オーナーマニュアル HP - Instant Capacity

background image

使用開始コアの負荷分散

ハードパーティション対応のシステムでは、パーティション内に使用停止状態のコアがあれ
ば、任意またはすべてのパーティション間で、使用開始状態のコアを配分し直すことができ
ます。

たとえば、次の 2 つのパーティションからなるシステムがあるとします。

パーティション 1 には、使用開始コアが 5 つあり、使用停止状態のコアが 3 つありま
す。

パーティション 2 には、使用開始コアが 8 つあり、使用停止状態のコアが 0 つありま
す。

パーティション 1 ではアプリケーションの処理負荷が高くなり、パーティション 2 では使
用開始コアの処理能力に余力があるとします。 このような場合には、より多くの処理能力を
前者のパーティションに割り当てる必要があります。

パーティション 2 で使用開始コアを 1 つ使用停止すると、このパーティション内の使用開始
コアの数は 1 つ少なくなります。 またパーティション 1 のコアの 1 つを使用開始すると、
このパーティションの使用開始コアの数が 1 つ増えます。 コンプレックス内の使用開始コア
の総数は、結果的には変化しません。

重要: 基準に適合するには、使用停止操作を先に実行することが重要です。

上記の操作の結果、各パーティションは次のようになります。

パーティション 1 には、使用開始コアが 6 つ、使用停止状態のコアが 2 つあります。

パーティション 2 には、使用開始コアが 7 つ、使用停止状態のコアが 1 つあります。

使用開始コアの再配分は、基準への適合に影響を与えますか?

いいえ。 コンプレックス全体での使用可能コアの数を変更していないので、再配分の前に適
合条件を満たしていれば、再配分後も満たしています。 負荷分散を行う際には、すべての HP
ソフトウェアおよびサードパーティー製ソフトウェアに対し、適切なライセンスがあること
を確認してください。

使用開始コアの負荷分散

73

前へ 次へ
 

© 2012–2017, manyuaru.com
All rights reserved.