PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Instant Capacity マンページ
icapstatus (1M) マンページ

付録

C

234

Additional cores that can be assigned with current usage rights:

このフィールドには、いずれの仮想パーティションにも割り当てられていない
が、利用できる十分な使用権があるため、ただちに割り当てることができる
ハードパーティション内の未割り当てコアの数が表示されます。

Number of cores that could be assigned with additional usage rights:

このフィールドには、追加の使用権を購入するか、追加の使用権を GiCAP グ
ループから借用すると仮想パーティションに割り当てることができるようにな
るコアの数が表示されます。

Number of cores that can be assigned with temporary capacity:

このフィールドには、コンプレックスで現在利用できる temporary capacity
を使って仮想パーティションに割り当て、使用開始できる追加のコアの数 ( 購
入した使用権や GiCAP から借用した使用権で許可された数を超えるコア数 )
が表示されます。temporary capacity を使ってコアを割り当てて使用開始す
るとき、

icapmodify

コマンドは、コアが少なくとも 30 分間は使用開始状態

になることを想定しています。つまり、コンプレックスにある temporary
capacity の残量が少量である場合、temporary capacity を使ってもパーティ
ション内のすべての使用停止コアを使用開始できない場合があります。使用開
始のために

-t

オプションを

icapmodify

に指定した場合でも、コンプレック

ス (GiCAP グループのメンバーの場合はグループ ) で利用できるコア使用権が
あると、temporary capacity は使用できません。

Number of cores that are deconfigured or attached to inactive cells:

このフィールドには、ローカルの仮想パーティションに割り当てられていな
い、すぐに割り当てることができない、ハードパーティション内の未割り当て
コアの数が表示されます。この数には、使用停止セルのコアと構成解除された
コアが含まれます。A.04 より前のバージョンの vPars を使用している場合、
ローカルの仮想パーティションが起動されたときに拘束されたプロセッサは、
あとで解放される場合、リブートを介在させないで、即座にローカルの仮想
パーティションに割り当てることはできません ( 使用権が利用できることが前
提 )。

ローカルの

nPartitions について表示される情報

icapstatus

をハードパーティションで実行すると、次のステータスが表示されます。これらの

情報の大半は、特に記載のない限り、

icapstatus

を仮想パーティションで実行したときにも表

示されます。表示される情報には、“nnumber of active cores” や “number of inactive cores” など
の、ローカルハードパーティション固有の情報が含まれることにご注意ください。ただし、使用

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.