インストラクションマニュアル Canon - XF300, XF305

background image

記録メディアを準備する

46

記録可能時間を確認する

カメラモードのときは、各スロットに入っている

CF

カードの記録可能時間(分単位)

*

と、選択されているスロットを画

面で確認できます(0

52

。メディアモードのときは、液晶表示パネルで確認できます(0

54

)。また、メディアステータ

ス画面(0

197

を表示すると、各カードの総容量、使用量、記録可能時間(

SD

カードの場合は静止画枚数)を確認できます。

*

記録可能時間は、現在設定しているビットレート(0

56

)を元に算出します。

CF

カードを修復する

記録中に停電する、記録中にカード取り出すなどの原因によって、

CF

カードに記録したデータに異常が発生することが

あります。このときは、

CF

カードを修復することによってカード内のデータを正常な状態に戻すことができます。修復

が必要な

CF

カードをスロットに入れると、修復するかどうかを確認するエラーメッセージが画面に表示されます。

1

CF A CF B

a

OK

」を選ぶ

SET

を押す。

CF

カードの修復が行われる。

修復が終了すると、「修復が終了しました。クリップを確認してください」が表示される。

b

SET

を押す。

10

秒未満のクリップは消去される。

クリップの末尾のデータが、最大約

10

秒間消去される。

修復を行っても正常な状態に戻らないことがあります。特に、ファイルシステム(

FAT32

)が壊れている

とき、またはカードが物理的に壊れているときは修復できません。

記録中、選択されていないスロットに、修復が必要な

CF

カードを入れたときも修復を行うことができ

ます。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.