PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Instant Capacity マンページ
icapstatus (1M) マンページ

付録

C

232

Temporary capacity warning period:

このフィールドには、コンプレックスで temporary capacity 警告期間として
設定された日数が表示されます。temporary capacity の残量が、この日数内
に使い切られると予測されるときは、E メールで警告メッセージがシステム担
当者と root ユーザー宛に送信されます。警告期間の値は、

icapmodify -w

マンドで設定できます。

Exception Status:

このフィールドには、コンプレックスが現在、例外状態かどうかが表示されま
す。コンプレックスは通常、示された種類 ( コア、セル、メモリー ) の使用開
始構成要素の数が、その構成要素の種類の利用可能な使用権の数を超えたとき
に例外状態になります。ただし、十分な temporary capacity の残量がある場
合は、使用開始コア数がコアの使用権数を超過することが許可されています。
temporary capacity の残量がマイナスの状態にあるときは、常に例外状態で
す。

GiCAP グループについて表示される情報

システムが Global Instant Capacity (GiCAP) グループのメンバーである場合、次のステータス
が表示されます。

メンバー

<GroupManager>

が管理する GiCAP グループ

<gname>

<mname>

このセクションヘッダーにより、メンバー名と、このシステムをメンバーとし
て含む GiCAP グループ名を識別します。また、

icapmanage

コマンド

(icapmanage (1M) を参照 ) を実行することで、グループに関するより詳細な
情報を取得できる Group Manager システムの名前も識別します。

Borrowed/Loaned core usage rights:

このフィールドには、GiCAP グループから借用中の、あるいは GiCAP グ
ループへ貸出中のコアの使用権数が表示されます。GiCAP グループからメン
バーを削除するときはこの値が 0 でなければなりません。

Borrowed/Loaned cell usage rights:

このフィールドには、GiCAP グループから借用中の、あるいは GiCAP グ
ループへ貸出中のセルボードの使用権数が表示されます。GiCAP グループか
らメンバーを削除するときはこの値が 0 でなければなりません。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.