PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Instant Capacity マンページ

icapstatus (1M) マンページ

付録

C

233

Borrowed/Loaned memory usage rights:

このフィールドには、GiCAP グループから借用中の、あるいは GiCAP グ
ループへ貸出中のメモリーの使用権数が表示されます。GiCAP グループから
メンバーを削除するときはこの値が 0 でなければなりません。

icapstatus

による出力には、GiCAP グループの操作結果 ( 借用中または貸出中の構成要素の使

用権または temporary capacity の移動 ) が反映されます。出力には、他の GiCAP グループメン
バー上で利用可能な構成要素の使用権または temporary capacity は考慮されていません。すな
わち、グループメンバー A 上での

icapstatus

は、グループメンバー A 上に使用停止状態のコ

アがあり、グループメンバー B に利用可能なコアの使用権があっても、現在の使用権で使用開
始できる追加コアはないと報告する場合があります。利用可能なグループリソースについてより
完全な情報を得るには、Group Manager システム上で

icapmanage

コマンドを使用してくださ

い。

グループメンバーが temporary capacity を使用していて、

icapmodify -d <n>

で他のグループ

メンバー上のコア使用権が利用可能となっているとき、コア使用権が利用可能となる時間と
temporary capacity を使用しているグループメンバーにコア使用権が移動する時間に遅延が生じ
る場合があります。これは、コア使用権の移動に関する各グループメンバーの

icapstatus

出力

に、最終的な結果が反映されるまでに遅延が生じる場合があることを意味します。

ローカルの仮想パーティションについて表示される情報

icapstatus

を仮想パーティションで実行したときに次の状態が表示されます。表示される情報

には、“number of active assigned cores” や “number of inactive assigned cores” などの、ローカ
ル仮想パーティション固有の情報が含まれることにご注意ください。ただし、使用権や
temporary capacity は常にコンプレックス全体にまたがって算出されるため、他のローカルな値
(“can be assigned” や “could be assigned” の値など ) もすべてのパーティションにまたがって算出
された値に基づいています。

Total number of assigned cores:

このフィールドには、ローカルの仮想パーティションに割り当てられたコアの
総数が表示されます。

Number of active assigned cores:

このフィールドには、ローカルの仮想パーティションに割り当てられた現在使
用開始コアの数が表示されます。

Number of inactive assigned cores:

このフィールドには、ローカルの仮想パーティションに割り当てられた現在使
用停止状態のコアの数が表示されます。

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.