オーナーマニュアル Bosch - D-TECT 150CNT

background image

● 本取扱説明書に記載されている、 日本仕様の能力 ・ 型番などは、 外国語の印刷物とは異なる場合があります。
● 本製品は改良のため、 予告なく仕様等を変更する場合があります。
● 製品のカタログ請求、 その他ご不明な点がありましたら、 お買い求めになった販売店または弊社までお問い合わせください。

取扱説明書

このたびは、 コンクリート探知機をお買い求めいただき、 誠にありがとうご
ざいます。
● ご使用になる前に、 この 『取扱説明書』 をよくお読みになり、 正しくお

使いください。

● お読みになった後は、 この 『取扱説明書』 を大切に保管してください。

わからないことが起きたときは、 必ず読み返してください。

* 携帯電話からお掛けのお客様は、 TEL. 03-5485-6161

をご利用ください。 コールセンターフリーダイヤルのご利
用はできませんのでご了承ください。

( 土 ・ 日 ・ 祝日を除く、 午前 9 : 00~午後 6 : 00)

ホームページ : http://www.bosch.co.jp

〒150-8360  東京都渋谷区渋谷 3-6-7

電動工具事業部

コールセンターフリーダイヤル

コンクリート探知機
D-TECT 150 CNT

1 609 929 X00 (10.05)

1 609 929 X00

00-1 D-TECT150(改02) 表紙.ai 2011/01/18 14:13:42

00-1 D-TECT150(改02) 表紙.ai 2011/01/18 14:13:42

次へ

目次

  • p. 1/33
    ● 本取扱説明書に記載されている、 日本仕様の能力 ・ 型番などは、 外国語の印刷物とは異なる場合があります。● 本製品は改良のため、 予告なく仕様等を変更する場合があります。● 製品のカタログ請求、 その他ご不明な点がありましたら、 お買い求めになった販売店または弊社までお問い合わせください。 取扱説明書 このたびは、 コンクリート探知機をお買い求めいただき、 誠にありがとうございます。● ご使用になる前に、 この 『取扱説明書』 をよくお読みになり、 正しくお 使いください。 ● お読みになった後は、
  • p. 2/33
    00-2 D-TECT150(改 02) 目次 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 14 分 1 使用上のご注意 使用上のご注意 ···································· 2 本製品について 用 途 ············································ 4 各部の名称 ········································ 4 仕 様 ············································
  • p. 3/33
    01 D-TECT150(改 02) 安全編 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 2 1. ご使用前に、この『取扱説明書』よくお読みのうえ、指示に従 って正しく使用してください。 2. お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られるとこ ろに、必ず保管してください。 3. 他の人に貸し出す場合は、いっしょに取扱説明書もお渡しくだ さい。 4. 正確な探知を行うために、センサー探知面にステッカーを貼っ たり、金属製のネームプレートを取り付けたりしないでください。 5. 使用前には、必ず本体を点検してください。
  • p. 4/33
    01 D-TECT150(改 02) 安全編 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 3 10. 探知精度および探知能力は、強い磁場や電磁場を発生する他の 器具の付近や、湿度・金属構造物・金属箔を施した絶縁体、あるいは伝導性の壁紙・タイルなど周りの状況に影響される場合があります。壁・天井・床面を穿孔、切削する前に、必ず本体以外の情報(建物図面など)も参照してください。 11. 使用環境の温度や湿度が急激に大きく変化すると、探知精度お よび探知能力が低くなる場合があります。 この取扱説明書は、大切に保管してください。
  • p. 5/33
    02 D-TECT150(改 02) 本製品について 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 4 用 途 ◆ コンクリートに埋設された鉄筋、プラスチックパイプ、配線および壁裏の 木材などの探知 ◆ 穴あけ位置、深さの選定 各部の名称 本体 ◆イラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。
  • p. 6/33
    02 D-TECT150(改 02) 本製品について 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 5 ディスプレイ ◆イラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。 ディスプレイの表示 センサー探知面の先に対象物があるときには、本体探知領域(n)に表示されます。 対象物の近い表面から壁面までの深さが対象物までの深さ(a)に表示されます。 対象物材質(l)と対象物までの深さ(a)に表示されるのは、本体探知領域(n) に黒で表示された対象物の表示です。 対象物材質(l)の表示 金属で帯磁するもの(鉄筋など)
  • p. 7/33
    02 D-TECT150(改 02) 本製品について 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 6 通電線表示(m)の表示 通電 通電した対象物についてはそれ以外の特徴は表示されません。 通電中かそうでないか不明 三相交流電線は通電した導線と認識されない場合があります。 仕 様 型 番 D-TECT 150 CNT 探知対象物の中心における探知精度 (下図のa) ±5 mm (注) 探知対象物までの深さ精度(下図のb) 乾燥したコンクリート 打設後6か月以上経過している コンクリートが目安となります
  • p. 8/33
    02 D-TECT150(改 02) 本製品について 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 7 探知できる対象物 各種金属 (鉄、ステンレス、銅、アルミニウムなど) プラスチックパイプ (内径 10 ㎜以上の水の入ったパイプ、 内径 20 ㎜以上の空洞のパイプ) 電線 (非通電状態でも探知可) 三相交流電線 (電磁コンロ用など) 低電圧配線 (インターフォン、電話など) 空洞部分(ジャンカなど) 木材 探知できる構造物 コンクリート 強化コンクリート レンガ・ブロック・ALC 木材や石膏のボード
  • p. 9/33
    02 D-TECT150(改 02) 本製品について 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 8 標準付属品 キャリングバッグ ◆イラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。
  • p. 10/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 9 作業前の準備をする 電池をセットする ディスプレイ⑫の電池残量(c)で、電池の残量を確認することができます。 電池残量が少なくなっているときは、早めに電池を交換してください。 1. 電池カバー⑥を矢印の方向に引 いて取り外します。 2. 右図のように電池の奥側を押し て手前側を持ち上げ、電池を外します。 3. プラス(+)極・マイナス(-) 極の向きを電池収納部内のマークに合わせて、電池をセットします。
  • p. 11/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 10 電源の“入” “切” 入:「電源ボタン④」または「スタートボタン⑧」を押します。 LEDライト⑬が緑に点灯し、ディスプレイ⑫にスタート画面が表示されます。 切:「電源ボタン④」を押します。 シグナル音を設定する 「シグナル音ボタン⑪」を押すと、シグナル音の“入” “切”が選択できます。 押すたびに、 “入” “切”が切り替わります。 :シグナル音が鳴ります。 :シグナル音が鳴りません。
  • p. 12/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 11 各種設定を変更する 表示言語、自動スイッチオフ、バックライト点灯時間など、各種の設定が変更できます。 表示言語設定 ディスプレイの表示言語を、日本語と英語から選択できます。 工場出荷時は“日本語”に設定されています。 1. 「セットアップボタン⑩」を押します。 設定画面が表示されます。 2. “言語”にカーソルが合っていることを確認します。 合っていないときは、「セットアップボタン⑩」を繰り返し押して“言語”にカーソルを合わせます。
  • p. 13/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 12 3. 「選択ボタン(次へ)⑤」または「選択ボタン(前へ)⑨」を押して、設 定したい時間を選択します。 押すたびに時間が変わります。 設定時間は、“1分”“2分”“5分”“10 分”“設定しない”から選択できます。 4. 「スタートボタン⑧」を押します。 設定が保存され、標準画面に戻ります。 バックライト点灯時間設定 ディスプレイ⑫のバックライトが点灯している時間を設定します。 工場出荷時は“30
  • p. 14/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 13 3. 「選択ボタン(次へ)⑤」または「選択ボタン(前へ)⑨」を押して、設 定したい明るさを選択します。 押すたびに明るさが変わります。 設定は、“最大”“最小”“中間”から選択できます。 4. 「スタートボタン⑧」を押します。 設定が保存され、標準画面に戻ります。 シグナル音設定 シグナル音の鳴る場面を設定します。 シグナル音が“切”になっているときは、設定できません。 工場出荷時は“対象物”に設定されています。
  • p. 15/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 14 ディスプレイの表示を変更する どの探知モードからもディスプレイの表示を変更できます。 「選択ボタン(次へ)⑤」または「選択ボタン(前へ)⑨」を長押しすると、標準画面から探知距離画面に切り替わります。 標準画面に戻るには、「選択ボタン(次へ)⑤」または「選択ボタン(前へ)⑨」を短く押します。 例) 下図では、同じ状況を標準画面と探知距離画面で示しています。 図中では、一定の間隔で3つの対象物が配置されています。
  • p. 16/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 15 初期モードを設定する 本体に電源を入れた直後の探知モードを設定できます。 工場出荷時は“コンクリート①”に設定されています。 現在選択されているモードは、ディスプレイ⑫の探知モード表示(i)に表示されています。 1. 「セットアップボタン⑩」を押します。 設定画面が表示されます。 2. 「セットアップボタン⑩」を繰り返し押して、“初期モード”にカー ソルを合わせます。 3. 「選択ボタン(次へ)⑤」または「選択ボタン(前へ)⑨」を押して、探
  • p. 17/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 16 作業する 正確な探知を行うために、センサー探知面にステッカーを貼ったり、金属製の ネームプレートを取り付けたりしないでください。 打設後1か月未満のコンクリートでは、探知できません。 以下のような状況によっては、適切に探知できない場合があります。 ◆ 近くに無線 LAN などの通信システム、レーダー、アンテナ、電子レン ジ、無線基地局や発電機などがある場合、探知できないことがあります。 ◆
  • p. 18/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 17 センサー探知面⑭と探知対象面を確認する センサー探知面⑭と探知対象面がぬれていないか確認します。 センサー探知面⑭がぬれているときは、乾いた布でふいてください。 電源を入れる センサー探知面⑭の周囲 50cm に何もない場所で、 「電源ボタン④」または「ス タートボタン⑧」を押します。 LEDライト⑬が緑に点灯し、ディスプレイ⑫にスタート画面が表示されます。 ディスプレイ⑫の電池残量(c)で、電
  • p. 19/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 18 コンクリート①モード(最大探知深さ 8cm ) レンガやコンクリートの中の対象物を探知します。 鉄筋、電気配線、プラスチック管、金属の対象物が表示されます。 ブロック・レンガ壁内部の空洞や、内径 2cm 以下の空洞プラスチック管は表示されない場合があります。 コンクリート②モード(最大探知深さ 15cm ) コンクリートの中の対象物を探知します。 鉄筋、電気配線、プラスチック管、金属などが表示されます。
  • p. 20/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 19 ダイレクトモード(最大探知深さ 15cm ) 探知対象面の対象物すべてが、探知信号の強度で表示されます。 複合材質の構造物をよりはっきりと確認するためには、このモードが適しています。 探知モード表示(i)の上、目盛り表示のなかにU字型で曲線の頂点が示されます。 対象物の深さと材質は得られた範囲で表示されます。 信号の強度から対象物の深さは判断できません。 探知する 探知距離が 40cm 以上で、かつ探知対象面全域に渡って探知すると、より正確
  • p. 21/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 20 本体よりかなり大きな対象物は、本体の動く方向と平行でも探知できます。 探知対象面に複数の対象物が重なって存在する場合、表面に最も近い対象物が 表示されます。 あまりに多く対象物が表示される場合には、一本の補強鉄筋に沿って本体を動 かしてしまっている可能性があります。本体を数 cm ずらした上で、再度探知 してください。 探知中に本体が壁から離れたり、動作(本体を移動させたり、なんらかのボタ
  • p. 22/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 21 3. 一方向の端まで探知したら、開始位置まで戻ります。 4. 対象物の位置を特定する。 本体探知領域に対象物が見つかると、LED ライト⑬が赤になります。LED ライト⑬が緑のときは本体探知領域に対象物はありません。 LED ライト⑬が赤で点滅したときは、本体探知領域に通電した対象物が あります。 ディスプレイ⑫に探知結果が表示されます。 (表示例)
  • p. 23/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 22 5. 1 項~4 項で本体を動かした方向と垂直方向で同様に探知します。 6. 1 項~5 項を繰り返して対象物の位置を特定し、マーキング(27 ペー ジ「対象物の中心線をマーキングする」参照)します。 探知をやり直したり別のところを探知したりするときは、「スタートボタン⑧」を押すか、本体を壁から離します。 広範囲に渡って探知を行うことで、一定間隔で存在する複数の対象物(鉄筋など)と単独で存在する対象物(配電線など)を区別することが可能となります。
  • p. 24/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 23 帯磁する鉄筋などが埋設されている 帯磁する対象物(鉄筋など)が本体探知領域にあります。 本体探知領域外にも左右に別の対象物があります。 対象物までの深さは 8.8cm。 対象物を探知するとシグナル音が連続的に鳴ります。 金属で帯磁していないもの(銅管など)が埋設されている 金属で帯磁していないもの(銅管など)が本体探知領域にあります。 対象物までの深さは 4cm。 対象物を探知するとシグナル音が連続的に鳴ります。
  • p. 25/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 24 非金属(木材やプラスチックなど)が埋設されている 非金属(木材やプラスチックなど)が表面近くの本体探知領域にあります。 対象物を探知するとシグナル音が連続的に鳴ります。 幅のある金属が埋設されている 金属で幅のある対象物(金属板など)が本体探知領域にあります。 対象物までの深さは 2cm。 対象物を探知するとシグナル音が連続的に鳴ります。
  • p. 26/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 25 たくさんの不明な信号 画面にたくさんの対象物が表示された場合、壁内部に空洞がたくさんある可能性があります。 空洞を感知しないように「金属」モードに切り替えてください。 それでも多くの対象物が表示される場合は、探知位置を本体の上下方向に変えて何度か探知し、対象物を探知した壁に印をつけます。 効率よく探知するには 対象物が棒状・線状で、垂直に埋設されていると想定できる場合は、本体の水平移動を、高さを変えながら複数回繰り返します。
  • p. 27/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 26 対象物が棒状・線状で、水平に埋設されていると想定できる場合は、本体の垂直移動を、横にずらしながら複数回繰り返します。 対象物がネジなど点状であると想定できる場合は、水平・垂直の両方向に本体を動かして、対象物の位置を特定します。
  • p. 28/33
    03 D-TECT150(改 02) 使い方 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 15 分 27 対象物の中心線をマーキングする 本体が探知しているのは、センサー探知面の中心です。 本体の側面を利用してマーキングする ディスプレイ⑫の両端線(g)が、探知された対象物の中心線にぴったり合うように、本体を移動させます。 左右中心線③を利用して、探知対象面にマーキングします。 中心線①を利用してマーキングする ディスプレイ⑫の中心線(k)が、探知された対象物の中心線にぴったり合うように、本体を移動させます。
  • p. 29/33
    04 D-TECT150(改 02) 困ったときは 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 16 分 28 故障かな?と思ったら ① 『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。 ② 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。 症 状 原 因 対 処 電源が入らない 電池が完全に消耗しているか、取り付けられていない 電池が確実に取り付けられていないか、+・-極の向きが間違っている 新しい電池を取り付ける 電池を正しく取り付ける ディスプレイ⑫の表示が黒くて、読めない 直射日光などが当たり、本体が高温になっている
  • p. 30/33
    04 D-TECT150(改 02) 困ったときは 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 16 分 29 アラーム表示 原 因 対 処 ホイールが滑っています ホ イ ー ル ② が 探 知 対 象 面 か ら 浮 い た ま ま 探 知が行われたか、真っすぐに 動 か さ な い で 探 知 が行われた ホ イ ー ル ② が 汚 れ て いて、空転している 「スタートボタン⑧」を押し、4個のホイール②を探知対象面にぴったりくっつけ、真っすぐに動かして探知をやり直す ホイール②の汚れを取り除く
  • p. 31/33
    04 D-TECT150(改 02) 困ったときは 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 16 分 30 修理を依頼するときは ◆ 『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い 求めの販売店または弊社コールセンターフリーダイヤルまでお尋ねください。 ◆ 修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具 サービスセンターにご相談ください。 ◆ この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱 説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、お買い求めの販売店または、ボッシュ電動工具サービスセンターまでご連絡ください。
  • p. 32/33
    05 D-TECT150(改 02) お手入れと保管 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 16 分 31 クリーニング センサー探知面⑭などに付いたゴミ、ホコリを取り除く 乾いた、柔らかい布で本体の汚れ をふき取る 変色の原因になるベンジンなど、溶剤を使 わないでください。 保 管 使った後は、付属のキャリングバッグに入れ、きちんと保管す る ● 風雨にさらされたり、湿度の高いとこ ろに置かない。 ● 直射日光が当たったり、車中など高温 になるところに置かない。 ● 液漏れによる腐食から守るため、長期
  • p. 33/33
    06 D-TECT150(改 02) メモ 2011 年 1 月 18 日(火) 午後 2 時 16 分 MEMO
 
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.