PDFマニュアル HP - UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity

background image

Instant Capacity セルボード
Instant Capacity セルボード

6

96

Instant Capacity セルボード

概要

Instant Capacity セルボードにより、システムに予備 ( 使用停止状態 ) のセルボードを持たせて
業務拡大に備えることができます。必要となったときに、メモリーとプロセッサ / コアを搭載し
たセルボートに使用権を付与し、使用開始状態にして使うことができます。

Instant Capacity セルボードは、当社での製造時に、nPartitions ( ハードパーティション ) にす
でに割り当てられた状態で構成されます。このセルボードは、

use-on-next-boot

フラグに “n”

(no) が設定され、nPartitions のブートに利用されない状態になっています。

セルボードを使用開始にする準備ができたら、セル使用権を適切な RTU(Right To Use) 製品を
購入して増やすか、サーバーのグループ内で使用権を共有する Global Instant Capacity を使用
している場合は使用権を借りて増やすことができます。使用権を購入するには、適切な RTU 製
品を HP に発注し、コンプレックス上で利用できるセル使用権を増やしてください。また、セル
ボード上のすべてのメモリーに対して十分な使用権も必要になります。そして利用可能な使用権
と既存コンプレックスの構成によっては、1 つ以上の追加コアの使用権が必要になることもあり
ます。すべての使用権を入手すると、セルボードを使用開始にして、nPartitions のブートに利
用できるようになります。この動作は、

parmodify

コマンドで

use-on-next-boot

フラグに “y”

(yes) を設定し、nPartitions をリブートすることで実行できます。

注記

セルボード、メモリー、および少なくとも 1 つのコアの使用権が不十分な場合、
Instant Capacity ソフトウェアは nPartitions のブートでの利用 ( 使用開始 ) が設
定できないようにします。

セルボードは、使用開始できる使用権の有無にかかわらず、

use-on-next-boot

フラグに “n”

(no) が設定された状態で nPartitions に割り当てることができます。

使用開始状態のセルボードには使用開始状態のコアが少なくとも 1 つ必要なため、セルボードを
使用開始状態にする前に、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

少なくとも1つの追加コアの使用権がコンプレックス内またはグループ内(該当する場合)で利
用可能であること。セルボードには少なくとも 1 つの使用開始状態のコアがなければなりま
せん。Instant Capacity ソフトウェアは、パーティション内のすべてのセルボードに使用開
始状態のコアを再配分します。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.