PDFマニュアル HP - Virtual Connect 4Gb Fibre Channel Module for c-Class BladeSystem, Virtual Connect Flex-10.10Dモジュール, Virtual Connect Flex-10 10Gb イーサーネットモジュール, Virtual Connect FlexFabric 10Gb24ポートモジュール, Virtual Connect 8Gb 20 ポート ファイバ チャネル モジュール, Virtual Connect FlexFabric-20.40 F8モジュール, Virtual Connect 8Gb 24 ポート ファイバ チャネル モジュール

前へ 次へ
background image

Virtual Connectサーバープロファイル 176

詳しくは、「

MACアドレス設定」(

176

ページ)を参照してください。

MACアドレス設定

重要:

Virtual ConnectがサーバーブレードにMACアドレスを割り当てるように構成する場合は、綿密

に計画を立てて、構成した

MACアドレスの範囲が環境内で複数回使われないようにする必要がありま

す。

Ethernetネットワーク内でMACアドレスが重複すると、サーバーネットワークが停止することが

あります。

各サーバーブレードの

Ethernet NICには、工場出荷時のデフォルトMACアドレスが設定されています。MACアドレ

スは、

48ビットの数字で、ネットワーク上の他のデバイスに対するEthernetインターフェイスを一意に識別します。

ハードウェアの出荷時にはデフォルトの

MACアドレスが割り当てられていますが、Virtual Connectはデフォルトの

MACアドレスを無効にして、別のMACアドレスをサーバーに割り当てることができます。MACアドレスを変更し
た場合でも、サーバーが別の

Virtual Connectエンクロージャーに移動するわけではありません。

必ず、統制の手順を確立して、環境内の各

Virtual Connectドメインで一意のMACアドレス範囲が確実に使用される

するようにしてください。アドレス範囲を再使用すると、複数のサーバーに同じ

MACアドレスが割り当てられサー

バーネットワークが停止することがあります。

Virtual Connectが割り当てるMACアドレスを使用する場合は、次の点に注意してください。

Virtual Connectは、サーバープロファイル内の各VC-Enet接続に2つのMACアドレスを自動で割り当てます。1つ

Ethernet NIC用のプライマリアドレスで、もう1つはHP NC373m PCI Expressデュアルポートマルチファン

クション

Gigabitサーバーアダプターなどの、マルチファンクションGigabitサーバーアダプターで使うための

iSCSI MACアドレスです。マルチファンクションアダプター以外の標準的なEthernetデバイスでは、プライマ

MACアドレスだけが使用されます。

サーバーブレードが

Virtual Connect管理のエンクロージャーからVirtual Connectのないエンクロージャーに移

動されると、そのサーバーブレードのローカル

MACアドレスは元の工場出荷時のデフォルトに自動的に戻り

ます。

サーバーブレードが

Virtual Connectドメイン内のベイから取り外され、同じVirtual Connectドメイン内の別の

ベイや別のドメインのベイに取り付けられた場合は、そのサーバー位置に対応した新しい一連のアドレスが割
り当てられます。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.