PDFマニュアル HP - ProLiant DL388p Gen8サーバー, ProLiant ML350e Gen8サーバー, ProLiant BL460c Gen8サーバーブレード, VMware Virtualization Software, ProLiant DL380p Gen8サーバー, ProLiant SL230s Gen8サーバー, ProLiant SL4540 Gen8サーバー, ProLiant DL360e Gen8サーバー, ProLiant SL250s Gen8サーバー, ProLiant BL420c Gen8サーバーブレード, ProLiant ML350p Gen8サーバー, ProLiant DL360p Gen8サーバー, ProLiant BL660c Gen8サーバーブレード, Scripting Toolkit for Windows and Linux, ProLiant DL160 Gen8サーバー, ProLiant BL465c Gen8サーバーブレード, Intelligent Provisioning, ProLiant ML310e Gen8サーバー, ProLiant SL270s Gen8サーバー, ProLiant DL320e Gen8サーバー, ProLiant DL385p Gen8サーバー

background image

3 高度な方法について

Intelligent Provisioning アップデートミラーの作成のために提供されてい

るスクリプトの使用

Windows 環境では、HP が提供するスクリプトを使用して Intelligent Provisioning のアップデー
トミラーレポジトリにファームウェアやソフトウェアを自動で格納できます。このミラーを作
成する場合は、SPP で配布されるソフトウェアとファームウェアをローカルネットワーク内の
サーバーにアップロードします。アップロード後、ネットワーク内部のサーバーを更新する際
に、サーバーは HP の Web サイトではなくローカルサーバー上のファームウェアやソフトウェ
アにアクセスできるようになるため、サーバーの更新にかかる時間を大幅に短縮できます。

このスクリプトは、hp-ipcli を使用してプロセスを自動化します。
1.

スクリプトは、HP の FTP サイト

ftp://ftp.hp.com/pub/softlib2/software1/pubsw-windows/

p1031186752/v85390

から入手します。

2.

プロキシサーバーが必要な場合は、次のコマンドを入力します。

> set http_proxy=http://myproxyserver:myproxyport

3.

ファイルの同期を取ります。HP の Web サイトからご使用の Web サーバーにファイルを
コピーしてください。

> hp-ipcli.exe ipsync C:\inetpub\ftproot\ipupdates ftp://iisserver/ipupdates

4.

作業が完了したら、ftp://iisserver/ipupdates にアクセスして、[Intelligent
Provisioning 環境設定] にアクセスします。

Intelligent Provisioning アップデートミラーの作成

Intelligent Provisioning アップデートミラーを使用して、SPP によって提供されるソフトウェア
およびファームウェアに、ローカルネットワーク内のサーバーからアクセスすることにより、
更新速度が向上します。

注記:

この方法は、完全な SPP を使用する場合のみ有効です。SPP にコンポーネントを追加/

削除した場合は、SPP のインストールには HP SUM を使用してください。詳しくは、HP の
Web サイトにある『HP Service Pack for ProLiant ユーザーガイド』を参照してください。

http://www.hp.com/jp/spp_doc

アップデートミラーには、FTP または HTTP 経由でファイルを提供できる任意のオペレーティ
ングシステムを搭載するサーバー上で動作する Web サーバーが必要です。
SPP 用の Intelligent Provisioning アップデートミラーを作成するには、以下の手順に従ってくだ
さい。

1.

SPP をダウンロードし、ファイルを Web サーバーにコピーします。
a.

HP の Web サイトから .iso ファイルをダウンロードします。

http://www.hp.com/jp/spp_dl

b.

SPP ISO をマウントし、コンテンツを Web サーバーにコピーします。次の例では、
UNIX コマンドが使用されており、Web サーバーが /srv/www/spp-version1 から
ファイルを提供することが前提となっています。Windows の場合は、ユーティリティ
を使用して ISO をマウントし、Windows エクスプローラーを使用してファイルをコ
ピーすることができます。

# mkdir -p sppmount
# mount -o loop SPP2011.09.0.iso sppmount
# mkdir -p /srv/www/spp-version1
# cp -r ./sppmount/. /srv/www/spp-version1
# umount sppmount
# rmdir sppmount

Intelligent Provisioning アップデートミラーの作成のために提供されているスクリプトの使用

53

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.