PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Global Instant Capacity
Global Instant Capacity の概要

7

108

Global Instant Capacity の概要

Global Instant Capacity または GiCAP は、サーバーグループ内で Instant Capacity 構成要素
の使用権 (RTU) を移動できる柔軟性を提供します。また、“ プールされた ”temporary capacity
をグループ全体に提供します。これにより、より費用対効果に優れた可用性、調整可能な負荷バ
ランス、効率的で簡単な temporary capacity の使用を実現します。GiCAP グループは、

icapmanage

コマンドを使用して管理します。

GiCAP は、OpenVMS 8.3 の初期リリースでは利用できません。

GiCAP には以下の利点があります。

費用対効果に優れた可用性。計画的または予定外のダウンタイムが発生した場合、障害が発
生した 1 つのサーバー上のパーティションから、バックアップが利用可能なグループ内の複
数の他のサーバーに使用権を移動させることができます。GiCAP を使用しない場合、この
フェイルオーバーを実現するには、潜在的な障害に備えて各サーバーに十分な temporary
capacity を設定するしかありません。

負荷バランス。需要の変化に適応して調整するために、使用権をグループ内のサーバー間で
移動できます。たとえば、未使用の処理能力が余っているサーバーから使用権を解放し、追
加の処理能力が必要な負荷のかかったサーバー上の構成要素を使用開始状態にするために使
用できます。

プールされた temporary capacity。temporary capacity の使用権は、サーバー間で共有して、
より効率的かつ簡単に使用できます。temporary capacity をプールすれば、各サーバーに
temporary capacity を設定する必要はありません。

Global Instant Capacity は、HP-UX システムの Instant Capacity バージョン 8.x の一部であ
り、特別な GiCAP Sharing Rights コードワードを購入することで有効になります。購入後、
コードワードを HP Utility Pricing ソリューションの Web ポータル
(http://www.hp.com/go/icap/portal) から入手します。コードワードを取得する際には、コー
ドワード購入時の注文番号、Group Manager システムのシリアル番号、および Group Manager
のパーティション情報を提示する必要があります。このコードワードを Instant Capacity を実
行している HP-UX システムに適用すると、GiCAP グループを作成できます。

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.