オーナーマニュアル HP - Instant Capacity

background image

Instant Capacity ソフトウェア

Instant Capacity ソフトウェアには、次の機能があります。

システムの処理能力の増強や削減 (負荷バランス) (icapmodify コマンド)

システム構成要素のステータスおよび構成の表示 (icapstatus コマンド)

システムの識別情報と通知情報の管理 (icapmodify コマンド)

暗号化 E メールによる、当社へのシステム資産レポートの送信 (HP-UX では icapd デー
モン、OpenVMS では ICAP_SERVER プロセス)

暗号化 E メールによる、特定のシステム担当者への構成変更通知の送信

システムの適合状況についての監視と報告 (HP-UX では icapd デーモン、OpenVMS で
は ICAP_SERVER プロセス)

Global Instant Capacity グループの管理 (icapmanage コマンド)

HP-UX 上でのこれらのコマンドについての詳細は、

「Instant Capacity マンページ」 (151 ペー

ジ)

を参照してください。 OpenVMS における同等のコマンドについての詳細は、

「DCL コマ

ンド」 (220 ページ)

を参照してください。

Utility Pricing ソリューションの Web ポータル

Utility Pricing ソリューション (または Instant Capacity) の Web ポータルは、当社の Web サ
イトにあります。

http://www.hp.com/go/icap/portal

使用権が付与されていない構成要素を購入すると、Utility Pricing ソリューションの Web ポー
タルから Right to Use (RTU) コードワードを入手する方法を記載した書面が当社から送付され
ます。

Instant Capacity 管理システム

資産レポートを設定すると、icapd デーモンは、暗号化された E メールで、資産レポートを
Instant Capacity 管理システムに送信します。 Instant Capacity 管理システムは、この情報を
Instant Capacity データベースに保存します。

Instant Capacity データベース

Instant Capacity データベースは、システムの適合状況をトラッキングし、コードワード生成
のための情報を提供する HP サーバー上のリポジトリです。

その他のシステム管理コマンド

その他のシステム管理コマンド (HP-UX 上での vparmodify、nPartitions コマンド、Patrition
Manager など) には、Instant Capacity の契約基準の適合状況に影響を及ぼすシステム設定を
変更するインタフェースが用意されています。

30

Instant Capacity の概要

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.