PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

処理能力の管理に

Instant Capacity を使う方法

コアの使用開始

4

64

重要

OpenVMS iCAP システムでは、

ICAP SET

コマンド (HP-UX の

icapmodify

コマ

ンドに相当 ) を使ってコアを使用開始することを強くお勧めします。

START CPU

コマンドを iCAP システムで使うと、利用可能な temporary capacity が減少する
など、予期しない結果になることがあります。この他の予期しない副作用として、

START CPU

コマンドを実行したパーティションでのコア設定によっては、コンプ

レックス全体でコアの使用量が調整されることがあります。

遅延使用開始は、パーティションのリブートがまだ発生していなくても、使用開始および使用停
止した処理能力の量は変えません。適合チェックは、使用開始が遅延していないものとして計算
されます。

1 個以上の使用停止状態のコアを使用開始するには、

root

として

icapmodify

コマンドを実行

します。詳細は、HP-UX の icapmodify(1M) のマンページを参照してください。

制約

Instant Capacity ソフトウェアは、構成解除として印が付けられているコアを使用開始しませ
ん。また、Instant Capacity を使って、現在の nPartitions に構成されているコアより多いコア
を使用開始にできません。より多くのプロセッサが必要な場合は、

parmodify

コマンドで

nPartitions を変更する必要があります。Instant Capacity を使用して、現在の仮想パーティ
ションに構成されているコアより多いコアを使用開始できますが、関連する nPartitions に、要
求を満たすのに十分な未割り当てのコアが含まれている場合に限ります。そうでない場合、

parmodify

を使って nPartitions を再構成するか、

vparmodify

を使って同じ nPartitions 内の

別の仮想パーティションからコアを削除する必要があります ( 本質的には、nPartitions の未割
り当てコアをプールするのと同等です )。

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.