PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

FAQ ( よくある質問とその答え )

Instant Capacity ソフトウェア

9

145

HP-UX 以外のソフトウェアが動作しているパーティションと Instant Capacity を連携または共
存させる方法はありますか

?

Instant Capacity は、HP-UX および OpenVMS Integrity システムでのみサポートされます。
Instant Capacity システムのその他のパーティションが別のオペレーティングシステムを実行し
ている場合、Instant Capacity ソフトウェアは、HP-UX と OpenVMS 以外のパーティションに
あるすべてのシステム構成要素を、使用権が付与された使用開始状態の構成要素とみなします。
したがって、使用権が付与されていない使用停止状態の構成要素の正確な数を確認する際は、
HP-UX および OpenVMS のパーティションだけを調べます。

Instant Capacity ソフトウェアにより送信される E メール

次の表は、Instant Capacity ソフトウェアからシステムに送信される E メールメッセージをま
とめたものです。OpenVMS システムでは、iCAP ソフトウェアエージェントは

icapd

ではな

く、

ICAP_SERVER

です。

9-1 Instant Capacity ソフトウェアにより送信される E メール

送信の契機

E メールメッセージ

icapmodify

( 設定変更が発生した場合 )

変更に関する情報が、システム担当者 ( 指定され
ている場合 ) に送信され、変更通知が “on” に設定
されます。

icapd

(TiCAP の期限切れ日時が警告期

間 ( デフォルトでは 15 日未満 ) に達した
場合、毎日 )

temporary capacity 期限切れの警告がシステム担
当者 ( 指定されている場合 ) と

root

ユーザーに送

信されます。

icapd

( 予定されていた数を超えるコア、

メモリー、セルが使用開始状態になった
場合、または TiCAP の残量が負になっ
た場合、毎日 )

システム担当者 ( 指定されている場合 ) と

root

ユーザーに、例外レポート ( 非適合 ) が送信され
ます。

icapd

( 強制的に必要条件に適合させる

ために 1 つ以上のコアをブート時に使用
停止状態にした場合 )

temporary capacity 強制メッセージがシステム担
当者 ( 指定されている場合 ) と

root

ユーザーに送

信されます。

vPars の起動時 ( 仮想パーティションに
割り当てられたコアの数が、nPartitions
の使用開始予定コアの数を超える場合 )

仮想パーティションがブートできない理由が、シ
ステム担当者 ( 指定されている場合 ) と

root

ユー

ザーに送信されます。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.