x 10.1 インチ)よりも小さい用紙を使用する場合は、重量が 90 g/m2(24 lb bond)以上であることを確認してください。 使 用できない用 紙 以下の用紙は、このプリンタには適していません。 l 化学インクを使用したプレプリント紙。これらの紙は、プリンタを汚染する可能性があります。 l プリンタフューザの高温で影響を受ける可能性があるプレプリント紙 l ±0.09
  • p. 50/145
    封筒に印刷する場合: l 最高の印刷品質を実現するには、レーザープリンタ用に開発された高品質の封筒のみを使用してください。 l 使用するカセットに応じて、[用 紙]メニューの[用 紙サ イ ズ/種 類]を、[多 目 的フ ィ ー ダ]、[手 差し封 筒]、または[封 筒フ ィ ー ダ]に設定してください。操作パネル、プリンタドライバ、またはローカルプリンタ設定ユーティリティを使用して、用紙の種類として[封 筒]を設定し、適切な封筒サイズを選択します。 l 最高のパフォーマンスを実現するには、75 g/m2(20
  • p. 51/145
    l 230℃(446°F)の高温に耐えるラベルを使用してください。高温に弱いラベルの場合、紙が貼り付いたり、極端に折れ曲がったりします。また、しわができたり、危険物質の放射が発生する可能性があります。 l ラベルの端やミシン目の周囲 1 mm(0.04 インチ)の範囲、またはラベルのダイカットの間に印刷しないでください。 l シートの端まで接着剤が付いているラベルシートは使用しないでください。デルでは、接着剤のゾーンコーティングを、端から最低 1 mm(0.04 インチ)離すことを推奨しています。接着剤で、プリンタが汚染されると、保証が無効になる場合があります。
  • p. 52/145
    印刷時に問題が発生しないように、適切な印刷用紙(紙、OHP フィルム、ラベル、厚紙)を使用してください(⇒「 サポートされる印刷用紙 」)。 適切な印刷用紙を選択して、適切にセットすれば、ほとんどの紙詰まりは回避できます。カセットのセット手順については、 標準カセットとオプションカセットのセット 、または 多目的フィーダのセット を参照 してください。 紙詰まりを避けるには、以下のヒントが役立ちます。 l 推奨された印刷用紙のみを使用する。 l 印刷用紙のカセットに必要以上に用紙を詰め込まない。カセット内のラベルが示している最大量の制限ラインを超えて用紙を入れない。
  • p. 53/145
    操作パネルのメニューについて 用紙メニュー レポート 設定 セキュリティ ネットワーク/ポート プリンタ設定を簡単に変更するための多くのメニューが用意されています。以下の表に、操作パネルに表示されるメニューインデックスと、各メニューインデックスから使用できるメニュー項目を示します。各メニューの項目および選択可能な値についての詳細は、本章の後半で説明します。 メニュー項目および値の中には、プリンタに特定のオプションを取り付けている場合のみ表示されるものもあります。また、特定のプリンタ言語のみに対応しているメニュー項目もあります。どの値も選択できますが、オプション機器または使用しているプリンタ言語によってはプリンタの機能が対応していない場合があります。
  • p. 54/145
    多目的フィーダを設 定 多目的フィーダを別の用紙カセット、または手差しフィーダに設定する場合に選択します。多目的フィーダを別のカセットと関連付けると、別のカセットから用紙を給紙する前に多目的フィーダの用紙を使用することができます。 代 替サイズ ユーザー定義種 <x> 多目的 大きさ/種類 多目的フィーダにセットした用紙のサイズを指定します。 A4*(米国以外) A5 JIS B5 レター*(米国) リーガル エグゼクティブ フォリオ ステートメント ユニバーサル 7 3/4 封筒 9 封筒
  • p. 55/145
    プリンタのどの給紙源にも要求したサイズの用紙がない場合に、プリンタが別のサイズの用紙を代わりに使用するかどうかをこのメニューで指定します。たとえば、[代 替サ イ ズ]を[レ タ ー/A4]に設定したとします。プリンタにレターサイズの用紙のみをセットしてある場合に A4 サイズの印刷を要求すると、A4 サイズの用紙の代わりにレターサイズの用紙を使用してジョブが印刷されます。用紙の変更を要求するメッセージは表示されません。 用紙表面粗さ 指定した用紙の表面の粗さを設定する場合に選択します。この設定を行うと、指定した用紙の印刷品質を最適化できます。
  • p. 56/145
    ユーザー定 義 各ユーザー定義用紙の名前を指定する場合に選択します。名前は操作パネルを使用して割り当てます。 ユニバーサルセットアップ ユ ニ バ ー サ ル用 紙の幅と高さを指定する場合に選択します。ユ ニ バ ー サ ル用 紙の幅と高さを指定すると、プリンタで他のサイズの用紙と同じように扱うことができます。両面印刷や N アップ印刷も行えます。 トレイ設 定 印刷した用紙の排紙先を指定する場合に選択します。 メ ニ ュ ー項 目 : 機 能 : 値: ラベル紙のセット 両面印刷ジョブであるか片面印刷ジョブであるかに応じて、プレプリント紙を適切に処理します。
  • p. 57/145
    レポート メニュー設 定ページ メニュー設定ページを印刷する場合に選択します。 デバイス統 計 デバイス統計を表示する場合に選択します。 ネットワーク設 定ページ ネットワーク設定ページを印刷する場合に選択します。 NetWare 設 定ページ 内蔵プリントサーバーに関する情報を印刷する場合に選択します。 のトレイに排紙されていきます。 メールオーバーフロー ユーザーが使用する排紙トレイに印刷ジョブを転送し、いっぱいになったら、オーバーフロートレイにジョブを送信します。 リンクオプション 標準の排紙トレイを単独で使用できるようにしたまま、オプションの排紙トレイを
  • p. 58/145
    フォントを印 刷 プリンタに保存されているフォントの一覧を印刷する場合に選択します。 設定 セットアップメニュー プリンタで使用可能なさまざまな機能を設定します。 ージ に関する情報を印刷します。 状態に戻ります。 メ ニ ュ ー項目 : 機 能 : 値: フォントを印刷 選択したプリンタ言語で使用可能なすべてのフォントのサンプルを印刷し ます。 PCL フォント PCL エミュレーションで使用可能なすべてのプリンタフォントのサンプルを印刷します。 PS フォント PostScript エミュレーションで使用可能なすべてのプリンタフォントのサンプルを印刷し
  • p. 59/145
    仕 上メニュー 印刷結果の処理方法を指定する場合に使用します。 待ち時 間 切れ: 無効 15...65535(40*) 無効 - 待ち時間切れを無効にします。 15...65535 - ジョブをキャンセルする前にプリンタが他のデータの受信を待つ時間を指定します。 初期設定は 40* です。 ネ ッ ト ジ ョ ブ時 切 : 1255(90*) 1–255 - ジョブをキャンセルする前にプリンタが他のデータの受信を待つ時間を指定します。 印刷回復 プリンタが特定のオフライン状態でジョブを続行するかどうか、紙詰まりが発生したページを印刷しなおすかどうか、すべてのページが処理され印刷の準備が完了するまで待機するかどうか、を指定します。
  • p. 60/145
    品 質メニュー 印刷品質を変更する場合、およびトナーを節約する場合に使用します。 ユーティリティメニュー 丁合 複数部のジョブを印刷した場合に、印刷ジョブをページ順の束にします。 オフ* ジョブの各ページを[部数]で指定した枚数づつ印刷します。たとえば、[部数]を[2]に設定し 3 ページ分を印刷すると、1 ページ、1 ページ、2 ページ、2 ページ、3 ページ、3 ページの順に印刷されます。 オン 印刷ジョブ全体を[部数]で指定した回数だけ印刷します。たとえば、[部数]を[2]に設定し 3 ページ分を印刷すると、1
  • p. 61/145
    プリンタの設定変更、ジョブの削除、プリンタハードウェアのセットアップ、プリンタの問題のトラブルシューティングを行う場合に使用します。 PostScript メニュー PostScript プリンタ言語を使用するジョブに関するプリンタ設定を変更する場合に使用します。 PCL メニュー PCL エミュレーションプリンタ言語を使用するジョブに関するプリンタ設定を変更する場合に使用します。 メ ニ ュ ー項目 : 機 能 : 値: 工場出荷時設定 プリンタの設定を工場出荷時の設定値に戻します。 復元しない* ユーザーが定義した設定が残ります。
  • p. 62/145
    セキュリティ 暗証番号を必要とする印刷ジョブそれぞれのセキュリティレベルを設定する場合に選択します。 ネットワーク/ポート TCP/IP ション設定 イズを変更します。 1.00 ~ 1008.00(12*) トサイズは 1 ~ 1008 まで 0.25 ポイント間隔で選択できます。 メ モ: 印刷フォントのポイントサイズのみが表示されます。 サイズ変更が可能な等幅フォントのフォントピッチを指定します。 ピ ッ チ: 0.08 ~ 100.00(10*) ピッチとは、1 インチの横幅に印刷できる固定幅文字の数です。1
  • p. 63/145
    TCP/IP 設定を表示または変更する場合に選択します。 標 準ネットワーク、ネットワーク <x> ネットワークポート([標 準ネ ッ ト ワ ー ク]または[ネ ッ ト ワ ー ク <x>])経由で送信されるジョブのプリンタ設定を変更します。 標準 USB、USB <x> プリンタの USB ポート(USB <x>)設定を変更する場合に使用します。 メ モ: ネットワークに対応していない機種では表示されません。 メ ニ ュ ー項 目 : 機 能 : 値:
  • p. 64/145
    パラレルおよびパラレル <x> パラレルポート([標 準パ ラ レ ル]または[パ ラ レ ル <x>])経由で送信されるジョブのプリンタ設定を変更します。 自動的に PostScript エミュレーションに切り替わるように設定します。 オフ 受信するデータを確認しません。[PCL SmartSwitch]がオ ンになっている場合は PostScript エミュレーションを使用してジョブを処理します。[PCL SmartSwitch]がオ フになっている場合は、 セットアップメニュー
  • p. 65/145
    NetWare プリンタの NetWare 設定を表示または変更する場合に使用します。 AppleTalk プリンタの AppleTalk 設定を表示または変更する場合に使用します。 自動* プリンタが、Windows または Macintosh を利用するコンピュータからの印刷ジョブを処 理します。 メ ニ ュ ー項 目 : 機 能 : 値: ログイン名を表示 割り当てられた NetWare ログイン名を表示します。 [ログイン名を表 示]選択すると、操作パネルに NetWare 名が表示されます。
  • p. 66/145
    操作パネルのメッセージについて 操作パネルには、プリンタの現在の状況、およびプリンタで発生している可能性のある解決すべき問題が表示されます。この章では、プリンタに表示されるすべてのメッセージを一覧で紹介し、各メッセージの意味とメッセージの消去方法について説明します。 以下の表は、メッセージを番号順に一覧で示しています。番号のないものは順不同です。メッセージは索引で検索することもできます。 メ ッ セ ー ジ 対 処方 法 30 無効な再充填、カートリッジを交換 新しいカートリッジを取り付けます。 詳細については、
  • p. 67/145
    51 不良なフラッシュ検出 [設 定]ボタン を押してメッセージをクリアし、印刷を続行します。 フラッシュメモリにリソースをダウンロードする前に、別のフラッシュメモリを取り付ける必要があります。詳細については、 プリンタメモリの取り付け を参照してください。 52 フラッシュメモリー空領域がリソースには不足 l [設 定]ボタン を押してメッセージをクリアし、印刷を続行します。 フラッシュメモリに保存していないダウンロード済みフォントおよびマクロは削除されます。 l フラッシュメモリに保存されているフォント、マクロ、その他のデータを削除します。
  • p. 68/145
    88 トナー残少 l トナーカートリッジを交換します。詳細については、 トナーカートリッジの交換 を参照してください。 l [設 定]ボタン を押してメッセージをクリアし、印刷を続行します。 200.yy 紙詰り 1. 用紙経路に詰まっている用紙を取り除きます。 2. 用紙を取り除いたら、[設 定]ボタン を押して印刷を続行します。 201.yy 紙詰り 1. 用紙経路に詰まっている用紙を取り除きます。 2. 用紙を取り除いたら、[設 定]ボタン を押して印刷を続行します。 202.yy 紙詰り 1.
  • p. 69/145
    較正中 メッセージが消えるまで待ちます。 キャンセルは使用不能 メッセージが消えるまで待ちます。 取消中 メッセージが消えるまで待ちます。 <src> を <ユーザー定義名> に変更 l 用紙を変更した場合は、[設 定]ボタン を押します。 l 現在プリンタにセットされている用紙に印刷するには、[セットされている物を使用 ]を選択します。 l 現在のジョブをキャンセルします。 <src> を <ユーザー定義文字列> に変更 <src> を <サイズ>
  • p. 70/145
    プリンタの電源をオンにします。詳細については、 250 枚ドロワーまたは 500 枚ドロワーの取り付け を参照してください。 l 現在のジョブをキャンセルします。 内部システム エラー、しおりを再読み込み l しおりを再度読み込みます。 l [設 定]ボタン を押してメッセージをクリアし、印刷を続行します。 内部システムエラー、セキュリティ証明を再読み込み l セキュリティ証明書を再度読み込みます。 l [設 定]ボタン を押してメッセージをクリアし、印刷を続行します。 無効なネットワークコード 有効なコードを内蔵プリントサーバーにダウンロードします。
  • p. 71/145
    l [設 定]ボタン を押してメッセージをクリアし、指定されたトレイを使用せずに印刷を続行します。 トレイ <x> ~ <y> を再取付け l プリンタの電源をいったんオフにして入れなおします。 ¡ 再度エラーが発生する場合は、プリンタの電源をオフにし、コンセントから電源コードを抜き、指定されたトレイを取り外します。その後プリンタにトレイを取り付けなおしプリンタの電源をオンにします。 ¡ それでもエラーが発生する場合は、プリンタの電源をオフにしてコンセントから電源コードを抜き、指定されたトレイを取り外し、サービス担当者まで連絡してください。
  • p. 72/145
    ネットワーク印刷用ドライバのインストール方法 ネットワーク設定ページの印刷 プリンタへの IP アドレスの割り当て IP 設定の確認 Windows Macintosh Linux/UNIX NetWare ネットワーク設定ページの印刷 プリンタがネットワークに接続されている場合、プリンタのネットワーク設定ページを印刷することでネットワーク接続を確認できます。このページにはプリンタのネットワーク印刷の設定に関する重要な情報も記載されています。 1. プリンタの電源がオンになっていることを確認します。 2.
  • p. 73/145
    8. [ゲートウェイ]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 9. 数字ボタンを使用して IP ゲートウェイを入力します。アドレスを入力したら[設 定]ボタン を押します。 「選択を送信中 」が表示されます。 10. 「準備完了」と表示されるまで[設 定]ボタン を押します。 IP 設定の確認 1. もう一度ネットワーク設定ページを印刷します。「TCP/IP」に表示されている IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイが正しいことを確認します(⇒「 ネットワーク設定ページの印刷
  • p. 74/145
    リモートインストールを行うには、以下の手順に従います。 a. [ 1 つ以 上のリモートコンピュータにプリンタをインストールする]を選択して、[次へ]をクリックします。 b. 管理ユーザー名およびパスワードを入力し、[追 加]をクリックします。 c. クライアントまたはサーバーを選択し、[次へ]をクリックします。 5. インストールするネットワークプリンタを選択します。お使いのプリンタが一覧に入っていない場合は、[更 新]をクリックして一覧を更新するか、[プリンタを追 加]をクリックしてネットワークにプリンタを追加します。
  • p. 75/145
    CD により自動的に起動しない場合は、CD に収録されている setup.exe をダブルクリックしてください。 2. Drivers and Utilities CD の画面が表示されたら、[ネ ッ ト ワ ー ク イ ン ス ト ー ル:ネ ッ ト ワ ー ク上でこのプリンタを使 用するためのインストール]をクリックします。 3. ローカルインストールには、[このコンピュータにプリンタをインストール]を選択して[次へ]をクリックします。 リモートインストールを行うには、以下の手順に従います。 a.
  • p. 76/145
    USB ケーブルまたはパラレルケーブルによる接続を使用してネットワーク上でプリンタを共有するには、Microsoft のポイントアンドプリント方式またはピアツーピア方式を使用できます。これらの方式のいずれかを使用するためには、まずプリンタを共有し、クライアントコンピュータに共有プリンタをインストールする必要があります。 ただし、これらの Microsoft 方式のいずれかを使用する場合、Drivers and Utilities CD でインストールされるデル機能の一部(状況監視センターなど)が使用できなくなります。
  • p. 77/145
    1. Windows XP の場合は、[ス タ ー ト]、[コントロールパネル]、[プリンタとその他のハードウェア]、[プ リ ン タ と FAX]の順にクリックします。 その他の Windows では、[ス タ ー ト]、[設 定]、[プ リ ン タ]の順にクリックします。 2. [プ リ ン タ の追 加]をクリックして、プリンタの追加ウィザードを起動します。 3. [ネ ッ ト ワ ー クプ リ ン トサ ー バ ー]をクリックします。 4. 共有プリンタの一覧からネットワークプリンタを選択します。プリンタが一覧に表示されていない場合は、テキストボックスにプリンタのパスを入力します。
  • p. 78/145
    3. 「プリンタ」メニューから「プリンタを追 加」を選択します。 4. ポップアップメニューから「AppleTalk」を選択します。 5. 一覧から「AppleTalk ゾーン」を選択します。 6. 一覧から新しいプリンタを選択し、「追 加」をクリックします。 7. 以下の手順に従ってプリンタのインストールを確認します。 a. Finder を開き、「ア プ リ ケ ー シ ョ ン」、「TextEdit」の順にクリックします。 b. 「ファイル」メニューで「プ リ ン ト」を選択します。 c. 「印刷部数と印刷ページ」ポップアップメニューから「一覧」を選択します。
  • p. 79/145
    3. 一覧から新しいプリンタを選択します。 4. 選択するプリンタを確認するには、ネットワーク設定ページの「AppleTalk」に表示される標準設定のプリンタ名を参照してください。 5. 「作 成」をクリックします。 6. 「セ レ ク タ」に表示されているプリンタ名の横にアイコンが表示されていることを確認します。 7. 「セ レ ク タ」ウィンドウを閉じます。 8. 以下の手順に従ってプリンタのインストールを確認します。 a. 新しく作成されたデスクトッププリンタのアイコンをクリックします。 b. 「プ
  • p. 80/145
    2. CD をマウントします。 3. パッケージファイルのあるディレクトリに移動します。CD を /mnt/cdrom にマウントした場合は、以下のコマンドを実行します。 # cd /mnt/cdrom/unix/packages 4. 以下のコマンドを実行して、パッケージファイルをインストールします。 # rpm -ivh print-drivers-linux-glibc2-x86.rpm 5. 以下のセットアップスクリプトを実行して、インストールを完了します。 # /usr/local/dell/setup.dellprint
  • p. 81/145
    プリンタドライバの削除は、以下の表に示されているユーティリティを使用してシステム管理者が行います。 プリンタドライバパッケージの削除方法は、使用しているオペレーティングシステムによって異なり、プログラムを起動したあとに削除するプリンタドライバパッケージを指定するか、削除するプリンタドライバパッケージ名をコマンドラインで入力します。詳細については、オペレーティングシステムの説明書類を参照してください。 以下のアンインストールスクリプトを実行して、インストール時に作成したシンボリックリンクを削除します。 //usr/local/dell/DELLPrtDrv.unlink
  • p. 82/145
    Other Third-Party Licenses (Software) The Apache Software License, Version 1.1 Copyright (c) 2000 The Apache Software Foundation. All rights reserved. Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided
  • p. 83/145
    "This product includes software developed by the JDOM Project (http://www.jdom.org/)." Alternatively, the acknowledgment may be graphical using the logos available at http://www.jdom.org/images/logos. THIS SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS" AND
  • p. 84/145
    Finally, any free program is threatened constantly by software patents. We wish to avoid the danger that companies distributing free software will individually obtain patent licenses, thus in effect transforming the program into proprietary software. To
  • p. 85/145
    considered independent and separate works in themselves, then this License, and its terms, do not apply to those sections when you distribute them as separate works. But when you distribute the same sections as part of a whole which is a work based on the
  • p. 86/145
    10. Each time you redistribute the Library (or any work based on the Library), the recipient automatically receives a license from the original licensor to copy, distribute, link with or modify the Library subject to these terms and conditions. You may not
  • p. 87/145
    <signature of Ty Coon>, 1 April 1990 Ty Coon, President of Vice That's all there is to it! wxWindows Library Licence, Version 3 Copyright (C) 1998 Julian Smart, Robert Roebling [, ...] Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies of
  • p. 88/145
    オプションの取り付けと取り外し 取り付けの手順 250 枚または 500 枚ドロワーの取り付け 両面印刷ユニットの取り付け 排紙増量器の取り付け 封筒フィーダの取り付け プリンタメモリの取り付け フォント ROM の取り付け 取り付け の手順 床面に設置する場合は、プリンタ用の台が必要になります。給紙オプションを複数使用している場合や、両面印刷ユニットと給紙オプションを合わせて使用している場合は、プリンタスタンドまたはプリンタベースのどちらかを必ず使用してください。 プリンタと購入したオプションは、次の順序で設置します。
  • p. 89/145
    2. 既に取り付けたドロワーの上部に、サポートユニットを取り付けます。あるいはプリンタを設置するテーブルまたはプリンタキャビネットの上に置きます。 ドロワーの上部にタブ、丸いペグ、四角い穴があるので、サポートユニットの位置を合わせて取り付けることができます。サポートユニットがしっかりと取り付けられていることを確認します。 3. 他のオプションドロワー、両面印刷ユニット、またはプリンタを取り付けます。 カセット番号がわかるように、カセットにラベルを貼ることができます。 4. Windows XP の場合は、[ス
  • p. 90/145
    1. 取り付けたドロワーの上部に、両面印刷ユニットを取り付けます。あるいはプリンタを設置するテーブルまたはプリンタキャビネットの上に置きます。 ドロワーの上部にタブ、丸いペグ、四角い穴があるので、両面印刷ユニットの位置を合わせて取り付けることができます。しっかりと取り付けられていることを確認します。 2. プリンタを接続します。 3. Windows XP の場合は、[ス タ ー ト]、[コントロールパネル]、[プリンタとその他のハードウェア]、[プ リ ン タ と FAX]の順にクリックします。 その他の
  • p. 91/145
    排紙増量器をパッケージから慎重に取り出して、すぐに取り付けを行います。すぐに取り付けないと、取り付けブラケットの端がテーブルの表面や敷物に傷を付けてしまう可能性があります。 1. プリンタ、フィニッシャ、または大容量排紙スタッカからトップカバーを外します。 2. 排紙増量器の下部にある静電気ブラシホルダにプラスチックブラケットを差し込みます。 3. プリンタの上部にあるスロット、あるいは印刷用紙の処理オプションに、取り付けブラケットを挿入します。排紙増量器がしっかりと固定されたことを確認します。 4.
  • p. 92/145
    5. カセットの下部にあるタブを排紙増量器の下部にあるスロットに差し込みます。 6. 上部のタブが上部のスロットに カチッと入るまで、カセットを回転させるように持ち上げます。 7. 他の印刷用紙の処理オプションを取り付けない場合は、排紙増量器にトップカバーを取り付けます。 封筒フィーダの取り付け 封筒フィーダは、プリンタの前面にある多目的フィーダの奥に取り付けます。使用しないときは、取り外してプリンタをコンパクトにできます。 1. プリンタ前面の突起を引いて多目的フィーダを下ろします。 2. 封筒フィーダコネクタのドアを上に開きます。
  • p. 93/145
    正しく取り付けると、封筒フィーダは少し下に傾いた状態になります。 プリンタメモリの取り付け プリンタメモリカードの取り付け 1. 側面ドアを開きます。 2. プリンタメモリカードコネクタの両端のラッチを押し開きます。 3. メモリカードを包装から取り出します。 カードの縁の電気接点に触れないようにしてください。パッケージは保管しておきます。 4. カードの下端の突起をコネクタの型に合わせます。 5. 両端のラッチが カチッと所定の位置に戻るまでメモリカードをコネクタに押し込みます。 カードを所定の位置に押し込むには少し力を入れる必要がある場合があります。
  • p. 94/145
    6. 両端のラッチがカードの突起を確実に覆うようにしてください。 7. 側面ドアを閉じます。 プリンタメモリカードの取り外し 1. 側面ドアを開きます。 2. プリンタメモリカードコネクタの両端で、カードからラッチを取り外します。 ラッチが開くと、コネクタからメモリカードを取り外すことができます。 注 意 : プリンタメモリカードは静電気を受けると壊れやすい構造をもっています。メモリカードに触れる前にプリンタの枠などの金属に触れるようにしてください。
  • p. 95/145
    3. メモリカードをコネクタから引き出します。 カードの縁の電気接点に触れないようにしてください。 4. カードを元のパッケージに入れます。 元のパッケージがない場合は、カードを紙で包んで箱に入れてください。 5. 両方のラッチを閉じます。 6. 側面ドアを閉じます。 フォント ROM の取り付け フォント ROM の取り付け 1. 側面ドアを開きます。 メ モ: フォント ROM は、購入できない地域もあります。フォント ROM の販売状況については、デルの販売担当者にお問い合わせください。 メ モ:
  • p. 96/145
    2. フォント ROM をパッケージから取り出します。 3. ロッキングクリップでフォント ROM を固定するとき、カードのプラスチックピンとシステム基板の穴を合わせてください。 4. フォント ROM を所定の位置に完全に差し込んで、ロッキングクリップを放します。 フォント ROM のコネクタ全体をシステム基板に差し込み、コネクタをロックする必要があります。 コネクタを破損しないように注意してください。 5. 側面ドアを閉じます。 メ モ: オプションカードを取り付けている場合、環境によってはフォント
  • p. 97/145
    フォント ROM の取り外し 1. 側面ドアを開きます。 2. フォント ROM のロッキングクリップを上と下から握ります。 3. カードを取り外します。 カードの下部にある金属製のピンに触らないでください。 4. フォント ROM を元のパッケージに入れます。 元のパッケージがない場合は、フォント ROM を紙で包んで箱に入れてください。 5. フォント ROM を外すために、先にオプションカードを取り外していた場合は、オプションカードを再び取り付けます。 6. 側面ドアを閉じます。 メ モ: オプションカードを取り付けている場合、環境によってはフォント
  • p. 98/145
  • p. 99/145
    印刷 印刷ジョブの送信 印刷ジョブのキャンセル メニュー設定ページの印刷 ネットワーク設定ページの印刷 フォントサンプルリストの印刷 ディレクトリリストの印刷 秘密ジョブおよび保持されたジョブの印刷 特殊な用紙への印刷 標準カセットとオプションカセットのセット 用紙の種類と用紙サイズの設定 多目的フィーダのセット 封筒フィーダのセット カセットの関連付け 排紙トレイの特定と関連付け この章では、印刷ジョブの送信、秘密ジョブの印刷、印刷ジョブのキャンセル、メニュー設定ページの印刷、フォントリストの印刷、ディレクトリリストの印刷について説明します。またフォリオやステートメントサイズの用紙を使用した印刷についても説明します。紙詰まりの防止と印刷用紙の保管については、
  • p. 100/145
    ¡ デスクトップでのジョブキャンセル l Macintosh コンピュータでのジョブキャンセル ¡ Mac OS 9 コンピュータでの印刷ジョブキャンセル ¡ Mac OS X コンピュータでのジョブキャンセル プリンタの操 作パネルでのジョブキャンセル ジョブのフォーマット時または印刷時には、[ジョブをキャンセル]が画面の 1 行目に表示されます。 1. 操作パネルで[設 定]ボタン を押します。 ジョブの一覧が表示されます。 2. キャンセルするジョブの横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設
  • p. 101/145
    印刷ジョブを送信すると、選択したプリンタのプリンタアイコンがドックに表示されます。 1. 「ア プ リ ケ ー シ ョ ン」、「ユ ー テ ィ リ テ ィ」の順に開き、「プリントセンター」または「プ リ ン タ設 定」を選択します。 2. 印刷先のプリンタをダブルクリックします。 3. プリンタウィンドウで、キャンセルする印刷ジョブを選択します。 4. 「削 除」をクリックします。 メニュー設定ページの印刷 メニュー設定ページを印刷して、標準のプリンタ設定を確認できます。また、プリンタオプションが適切にインストールされているかどうかも確認できます。
  • p. 102/145
    4. [ディレクトリを印 刷]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 プリンタは準 備 完 了の状態に戻ります。 秘密ジョブおよび保持されたジョブの印刷 「 保持されたジョブ」という用語は、ユーザーがプリンタで開始できるあらゆる種類の印刷ジョブを表しています。このジョブには、秘密ジョブ、確認印刷ジョブ、予約印刷ジョブ、繰り返し印刷ジョブ、ブック マーク、またはプロファイルが含まれます。プリンタにジョブを送信するとき、プリンタメモリ内にジョブを保持するようにドライバで指定できます。ジョブがプリンタメモリに格納されたら、プリンタのある場所に移動し、プリンタの操作パネルを使用して印刷ジョブに対する操作を指定します。
  • p. 103/145
    保持されたジョブ(確認印刷、予約印刷、繰り返し印刷)は、プリンタの操作パネルで印刷または削除できます。この場合、PIN 番号は必要ありません。 確認印刷 確認印刷ジョブを送信した場合、プリンタでは 1 部が印刷されて、要求した残りの部数はプリンタメモリ内に保持されます。確認印刷を使用して、残りの部数を印刷する前に、印刷内容が適切であるかどうかを最初の 1 部で確認します。すべての部数を印刷すると、確認印刷ジョブは自動的にプリンタメモリから削除されます。 予約印刷 予約印刷ジョブを送信すると、プリンタはすぐにはジョブを印刷しません。プリンタは、ジョブをあとで印刷できるようにジョブをメモリに格納します。[保持されたジョブ]メニューで削除するまで、このジョブはメモリに保持されます。保持されたジョブを新たに処理するために追加のメモリが必要とされる場合、予約印刷ジョブが削除されることもあります。
  • p. 104/145
    用紙には、紙、厚紙、OHP フィルム、ラベル、封筒があります。後者の 4 つを、特殊な用紙と呼ぶことがあります。特殊な用紙に印刷するには、以下の手順に従ってください。 1. 用紙をセットするときは、専用のカセットを使用します(⇒「 標準カセットとオプションカセットのセット 」)。 2. プリンタの操作パネルでは、セットする用紙に応じて[用 紙の種 類]と[用 紙サ イ ズ]を設定します(⇒「 用紙の種類と用紙サイズの設定 」)。 3. コンピュータソフトウェアアプリケーションでは、セットする用紙に応じて[用紙の種類]、[用紙サイズ]、[給紙源]を設定します。
  • p. 105/145
    2. 側面ガイドタブを動かして、ガイドをカセットの端までスライドします。 3. 背面ガイドタブを動かして、セットする用紙のサイズに応じて適切な位置までガイドをスライドします。 4. 用紙の束を曲げ伸ばしたり、パラパラめくったりします。印刷用紙は折ったり、しわをつけたりしないでください。平らな面で端をそろえます。 5. 印刷用紙をカセットに入れるには: 片面印刷の場合は、印刷面を下にします。 両面印刷の場合は、印刷面を上にします。 メ モ: 制限ラインよりも上に用紙を入れないでください。カセットに用紙を入れ過ぎると、紙詰まりが発生する可能性があります。
  • p. 106/145
    6. 側面ガイドタブを移動して、用紙の端に軽く触れるようにカセットの内側に向かってガイドをスライドします。 7. カセットをプリンタに挿入します。 用紙の種類と用紙サイズの設定 [用 紙の種 類]と[用 紙サ イ ズ]にカセットで使用する種類とサイズの適切な値を指定すると、指定されたサイズと種類の用紙が入ったカセットがプリンタによって自動的に関連付けられます。 [用 紙サ イ ズ]と[用 紙の種 類]設定を変更するには: 1. プリンタの電源がオンになっていることを確認します。 2. 操作パネルで[メ
  • p. 107/145
    多目的フィーダのセット 多目的フィーダは、OHP フィルム、はがき、ノートカード、封筒など、さまざまなサイズや種類の印刷用紙に対応できます。多目的フィーダは、1 ページの印刷や手差し印刷に対応しており、追加のカセットとしても使用できます。 多目的フィーダには、次の用紙を入れることができます。 l 75 g/m2(20 lb)用紙:100 枚 l 封筒:10 枚 l OHP フィルム:75 枚 多目的フィーダには、次のサイズの印刷用紙をセットできます。 l 幅: 69.85 ~ 215.9 mm(2.75
  • p. 108/145
    4. 用紙または封筒を曲げ伸ばしたり、パラパラめくったりします。印刷用紙は折ったり、しわをつけたりしないでください。平らな面で端をそろえます。 5. カセットに用紙をセットします。 印刷用紙をセットするときは、紙を入れる高さの目安として、スタック高ラベルを参考にします。 普 通 紙 、OHP フ ィ ル ム、ま た は封 筒の セ ッ ト l 普通紙または OHP フィルムは、紙の左端を揃え、スタック高ラベルの高さまで、推奨印刷面を上にしてセットします。 l 封筒は、封をする側を下にして、切手を貼る位置と封をする側を左に向けてセットします。封筒の端は、切手を貼る位置から多目的フィーダに入っていきます。
  • p. 109/145
    6. 側面ガイドを用紙の端に軽く当たるまでトレイの中央に向けてスライドさせます。 7. 多目的フィーダの用 紙サ イ ズと用 紙の種 類([多 目 的 大き さ/種 類])を、セットする印刷用紙に合わせて適切な値に設定します。 a. 操作パネルで[メ ニ ュ ー]ボタン を押します。 b. [用 紙]メニューの横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 c. [用 紙サ イ ズ/種 類]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。
  • p. 110/145
    3. 多目的フィーダを閉じます。 封筒フィーダのセット オプションの封筒フィーダは、さまざまな封筒サイズに対応できます。ただし、封筒フィーダは、円滑に印刷を行うために適切に調整する必要があります。 封筒フィーダに用紙をセットするには以下の手順に従います。 1. セットする封筒の長さに合わせて、封筒サポートを調整します。 l サイズが小さい封筒の場合は、サポートを閉じます(プリンタ内部に向けて押します)。 l 普通サイズの封筒の場合は、サポートを中間の位置まで広げます。 l サイズが大きい封筒の場合は、サポートを広げます(最大限に広げます)。
  • p. 111/145
    3. 幅ガイドを右側にスライドします。 4. 封筒の束を曲げ伸ばしして、封筒の端を平らな面で揃えます。揃えるときは、端を押してください。 封筒をパラパラとめくります。このようにすると、封筒の端が貼り付くのを防ぎ、適切な給紙が可能になります。 5. 封筒の束は、封をする側を下にして、切手を貼る位置と封をする側を左に向けてセットします。封筒の端は、切手を貼る位置から封筒フィーダに入っていきます。 束の上部にある封筒よりも下部にある封筒を、封筒フィーダ側に寄せるようにします。 6. 紙に軽く触れる位置まで、幅ガイドを左にスライドします。封筒が曲がっていないことを確認します。
  • p. 112/145
    7. 紙の束に触れるように、封筒押さえを引き下げます。 8. 封筒フィーダの用 紙サ イ ズと用 紙の種 類(封筒の[封 筒フ ィ ー ダ 大/種])を、セットする印刷用紙に合わせて適切な値に設定します。 a. 操作パネルで[メ ニ ュ ー]ボタン を押します。 b. [用 紙]メニューの横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 c. [用 紙サ イ ズ/種 類]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 d. [封 筒フ
  • p. 113/145
    3. [用紙サイズ/種類]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 4. [カセット <x> 大きさ/種類]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 5. セットする用紙サイズの横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 6. [カセット <x> 大きさ/種類]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 7. セットする用紙の種類の横に
  • p. 114/145
    4. [ト レ イ の設 定]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 5. [リ ン ク]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 プリンタは準 備 完 了の状態に戻ります。
  • p. 115/145
    Regulatory Notices VCCI Notice (Japan Only) ENERGY STAR® Compliance Waste Electrical and Electronic Equipment (WEEE) Directive Regulatory Notices for Wireless Option Electromagnetic Interference (EMI) is any signal or emission, radiated in free space or
  • p. 116/145
    Class A ITE This is a Class A product based on the standard of the Voluntary Control Council for Interference (VCCI) for information technology equipment. If this equipment is used in a domestic environment, radio disturbance may arise. When such trouble
  • p. 117/145
    to enable recovery and recycling. For information on how to recycle this product responsibly in your country, please visit: www.euro.dell.com/recycling. Směrnice o odpadních elektrických a elektronických zařízeních (WEEE) V Evropské unii tento stítek oznamuje,
  • p. 118/145
    Elektronikschrottverordnung) In der EU wird mit diesem Etikett angegeben, dass dieses Gerät nicht zusammen mit dem Haushaltabfall zu entsorgen ist. Das Gerät sollte in einer entsprechenden Recycling-Einrichtung entsorgt werden. Informationen zum Recyceln
  • p. 119/145
    Na União Europeia, esta etiqueta indica que este produto não deve ser eliminado juntamente com o lixo doméstico. Este produto deve ser depositado numa instalação adequada para ser recuperado e reciclado. Para obter informações sobre como reciclar este produto
  • p. 120/145
    ソフトウェア概要 Dell™ トナー管理システム デルローカルプリンタ設定ユーティリティ IP アドレス設定ユーティリティ プリンタソフトウェアアンインストール ドライバプロファイラ デルプリンタ構成設定 Web ツール プリンタに付属の Drivers and Utilities CD を使用して、お使いのオペレーティングシステムに応じた一連のソフトウェアアプリケーションをインストールします。 Dell™ トナー管理システム 状況監視センター 状況監視センターを使用して、複数の状況モニタを管理します。
  • p. 121/145
    デルローカルプリンタ設定ユーティリティ デルローカルプリンタ設定ユーティリティを使用して、プリンタドライバから変更できないプリンタ設定を変更および保存します(たとえば、注意が必要な場合にプリンタから警報を鳴らすようにするには、[警報制御]を有効にします)。ここで行った変更を上書きするには、さらに変更を行うか、元の設定(出荷時標準設定)に戻します。これらの設定はメニューで分類されており、プリンタ操作パネルに似ています。 デルローカルプリンタ設定ユーティリティは、デルプリンタドライバをインストールする際に自動的にインストールされます。[ス
  • p. 122/145
    1. Web ブラウザにネットワークプリンタの IP アドレスを入力して、デ ル プ リ ン タ構 成 設 定 Web ツ ー ルを起動します。 2. [プ リ ン タ設 定]をクリックします。 3. [プ リ ン タ サ ー バ ー設 定]で、[TCP/IP]をクリックします。 4. IP ア ド レ ス、ネ ッ ト マ ス ク設定、ゲ ー ト ウ ェ イ設定を入力します。 5. [送 信]をクリックします。 6. ブラウザに新しい IP アドレスを入力して、デ ル プ リ ン タ構 成 設 定 Web
  • p. 123/145
    トワーク上の各プリンタの IP アドレスを入力するだけで、アセットタグ番号が表示されます。 デルプリンタ構成設定 Web ツールには、プリンタの設定を変更する機能や、印刷の傾向を記録する機能もあります。ネットワーク管理者の場合、Web ブラウザから、ネットワーク上の 1 台またはすべてのプリンタに簡単にプリンタの設定をコピーできます。 デルプリンタ構成設定 Web ツールを起動するには、Web ブラウザにネットワークプリンタの IP アドレスを入力します。 お使いのプリンタの IP アドレスがわからない場合は、ネットワーク設定ページを印刷します。このページに
  • p. 124/145
    E メール警 報セットアップ プリンタの消耗品交換や操作が必要になったら E メールを受信します。E メールリストボックスに、ご自身の名前またはキーオペレータの名前を入力します。 パスワードの設 定 操作パネルをパスワードでロックし、選択したプリンタ設定をユーザーが誤って変更しないようにします。 オンラインヘルプ プリンタのトラブルシューティングを行うには、[ヘ ル プ]をクリックしてデルのホームページにアクセスします。 メ モ: この機能を使用するには、ネットワーク管理者である必要があります。
  • p. 125/145
    トラブルシューティング プリンタメッセージについて 応答のないプリンタのチェック 印刷に関する問題の解決 オプションに関する問題の解決 給紙に関する問題の解決 印刷品質に関する問題の解決 プリンタメッセージについて プリンタには、状況メッセージ、アテンダンスメッセージ、サービスメッセージの 3 種類のメッセージが表示されます。状況メッセージには、プリンタの現状を伝える情報が表示されます。ユーザーは、特に対応する必要がありません。アテンダンスメッセージは、ユーザーが対応する必要があるプリンタ関連の問題を通知します。サービスメッセージも、対応する必要がある問題を通知します。ただし、プリンタでは印刷が停止され、既に発生したエラーは回復できません。プリンタの電源をオフにし、再び電源を入れると、サービスメッセージのエラー状態から一時的に回復できる場合があります。プリンタメッセージの詳細については、
  • p. 126/145
    ¡ プリンタで適切なプリンタドライバを使用していることを確認します。 ¡ USB ポートを使用している場合は、Windows XP Professional x64、Windows XP、Windows Server 2003、Windows 2000、または Windows 98/Me が稼動しており、Windows XP、Windows Server 2003、Windows 2000、または Windows 98/Me と互換性があるプリンタドライバを使用していることを確認します。 l プリントサーバーが正しくセットアップされていないか、正しく接続されていません。
  • p. 127/145
    オプションに関する問題の解決 取り付けたオプションが正しく動作しない。または今まで動作していたオプションが動かなくなった。 l プリンタの電源をオフにしたあと、10 秒ほど待ってからプリンタの電源を再び入れてください。この操作で問題が解決されない場合、プリンタの電源コードを抜いて、オプションとプリンタの間の接続状態を確認します。 l メニュー設定ページを印刷して、取り付け済みのオプションの一覧にオプションが表示されているかどうかを確認します。オプションが表示されていない場合は、一度オプションを取り外して、再び取り付けてください(⇒「
  • p. 128/145
    印刷品質に関する問題の解決 以下の表に、印刷品質に関する問題を解決する方法を示します。ここに示す方法で問題が解決しない場合は、サービス担当者にお問い合わせください。調整や交換が必要な部品がある可能性があります。 [設 定]を押していません。または、破れた紙がまだプリンタ内に残っています。プリンタ内から完全に紙を取り除き、[設 定]ボタン を押します(⇒「 紙詰まりの除去 」)。 紙 詰ま り を解 決したあと、 問 題が発生し た ペ ー ジ が印 刷さ れ な い。 [セ ッ ト ア ッ プ]メニューの[紙づ
  • p. 129/145
    ジ ョ ブ は印 刷されるが、 上 部と左 右の マ ー ジ ン が正しくない。 l [用 紙]メニューの[用 紙サ イ ズ]が正しいことを確認します。 l ソフトウェアアプリケーションでマージンが正しく設定されていることを確認します。 ペ ー ジ に ゴ ー ス ト が現れ る。 l [用 紙]メニューの[用 紙の種 類]が正しいことを確認します。 l 感光体キットを交換します。 背 景が灰 色に な る。 l [ト ナ ー の濃さ]が必要以上に濃い設定になっています。[品 質]メニューで[ト ナ ー
  • p. 130/145
    オプションのワイヤレスカードのインストール方法 セットアップの最小必要条件 ワイヤレスネットワークの設定 オプションのワイヤレスカードのインストール方法 オプションのワイヤレスカードの設定(Windows) オプションのワイヤレスカードの設定(Macintosh) セットアップの最小必要条件 l Dell 5210/5310 ワイヤレスオプションカード l Dell Laser Printer 5210n/5310n l 既存のワイヤレスネットワーク l プリンタ付属の Drivers and Utilities
  • p. 131/145
    ワイヤレスカードを取り付けるには: 1. 側面ドアを開きます。 2. システム基板上にあるカードコネクタを見つけます。 3. ネジを外して、カバープレートを取り、別の場所に置いておきます。 4. メモリカードを包装から取り出します。包装材は保管しておきます。 5. システム基板上のコネクタとカードの位置を合わせ、システム基板コネクタにはまるようにカードを押し込みます。 6. カバープレートのネジ(またはカードに同梱されていた予備のネジ)を挿入します。 7. ネジを締めてカードを固定します。 注 意 :
  • p. 132/145
    8. アンテナをオプションカードに取り付けます。 コネクタを締めて、アンテナをしっかり接続します。この接続が緩いと、ワイヤレス通信の信号が不安定になる可能性があります。 9. 接合部を壊さないように注意して、アンテナの向きを調整します。 10. 側面ドアを閉じます。 11. 電源コードを接続して、プリンタの電源を入れます。
  • p. 133/145
    オプションのワイヤレスカードの設定(Windows) 設 定の概要 プリンタに内蔵ワイヤレスプリントサーバーをインストールしたら、ワイヤレスネットワークに対して、2 つの方法でプリントサーバーを設定できます。プリントサーバーは、ワイヤレス設定ユーティリティを使用して設定するか、手動で設定します。 ワイヤレス設定ユーティリティを使用してプリントサーバーを設定する場合、内蔵ワイヤレスプリントサーバーをインストールしたプリンタとコンピュータを USB ケーブルで接続して、Drivers and Utilities
  • p. 134/145
    コ ン ピ ュ ー タ で見つかったワイヤレス設 定 l 既存のワイヤレス設定がコンピュータで見つかった場合、一覧から適切なネ ッ ト ワ ー ク名 (SSID)を選択して、[次へ]をクリックし、 手順 2 に進みます。 l 一覧に適切なネットワーク名がない場合、[別の設 定を入 力す る]を選択して、[次へ]をクリックし、 領域で使用可能なワイヤレスネットワーク に進みます。 領 域で使 用 可 能なワイヤレスネットワーク l コンピュータで既存のワイヤレス設定が見つからない場合、設定ユーティリティは、使用可能なワイヤレスネットワークをスキャンします。一覧から適切なネ
  • p. 135/145
    l ユーティリティの標準のスタートアップモードとして、[ウィザードモード]または[アドバンスモード]を選択します。 l ワイヤレス通信の確認プロセスを省略するには、[プリントサーバーがネットワークに接続できることを確 認し な い]チェックボックスをオンにします。この確認プロセスは、最大 120 秒かかる場合があります。プリンタまたは設定しているコンピュータではすぐに使用できないネットワークに対してプリントサーバーを設定している場合、あるいは単純にプリンタとのワイヤレス通信を確認しない場合、このチェックボックスをオンにして手順
  • p. 136/145
    l [EAP-TLS]を認証方式として選択した場合: a. 802.1x - RADIUS 認証サーバーに対して適切なユーザー名を入力します。 b. [署 名済み証 明 書の イ ン ス ト ー ル]をクリックします。 c. 適切な署名済み証明書へのパスを入力します。あるいは、[参照]をクリックして証明書を選択します。証明書をインストールするには[ OK]をクリックし、操作をキャンセルするには[キ ャ ン セ ル]をクリックします。 d. [ CA 証 明 書の イ ン ス ト ー ル]をクリックします。
  • p. 137/145
    a. プリンタの電源がオンになっていることを確認します。 b. 操作パネルで[メ ニ ュ ー]ボタン を押します。 c. [レ ポ ー ト]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 d. [ネ ッ ト ワ ー ク設 定ペ ー ジ]の横に が表示されるまで下矢印ボタン を押してから、[設 定]ボタン を押します。 e. ネットワーク設定ページの最初の項目で、ス テ ー タ スが「接続済み」になっていることを確認します。 ス テ ー タ スが「接続済み」になっていない場合は、LAN
  • p. 138/145
    6. Web ブラウザを開き、URL としてプリントサーバーの IP アドレスを指定して、内蔵 Web ページにアクセスします。 7. Web ページの左側にある[設 定]をクリックします。 8. [その他の設定]で、[ネ ッ ト ワ ー ク/ポ ー ト]をクリックします。 9. [ネットワーク/ポート]で、[ワイヤレス]をクリックします。 10. プリンタで使用するワイヤレスネットワークに一致するように、表示された以下のネットワーク設定を変更します。 l SSID l BSS の種類 l チャンネル番号(アドホックのみ)
  • p. 139/145
    プリントサーバーの設定が完了したら、Drivers and Utilities CD を挿入します。[ネットワークインストール:ネ ッ ト ワ ー ク上でこのプリンタを使 用するためのインストール]をクリックします(⇒「 ネットワーク印刷用ドライバのインストール方法 」)。 追 加のネットワークコンピュータにネットワークプリンタをインストールする ネットワーク上の複数のコンピュータでネットワークプリンタを共有する場合、プリンタにアクセスするコンピュータごとに、 ネットワーク上でのプリンタのインストール
  • p. 140/145
    l チャンネル番号(アドホックネットワークのみ) l ワイヤレスセキュリティモード l 認証モード(使用可能な場合) SSID には、ネットワークで使用されている名前を正確に入力する必要があります。SSID では大文字と小文字が区別されます。したがって、SSID の入力が不適切な場合、プリントサーバーはネットワークと通信することができません。 10. 「送 信」をクリックします。 11. プリントサーバーが再設定されるまで、10 秒ほどお待ちください。 12. 「アプリケーション」フォルダで「イ ン タ
  • p. 141/145
    ワイヤレスプリントサーバーの設 定の変更 ワイヤレスプリントサーバーで設定を変更する最も簡単な方法は、内蔵 Web サーバーを使用する方法です。この操作を実行するには、プリンタがネットワーク上で正しくインストールされている必要があります。 1. Safari Web ブラウザを開き、「ブックマーク」メニューから「す べ て の ブ ッ ク マ ー ク を表 示」を選択します。 2. ウィンドウの左側にある「コレクション」列で「ラ ン デ ブ ー」または「ボ ン ジ ュ ー ル」を選択します。 3. 右側の列で、プリンタのブックマークをダブルクリックします。
  • p. 142/145
    Regulatory Notices for Wireless Option Operational Information Wireless interoperability The Dell 5210 / 5310 Wireless Option is designed to be interoperable with any wireless LAN product that is based on direct sequence spread spectrum (DSSS) radio technology
  • p. 143/145
    High power radars are allocated as primary users of the 5.25 GHz to 5.35 GHz and 5.65 GHz to 5.85 GHz bands. These radar stations can cause interference with this device, or can cause damage to this device, or both. Interference Statement These devices comply
  • p. 144/145
    Dell Inc déclare que l'option Sans fil Dell 5210 / 5310 décrite dans ce manuel d'utilisation répond aux principales exigences et aux autres dispositions respectives de la Directive européenne 1999/5/CE. Hiermit erklärt Dell Inc, dass die Dell 5210/5310 -WLAN-Optionskarte
  • p. 145/145
    It is important to ensure that you only use your radio device in countries where the device is approved for use. To determine whether you are allowed to use your wireless network device in a specific country, please check to see if the radio type number
 
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.