PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

本書について

はじめに

1

15

使用停止状態の構成要素を使用開始状態にするには、事前に使用権を購入する必要があります。
使用権を購入する基本的な方法は、“Right to Use (RTU)” のラベルが貼付された適切な Instant
Capacity 製品を購入することです。製品購入後に、当社から Right to Use (RTU) コードワード
が提供されます。このコードワードを HP エンタープライズサーバーに適用すると、使用停止状
態の構成要素を使用開始状態にできます。

使用権を購入していない構成要素を使用開始状態にするには、他に次のような方法があります。

HP-UX サーバーが Global Instant Capacity Group (GiCAP) のメンバーであり、グループの
他のメンバーの余剰処理能力が使用可能な場合は、グループの他のメンバーから処理能力を
“ 借用 ” できます。Global Instant Capacity については、第 7 章で説明します。

追加の Temporary Instant Capacity (TiCAP) を購入し、その temporary capacity のコード
ワードを適用して、一時的に 1 つ以上のコアを使用開始状態にすることができます。
Temporary Instant Capacity については、第 5 章で説明します。サーバーが Global Instant
Capacity Group のメンバーである場合、その他のメンバーの TiCAP を使用してグループの
その他のメンバーと temporary capacity を共有できます。

Instant Capacity 構成要素を最初に購入すると付属してくる Instant Access Capacity (IAC)
を使用して、一時的に 1 つ以上の使用停止状態のコアを使用開始状態にすることができま
す。Instant Access Capacity は、Temporary Instant Capacity と同じですが、Instant
Capacity 構成要素の付属品であり、別途購入できない点が異なります。Instant Access
Capacity は、RTU コードワードや TiCAP コードワードを購入したり、HP-XU システムに
GiCAP グループを設定したりする時間を確保する前に追加の処理能力が必要になった場合
に、temporary capacity のバッファーを即時に提供します。

重要

ある程度の temporary capacity を常に確保しておくことをお勧めします。コード
ワードの購入には 1 日以上かかることがあるため、temporary capacity のバッ
ファーを確保しておくと、追加コアの使用開始の遅延を避けることができます。
最初は Instant Access Capacity がこのバッファーを提供しますが、このバッ
ファーが消費された場合には追加の Temporary Instant Capacity を継続的に購入
してこのバッファーを補充することをお勧めします。

Instant Capacity ソフトウェア製品は、HP Utility Pricing ソリューション ( 旧称 On Demand
Solutions) プログラムの一部です。

本ユーザーガイドでは、HP エンタープライズサーバーの処理能力を管理する Instant Capacity
バージョン 8.x ソフトウェアの使用に関する最新情報を提供します。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.