インストラクションマニュアル Canon - XF300, XF305

background image

62

顔を検出してフォーカスを合わせる(顔優先

AF

AF

モード時、人物の顔を検出して自動的にピントを合わせ、被写体が動いても追尾します。複数の人物を検出したとき

は、主な被写体を自動的に決定し、その人物にピントを合わせます。アサインボタン(0

118

に「顔選択」を割り当てると、

主な被写体を選ぶことができます。

1

AF ON

a

カメラ設定メニュー

AF Mode

「顔優先

AF

」を順に選ぶ。

b

「入」を選ぶ

SET

を押す。

2

0

118

3

主な被写体と判断した顔に白い枠、その他の顔にグレーの枠が表示さ
れる。

複数の人物から特定の人を選ぶとき

操作

2

で「顔選択」を割り当てたアサインボタンを押して選ぶ。

人物以外の被写体を、誤って顔として検出することがあります。そのときは「顔優先

AF

」を「切」にして

ください。

顔が画面全体に対して極端に小さい、大きい、暗いまたは明るいとき。

顔が横や斜めを向いていたり、顔の一部が隠れたりしているとき。

AF

シャッタースピードを

1/30

秒未満にしているとき(フレームレートが

24P

のときは、

1/24

秒未満)。

スロー

&

ファーストモーション記録モードで、撮影フレームレートが

24P

未満のとき。

その他機能メニュー

Custom Function

」の「スキャンリバース記録」で映像を反転して記録しているとき。

撮影中、人物の顔を検出すると、そのときの映像(フレーム)に自動的にマークが付加されます(イベン
トマーク)。イベントマークが付加されたフレームは、ソフトウェア

Canon XF Utility

で確認することがで

きます。

アサインボタンに

「顔優先

AF

」を割り当てると、アサインボタンを押して入/切を切り換えられます

(0

118

)。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.