オーナーマニュアル HP - Instant Capacity

background image

コアの使用停止

nPartitions 内のコアを使用停止する方法

Instant Capacity ソフトウェアを使用すると、(サーバー上に十分な使用権があり、すべてのコ
アが同時に使用開始状態にできる場合でも)HP エンタープライズサーバーの処理能力を即座に
減らすことができます。 下記に記載されているパーティションの制約内で、任意の数の使用
開始コアをいつでも使用停止できます。 コアの使用停止は、Instant Capacity システムの
nPartitions (ハードパーティション) でのコアの負荷バランスに役立つことがあります。 仮想
パーティションにおけるコアの使用停止についての詳細は、

「Instant Capacity と仮想パーティ

ションの統合 (HP-UX のみ)」 (201 ページ)

を参照してください。

ソフトウェアには、2 種類のコア使用停止方法があります。

即時 (icapmodify コマンドのデフォルト動作) — 直ちに使用停止されます。

遅延 (icapmodify コマンドの-D オプション) — パーティションの次回のリブート時に
使用停止されます。

コアの即時使用停止は、icapmodify コマンドを-d オプションとともに使い、-D オプショ
ンを指定しなかった場合に行われます。

重要: OpenVMS iCAP システムでは、ICAP SET コマンド (HP-UX の icapmodify コマン
ドに相当) を使ってコアを使用停止することを強くお勧めします。 STOP CPU コマンドを
iCAP システムで使うと、Instant Capacity の調停トランザクションが要求されたときに、コア
が再度使用開始されるなど、予期しない結果となることがあります。

コアの遅延使用停止は、icapmodify コマンドに-D オプションと-d オプションを指定した
場合に行われます。 遅延オプション (-D) を指定すると、コアの使用停止は、パーティション
のリブート後となります。 リブート (およびコアの使用停止) のスケジュールを設定すること
で、計画どおりの時間に実行させることができます。 たとえば、遅延使用停止モードでコア
を使用停止し、パーティションのリブートスケジュールを翌月の 1 日にすると、コアはその
日に使用停止されます。

遅延使用停止の場合は、使用開始状態のコアの数が即座には減らされないため、適合チェッ
クへの影響はありません。

1 個以上の使用開始状態のコアを使用停止するには、root として icapmodify コマンドを
実行します。 詳細は、HP-UX の

icapmodify(1M)

のマンページを参照してください。

注記: Instant Capacity は、コアを使用停止することにより使用権を生成する前に、まず未使
用の処理能力から使用権を生成します。

パーティションの制約

nPartitions には、使用開始状態のセルごとに少なくとも 1 つの使用開始状態のコアが必要で
す。 コアの使用停止は、この規則によって制限されます。 仮想パーティションに使用停止が
適用されると、仮想パーティションに対して指定される最小コア数などのように、追加の制
約が適用される場合があります。

コアの使用停止

69

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.