PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

用語集

Instant Capacity の用語

付録

D

245

BIB

Boot-is-blocked。電源はオンだが、ブートが許されていないセルの状態です。

バウンドコア (bound core)

A.04 より前のバージョンの vPars では、仮想パーティションの割り込みを処
理できるコア。バウンドコアの仮想パーティション間の移動は、どちらかの
パーティションが実行中の場合はできません。各仮想パーティションには、少
なくとも 1 つバウンドコアが存在する必要があります。

セル (cell)

コアとメモリーが搭載されている回路ボードで、セルコントローラチップに
よって制御されます。セルボードは、コンプレックス内の nPartitions の基本
構成単位です。

コードワード (codeword)

Instant Capacity ソフトウェア B.06.x 以降で使用される、構成要素の使用権
を管理するためのメカニズム。構成要素を使用開始状態にする前に、RTU
(right-to-use) コードワードを Instant Capacity システムに適用する必要があ
ります。コードワードは、追加の Instant Capacity 構成要素の使用権を購入
した後、Utility Pricing ソリューションの Web ポータルから入手します。

設定したプロセッサ (configured processor)

ブートコンソールハンドラー (BCH) で設定され、使用開始できるようになっ
たコアを持つプロセッサ。

コア (core)

実際にデータ処理を実行するプロセッサ内のコア。単一のプロセッサ内に複数
のコアがある場合があります。

使用停止されたコア (deactivated core)

使用開始されていない、または Instant Capacity ソフトウェアによってオフ
に設定され、使用停止状態のコアのプールに戻されたコア。これらのコアは使
用開始することができます。

HP-UX または OpenVMS の新しいプロセスは使用停止されたコアには割り当
てられません。また、使用停止されたコアで実行中のプロセスはすべて他のコ
アに移行されます ( 割り込みハンドラーは使用停止されたコアから移行されな
い場合があります )。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.