インストラクションマニュアル Canon - XF300, XF305

background image

シャッタースピードを調整する

70

スローシャッターを使うと、明るさが不足している場所で被写体を明るく撮影できます。また、動いている被
写体をパンするときに背景を流す、ズームに残像効果を加えるなどの特殊効果として使用することもできます。

通常の撮影に比べて画質が多少劣化することがあります。

オートフォーカスではピントが合いにくいことがあります。

アイリスを「オート」にしていると、晴天下などの明るい場所で撮影するときに絞りが自動的に絞られ、
小絞りによるボケが発生することがあります。この現象は、シャッタースピードを

1/100

秒以上の高

速にすることによって防止できます。

本機をフルオートモード(0

51

にすると、シャッタースピードはオートになります。

ゲインとアイリスがマニュアルで、シャッタースピードがオート以外のときは、画面に露出バーが表示さ
れ、露出調整の目安に使用できます(0

67

)。

本機の

SHUTTER

切り換えスイッチの位置に関わらず、リモートコントローラー

RC-V100

(別売)の

SHUTTER SELECT

ボタンでも、シャッタースピードのモードを切り換えられます。

フリッカーを抑える

蛍光灯のフリッカーを自動的に検知して補正します。

a

カメラ設定メニュー

「フリッカー低減」を順に選ぶ。

b

Automatic

」を選ぶ

SET

を押す。

蛍光灯、水銀灯、ハロゲンライトなどの人工光源の照明下で撮影する場合、設定したシャッタースピー
ドによっては、原理上フリッカーが出ることがあります。フリッカーは、電源の周波数に応じたシャッ
タースピードを設定すると抑制できることがあります。電源周波数が

50Hz

のときは

1/50

*

または

1/100

秒を、

60Hz

のときは

1/60

秒または

1/120

秒を選んでください。

*

フレームレートによっては選択できます。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.