PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

はじめに
Instant Capacity の必要条件

2

32

システム担当者を指定していない場合、その Instant Capacity パーティションからのコア変更
通知 E メールメッセージは送信されません。ただし、その他の通知メッセージは、HP-UX の

root

アカウントと OpenVMS の

SYSTEM

アカウントに引き続き送信されます。

使用権の必要条件

Instant Capacity プログラムで管理されているシステムに、使用権が付与されていない 1 つ以上
の構成要素 ( コア、セル、またはメモリー ) が含まれている場合があります。このような構成要
素を使用するには、事前に追加の使用権を取得する必要があります。当社から使用権を購入する
か、システムが Global Instant Capacity グループのメンバーである場合は、グループの他のメ
ンバーから使用権を一時的に借用できます ( 詳細は、112 ページの「Global Instant Capacity
Sharing Rights」を
参照してください )。

当社からの使用権の購入は、Right To Use (RTU) コードワードを使用して管理されます。構成
要素固有の使用権を購入するには、当社の営業担当までご連絡ください。購入後、HP Utility
Pricing ソリューションの Web ポータル (http://www.hp.com/go/icap/portal) から RTU コー
ドワードを入手する方法を記載した書面が当社から送付されます。

RTU コードワードを Utility Pricing ソリューションの Web ポータルから入手し、

icapmodify

コマンドに

-C

オプションを付けて実行して、RTU コードワードをサーバーに適用します。コー

ドワードを適用すると、システム上の構成要素固有の使用権が増えて、1 つまたは複数の構成要
素を使用開始状態にすることができます。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.