PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Instant Capacity マンページ
iCAP (5) マンページ

付録

C

204

Temporary Capacity (TiCAP) プログラム

ユーザーは、

temporary capacity

を購入することができます。この

temporary capacity

よって、購入した使用権の数よりも多くのコアを使用開始状態にできます。これらの追加コア
は、利用できる temporary capacity 時間がなくなるまで使用開始状態にすることができます。
これにより、恒久的な使用開始のための RTU コードワードの購入や適用を必要とせずに、コア
を一時的に使用開始することができます。

使用権のない Instant Capacity 構成要素を購入すると、一定量の Instant Access Capacity
(IAC) が含まれていることがあります。Instant Access Capacity は、temporary capacity と同
じですが、Instant Capacity 構成要素の付属品であり、別途購入できない点が異なります。
Instant Access Capacity は処理能力の追加が必要になった場合に、temporary capacity の代役
として即座に機能し、RTU コードワードや temporary capacity コードワードを購入したり、
Global Instant Capacity (GiCAP) グループを設定したりする時間を確保します。

icapmodify

コマンドを使って、

temporary capacity

コードワード (HP Utility Pricing ソ

リューションポータルで入手可能 ) を適用すると、

temporary capacity

をコンプレックスに追

加することができます。

icapstatus

コマンドを実行すると、コンプレックスで使用可能な

temporary capacity

の残存時間を確認できます。temporary capacity の残量が一定の期間中

に使い果たされると予測されるときには、E メールで警告が送信されます。

icapmodify

コマンドで temporary capacity を使ってコアを使用開始するには、利用できる

temporary capacity 時間が少なくとも 30 分は必要です。

temporary capacity

が期限切れになっても、コンプレックス全体におけるコアの使用権数よ

りも多い使用開始コアがある場合には、使用開始コアの数とコンプレックスで利用できるコアの
使用権の数を調整するため、コンプレックス内のパーティションを次回リブートするときに、1
つ以上のコアが Instant Capacity によって自動的に使用停止になります。temporary capacity
の使用を停止させるため、あるいは、パーティションを最小限の使用開始状態のコアとするため
に、Instant Capacity は使用停止できるコアをすべて使用停止します。

Instant Capacity セルボード

Instant Capacity セルボードによって、システムに ( 使用停止 ) セルボードを追加できます。
Instant Capacity セルボードは、メモリーとコアを持ち、HP Utility Pricing ソリューション
ポータルで取得したセルの

RTU

コードワードを

icapmodify

コマンドでコンプレックスに適用

することで、使用開始できます。セルを使用開始するためには、セルに搭載されたすべてのメモ
リーと少なくとも 1 つのコアに対する使用権が必要です。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.