PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

処理能力の管理に

Instant Capacity を使う方法

遅延使用開始

/ 遅延使用停止の訂正

4

69

4-6

誤った遅延使用開始の取り消し

(HP-UX)

1. 現在、システムまたはパーティションに、使用開始と使用停止のコアがそれぞれ 2 つずつあ

るとします。使用開始コアを遅延開始モードで 1 つ追加する次のコマンドを誤って実行して
しまいました。

/usr/sbin/icapmodify -D -a 1

2. この後、システムがリブートする前に、使用開始コアを追加する ( そうすると使用開始状態の

コアは 3 つになる ) つもりではなかったことに気づき、使用開始コアを 2 つのままにしたい
とします。この場合、

手順

1

で実行した最初の遅延使用開始を、次のコマンドを実行して訂

正することができます。

/usr/sbin/icapmodify -a 0

上の

手順

2

-a 0

オプションによって、

手順

1

icapmodify

コマンドによる遅延使用開始が

無効になります。

-a

オプションは、追加で使用開始するコアの数を指定します ( 最終的に使用

開始状態になるコアの数ではありません )。

次のコマンドを実行すると、

手順

2

と同じ結果となります。

/usr/sbin/icapmodify -s 2

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.