オーナーマニュアル HP - Instant Capacity

background image

遅延使用開始/遅延使用停止の訂正

注記: ここではコアの使用開始についてだけ説明しますが、コアの使用停止についても同じ
説明が当てはまります。

icapmodify

コマンドで-D オプションを指定し、コアの遅延使用開始を設定した後、指定し

た数の使用開始コアが必要でなくなったときには、遅延開始モードまたは即時開始モードの
icapmodify

操作を実行することで、(保留されている) 遅延使用開始を訂正することができ

ます。 この 2 回目の操作で、先に実行した使用開始は取り消されます。
遅延使用開始の訂正を必要とする状況には次の 2 通りがあります。

指定した遅延使用開始コアの数が正しくないので、システムのリブート時に訂正される
ようにしたい。

遅延動作を誤って設定したので、取り消したい。

次の 2 つの例は、このような状況を解決する方法を示しています。

遅延使用開始/遅延使用停止の訂正

71

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.