PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

特別な配慮事項
Instant Capacity と仮想パーティションの統合 (HP-UX のみ )

付録

A

168

コアを使用開始または使用停止のどちらの状態にする場合でも、

vparmodify

コマンドが調整す

るのはアンバウンドコアの数だけであり、特定のコアを明示的に指定したり、バウンドコアの数
に影響を与えることはありません。

temporary capacity および仮想パーティション

temporary capacity をいずれかの仮想パーティション環境 ( 事前に

icapmodify -a n -t

コマ

ンドを使用して認証済み ) で使用している場合、

vparmodify

コマンドを使用してコアを使用停

止状態にすると、temporary capacity の消費量が一時的に減少します。その後、

vparmodify

マンドを使用してコアを使用開始状態にすると、使用可能なコアの使用権の数よりも多くの使用
開始状態のコアが存在しているとみなされ、temporary capacity の消費量が増加します。
temporary capacity の使用を停止するには、

icapmodify -d

を使用してください。“

-d

” オプ

ションを使用する場合は、“

-t

” オプションは不要です。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.