インストラクションマニュアル Canon - XF300, XF305

background image

107

特殊記録

次の

4

種類の特殊記録を行うことができます。

インターバル記録:

あらかじめ設定した記録間隔とフレーム数で、間欠的に記録を行う。
自然や植物など動きの少ない被写体を撮影するときに有効。

フレーム記録:

あらかじめ設定したフレーム数分の映像を記録する。クレイアニメ
を撮影するときなどに有効。

スロー

&

ファーストモーション記録:

再生時と異なるフレームレートで記録することにより、再生時にス
ローモーションやファーストモーションの効果を得る。

プレ記録:

撮影開始時点の約

3

秒前から記録することで、撮影開始操作が遅れた

ときの撮り逃がしを防ぐ。

インターバル記録を行う

記録間隔と記録フレーム数をあらかじめ設定して撮影を行うと、間欠的に映像を自動記録できます。記録中、音声は記
録されません(ミュート)。なお、その他機能メニューの「ビットレート

/

解像度」が「

35 Mbps 1440

×

1080

」の場合、本機

能は使用できません。

設定する

1

a

その他機能メニュー

「インターバル記録」

「インターバル」を順に

選ぶ。

b

次のいずれかの時間を選ぶ

SET

を押す。

1

10 sec*

15 sec

20 sec

30 sec

40 sec

50 sec

1

10 min*

*

メニュー上、秒は「

sec

」、分は「

min

」と表示する。

2

a

その他機能メニュー

「インターバル記録」

「記録フレーム」を順に

選ぶ。

b

次のいずれかの記録フレーム数を選ぶ

SET

を押す。

60i

30P

1

3

6

9

60P

24P

2

6

12

3

a

その他機能メニュー

「特殊記録」を順に選ぶ。

b

「インターバル記録」を選ぶ

SET

を押す。

画面に「

INT STBY

INT

が点滅)が表示され、インターバル記録モード

になる。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.