オーナーマニュアル HP - ProLiant BL460c Gen8サーバーブレード

background image

ハードウェアオプションの取り付け

24

3.

ドライブを取り付けます。

4.

ドライブ

LEDの定義(

7

ページ)からドライブのステータスを確認します。

プロセッサーオプション

警告:

表面が熱くなっているため、やけどをしないように、ドライブやシステムの内部部品が十分に冷

めてから手を触れてください。

注意:

サーバー

ブレードの誤動作や装置の損傷を防止するために、マルチプロセッサー構成では、必

ず、同じ製品番号のプロセッサーを使用してください。

注意:

ヒートシンクサーマルインターフェイスメディアは再利用できません。また、取り付けられてい

るヒートシンクをプロセッサーから取り外したら、ヒートシンクサーマルインターフェイスメディアを
交換する必要があります。

注意:

サーバーブレードのオーバヒートを防止するために、必ず、プロセッサーソケット

2にプロセッサー

とヒートシンクまたはプロセッサーソケットカバーとヒートシンクブランクを取り付けてください。

重要:

プロセッサーソケット

1には、必ずプロセッサーが取り付けられていなければなりません。プロ

セッサーソケット

1にプロセッサーが取り付けられていないと、サーバーブレードは動作しません。

重要:

インテル

Xeon E5-2643プロセッサーまたはインテルXeon E5-2690プロセッサーを取り付ける場

合は、必ず、高性能ヒートシンクを取り付けてください。

プロセッサーを取り付けるには、以下の手順に従ってください。

1.

システム

ROMを更新します。

HPのWebサイト

http://www.hp.com/jp/support

から、最新バージョンの

ROMをダウンロードします。システ

ROMをアップデートするには、Webサイトの指示に従ってください。

2.

サーバーブレードの電源を切ります(

12

ページ)。

3.

サーバーブレードを取り外します(

13

ージ)。

4.

アクセスパネルを取り外します(

13

ページ)。

5.

SASコントローラーを取り外します(

16

ージ)。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.