PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

FAQ ( よくある質問とその答え )

Instant Capacity ソフトウェア

9

143

HP-UX OpenVMS のアプリケーションの中には、Instant Capacity ソフトウェアと互換性の
ないものがあります。この問題はどのように解決するのですか

?

そのアプリケーションは、コアを使用開始したり使用停止にしたりするときに、問題を起こして
いると考えられます。アプリケーションの中には、システム起動時に、使用可能状態のコアの数
に基づいてサイズを決定し、コア数の増減に応じて調整しないものがあります。詳細は、75
ページの「ソフトウェアアプリケーションへの配慮」を参
照してください。

Itanium ベース サーバーで temporary capacity を使いたいのですが、どのようなシステム構成
が必要で、どのようにして

Temporary Instant Capacity を入手すればよいでしょうか ?

temporary capacity についての詳細は、79 ページの第 5 章 「Temporary Instant Capacity」を
参照してください。まず、当社の営業担当から Temporary Instant Capacity (TiCAP) をお買い
上げいただきます。TiCAP コードワードを取得して適用すると、temporary capacity で追加コ
アを使用開始状態にすることができます。Utility Pricing ソリューションの Web ポータルで
temporary capacity の残量を確認するために資産レポートが必要な場合は、temporary capacity
の使用を計画しているシステム用に E メールが適切に設定されていることを確認してください。
システム内のすべてのパーティションが、当社に E メールを送信するように設定されている必
要があります。詳細は、139 ページの「E メール構成の診断」を参照してください。

Instant Capacity ログファイルに保存される履歴の量はどの程度ですか ?

Instant Capacity ログファイルには、2 MB までの Instant Capacity イベントが保存されます。
以下の状況のいずれかのとき、Instant Capacity イベントが発生してログファイルに書き込まれ
ます。

Instant Capacity ソフトウェアが資産レポート情報を当社に送るとき ( 毎日正午 )

Instant Capacity パーティションをシャットダウンするとき

Instant Capacity パーティションを起動したとき

Instant Capacity パーティションの設定が変更されたとき ( すなわち、

コアが使用開始された

り、使用停止されたとき )

コードワードを適用したとき

GiCAP を作成または削除したとき

GiGAP グループにメンバーを追加または削除したとき

使用権をシステムから没収したとき

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.