PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Global Instant Capacity

使用権の没収

7

127

使用権の没収

icapmanage -x

コマンドを使用して、使用可能なコアの使用権を特定のホストから抽出し、グ

ループ内の他のメンバーで使用可能にすることができます。ホストは、現在実行中でないシステ
ム ( ダウンしているシステム ) でなければなりませんが、動作中で Group Manager ソフトウェ
アにアクセス可能なパーティションを少なくとも 1 つ含むサーバーコンプレックスの一部である
必要があります。ホストを含むハードパーティションの

Intended Active

の値は、必要最小限

( 設定されたセルあたり 1 つのコア ) に設定されます。

icapmanage -x

コマンドを使用してパーティションがダウンしている別のシステムから使用権

を没収する場合、使用権の変更はグループレベルでのみ可能です (

icapmanage -s

)。没収された

使用権は、その後使用開始状態にするために使用されない限り、割り当てられません。

次の例は、ダウンしているパーティションからコアの使用権を抽出し、その使用権を使用してグ
ループ内の他のメンバーでコアを使用開始状態にする方法を示しています。

icapmanage -x mypar1.node.hp.com

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.