PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

処理能力の管理に

Instant Capacity を使う方法

コアの使用開始

4

65

Instant Capacity を使用開始するセッション例

次の例は、追加されたコアを使用開始する方法を示しています。この使用開始セッションの開始
時には、パーティション内にコアが合計 4 個あります。このうち 2 つのコアは使用開始されてお
り、2 つのコアは使用停止になっていますが、少なくともあと 1 つの使用停止状態のコアを使用
開始できる使用権が取得されています。この例では、さらに 1 つのコアが使用開始され、パー
ティション内の使用開始されたコアが 3 つ ( 使用停止コアは 1 つ ) になります。

4-3

追加されたコアの使用開始

(HP-UX)

/usr/sbin/icapmodify -a 1 "Add CPU for new FY: Bill P."

3

個のコアの使用開始が指定され、現在使用開始状態です。

上記の使用開始例での要点は、次のとおりです。

コアの使用開始は、即時モード ( リブートが不要 ) です。

二重引用符で囲まれたテキストは、使用開始した理由と実行者を示す監査ログとして記録さ
れます。この情報は省略可能です。また、Instant Capacity ログファイル
(

var/adm/icap.log

) があるときには、このログファイルにも書き込まれます。

注記

次回のリブートまで使用開始を遅延させるには、コマンドに

-D

オプションを付

加します。詳細は、HP-UX の icapmodify(1M) のマンページを参照してくださ
い。

icapmodify

コマンドを使うと、追加のコアを使用開始する (

-a

オプションを指定した場合 )、

または使用開始状態のコアの総数を設定する (

-s

オプションを指定した場合 ) ことができます。

たとえば、

icapmodify

コマンドと

-a 2

オプションでは、パーティション内のコアがさらに 2

つ使用開始されます。

icapmodify

コマンドと

-s 2

オプションでは、パーティション内の使用

開始状態のコアの総数が 2 つになります。

追加のコアを使用開始した場合の、ソフトウェアアプリケーションへの影響については、75
ページの「ソフトウェアアプリケーションへの配慮」を参
照してください。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.