PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

処理能力の管理に

Instant Capacity を使う方法

パーティションからのセルの割り当て解除

4

74

次の例は、パーティションからのセルの割り当て解除を示しています。この例では、削除された
コアの数 (4) が、パーティション内の使用停止予定のコアの数 (3) より大きくなっています。こ
のような場合には、使用開始予定コア数は、パーティション内の残りのコア総数 (8) に自動的に
変更されます。

セル 3 がパーティションから割り当て解除されると、使用開始予定コアの数は 9 から 8 に変わり
ます ( パーティション内に残るコアの総数が 8 になるため )。パーティションがリブートされた
とき、合計 8 個のコアが使用開始状態になります。セル 3 は 4 つの使用停止状態のコアを持つ割
り当て解除されたセルとなり、コンプレックスには追加コア 1 個分の使用権 ( 未使用 ) がありま
す。

注記

セルをあるパーティションから別のパーティションへ移動したい場合は、セルを
削除するパーティション内のコアを使用停止状態にすることによって、コアの数
を制御できます。コアを使用停止状態にすることによって、コンプレックス全体
に対してコア使用権が開放されます。

4-7 変更前のパーティションの状態 : 使用開始状態のコア 3 個、使用停止状態のコ

1 個をそれぞれ持つセルが 3 ( 使用開始状態のコアが合計で 9

)

セル 1

セル 2

セル 3

A A A I

A A A I

A A A I

4-8 パーティション変更後の状態 : セル 3 を割り当て解除 ( 使用開始状態のプロ

セッサが合計

8 個残る )

セル 1

セル 2

A A A A

A A A A

4-9 変更後の状態 : 使用停止状態のコア 4 個がある、未割り当てのセル ( セル 3)

システムには、コアを

1 つ追加できる使用権があります。

セル 3

利用可能な
使用権

I I I I

UR

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.