PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

特別な配慮事項
Instant Capacity システムからセルを削除したときの影響

付録

A

158

上記の例では、削除されたセルのすべてのコアが使用開始状態であると想定されます。このた
め、コンプレックスには使用可能なコアの使用権より 2 つ多い使用開始状態のコアが存在するこ
とになり、コンプレックスは適合条件を満たさなくなります。その結果、コンプレックスがこの
状態のままでいると、1 時間につき 2 時間分の temporary capacity を消費することになります。
セル 1 の別のコアを使用停止状態にすると、消費中の temporary capacity の量は減少しますが、
使用開始状態のセルにつき少なくとも 1 つのコアを使用開始状態にしておく必要があるため、こ
のコンプレックスでは temporary capacity を使用しなければ適合条件を満たすことはできませ
ん。

セルを 1 つ取り外し、パーティションをリブートしても、そのパーティションの使用開始予定の
コアの数、または必要な使用開始状態のコアの数 ( コンプレックス全体でのコアの使用権の使用
状況によって決まります ) には影響しません。このセルが存在しない間、使用停止状態のコアの
数が使用停止予定のコアの数を下回る場合、temporary capacity が消費されます。Temporary
Instant Capacity を追加すると、このシステムはセルのハードウェアに障害がある場合でも適合
条件を満たすことができます。

A-1 セルの削除 - 使用停止状態のコアの数の減少

状態

パーティショ
( セル ) 0

パーティション
( セル ) 1

備考

セル 0 の削除前

使用開始× 2、
使用停止× 2

使用開始× 2、
使用停止× 2

予測される使用停止状態のコアの数は
4 個 ( 適合条件を満たす )

セル 0 の削除後

使用開始× 0、
使用停止× 0

使用開始× 2、
使用停止× 2

予測される使用停止状態のコアの数は
4 個 ( 適合条件を満たさない )

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.