PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Instant Capacity マンページ
iCAP (5) マンページ

付録

C

200

iCAP (5) マンページ

iCAP (5)

名前

iCAP – HP-UX および OpenVMS 用 Instant Capacity ソフトウェア

説明

Instant Capacity は、サポートされている HP サーバー上で、システム要求の増加 / 減少と共
に、処理能力 ( コア、セル、メモリー ) をただちに増加するサービスを提供します。処理能力の
要求が大幅に変化した場合に、

icapmodify

(icapmodify (1M) 参照 ) コマンドを実行して、ただ

ちに、あるいは次回のリブート時に、コアの使用開始や使用停止を行うことができます。

icapmodify

コマンドは、Instant Capacity の構成要素 ( 使用停止状態のコア、セル、または使

用権なしで購入されたメモリー ) にコードワードを適用し、使用開始可能とするためにも使用で
きます。

Instant Capacity は、HP Utility Pricing ソリューション (UPS) の一部であり、以前は iCOD と
呼ばれていました。Instant Capacity の詳細情報については、『HP instant Capacity

ユーザーガ

イド

』(

/usr/share/doc/icapUserGuide.pdf

) を参照してください。

Instant Capacity サーバーの初期化

Instant Capacity ソフトウェアは、当社の工場でインスタントイグニッション システムにイン
ストールされています。また、http://www.hp.com/go/softwaredepot で製品 ID B9073BA
を検索し、ダウンロードしてインストールすることも可能です。

Instant Capacity では、当社に E メールで資産レポートを送ることができます。資産レポート
を有効にすると、HP UPS ポータル (http://www.hp.com/go/icap/portal) で資産情報が参照
できます。

Instant Capacity サーバーの初期化手順 :

1)

icapmodify -c

コマンドを実行して、登録情報 (E メールアドレス ) を設定し

ます。

2)

icapstatus

コマンド (icapstatus (1M) 参照 ) を実行して、Instant Capacity

の構成要素とコンプレックスで利用できる使用権の現在のステータスをチェッ
クし、登録情報が正しく設定されていることを確認します。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.