PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Temporary Instant Capacity
Temporary Instant Capacity の概要

5

80

Temporary Instant Capacity の概要

Instant Capacity システム内の使用権のない使用停止状態のコア用に、ある一定の temporary
capacity (TiCAP) 時間を購入できます。temporary capacity は、複数の処理日単位で購入できま
す。temporary capacity により、コアの恒久的使用権を取得することなく、事前に購入した所定
の処理時間 ( 分 ) の範囲内で、1 つ以上の使用停止状態のコアを使用開始することができます。

使用時間が、事前に購入した temporary capacity 時間と等しくなるまで、使用停止状態のコア
を自由に使用開始したり、使用停止したりできます。たとえば、事前に購入した時間が 30 日の
temporary capacity の場合、1 つのコアを 30 日間使用できるほか、1 つのコアの 1 日あたりの
使用時間を 1 時間にすれば、4 つのコアを 180 日間使用できます ( 合計 43,200 分以内であれば、
あらゆる組み合わせで利用できます )。

temporary capacity による使用可能状態は、永続的です。すなわち、temporary capacity を使
用した使用可能状態は、パーティションをリブートしても存続します。temporary capacity の消
費を停止するためにはコアを使用停止にする必要があります。使用停止にするコアは、使用開始
して temporary capacity の消費を開始したパーティションに配置しなくても構いません。

注記

temporary capacity 時間は、購入されたコンプレックスのどのパーティションで
も使用できます。temporary capacity 時間は、システムが同じ Global Instant
Capacity グループに属している場合を除き、あるシステムから別のシステムへは
移動できません。

temporary capacity が期限切れになっても、コンプレックス全体のコア使用権よりも多い使用開
始コアがある場合には、システムを基準に適合させるため、パーティションの次回リブート時に
1 つ以上のコアを Instant Capacity が自動的に使用停止します。temporary capacity の使用を
停止させるため、あるいは、パーティションに必要最小限の使用開始状態のコア ( 使用開始状態
のセルボードごとに 1 つ ) を持たせるために、Instant Capacity は使用停止できるコアをすべて
使用停止します。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.