インストラクションマニュアル Canon - XF300, XF305

background image

88

3

a

TC/UB

設定メニュー

Time Code

「設定」を順に選ぶ。

b

「セット」を選ぶ

SET

を押す。

タイムコードの設定画面が表示され、「時」の桁が選択される。

「リセット」を選び

SET

を押すと、タイムコードが「

00:00:00:00

」にリ

セットされる。「

Free Run

」を選んでいるときは、この時点からタイ

ムコードが歩進する。

設定を途中で中止するときは

CANCEL

を押す。

c

ジョイスティックを上下に押すか

SELECT

ダイヤルを回して数値を選ぶ

SET

を押す。

d

c

の操作を繰り返して、

「分」、

「秒」、

「フレーム」の数値を選ぶ

「セッ

ト」を選ぶ

SET

を押す。

Free Run

」を選んでいるときは、この時点で設定値のタイムコード

から歩進する。

ドロップフレーム/ノンドロップフレームを切り換える

ドロップフレーム(

DF

)またはノンドロップフレーム(

NDF

)を切り換えることができます。フレームレートが「

24P

」のと

きは

NDF

に固定されます。

a

TC/UB

設定メニュー

Time Code

DF/NDF

」を順に選ぶ。

b

DF

」または「

NDF

」を選ぶ

SET

を押す。

DF

NDF

で画面上のタイムコード表示が次のように異なる。

DF

のとき

00

00

00

00

NDF

のとき

00

00

00

00

タイムコードを保持する(タイムコードホールド)

アサインボタン(0

118

)に「

Time Code

ホールド」を割り当て、割り当てたアサインボタンを押すと画面に表示されるタイム

コードを保持できます

*

。タイムコード保持中は、画面に「

H

」が表示されるほか、液晶表示パネルに「

HOLD

」が表示され

ます。なお、保持中でもタイムコードは歩進し、保持を解除すると歩進していたタイムコードが表示されます。
* TIME CODE

端子(b)、

HD/SD SDI

端子(b)に出力されるタイムコードはホールドされません。その他の端子の出力映像に重

畳されるタイムコードはホールドされます。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.