オーナーマニュアル HP - ProLiant BL460c Gen8サーバーブレード

background image

ソフトウェアおよびコンフィギュレーションユーティリティ

52

HP ROMベースセットアップユーティリティ

RBSUは、次のような広範な設定作業を実行するHP ProLiantサーバーに内蔵されたコンフィギュレーションユーティ
リティです。

システムデバイスと取り付けられているオプションの設定

システム機能の有効化および無効化

システム情報の表示

プライマリブートコントローラーの選択

メモリオプションの設定

言語の選択

RBSUについて詳しくは、『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』(ドキュメンテーション
CDまたはHPのWebサイト

http://www.hp.com/jp/proliantessentials_manual

)を参照してください。

RBSUの使用

RBSUを使用するには、次のキーを使用してください。

RBSUにアクセスするには、電源投入時にメッセージが表示されるので、F9キーを押します。

メニュー内を移動するには、矢印キーを使用します。

選択するには、

Enterキーを押します。

強調表示されているコンフィギュレーションオプションのヘルプにアクセスするには、

F1キーを押します(言

語設定を英語に設定している場合のみ有効)。

重要:

Enterキーを押すと、RBSUは自動的に設定を保存します。このユーティリティでは、ユーティリ

ティの終了前に設定の確認は指示されません。選択した設定を変更するには、別の設定を選択して

Enter

キーを押さなければなりません。

デフォルトのコンフィギュレーション設定は、以下のいずれかの時点で、サーバーに適用されます。

システムへの最初の電源投入時

デフォルト設定に復元した後

デフォルトのコンフィギュレーション設定は、一般的なサーバーの正常動作には十分ですが、

RBSUを使用して変更

することができます。電源を投入するたびに

RBSUへのアクセスを指示するメッセージが表示されます。

自動コンフィギュレーションプロセス

自動コンフィギュレーションプロセスは、サーバーを最初に起動する際に自動的に実行されます。電源投入シーケ
ンス中に、システム

ROMは、ユーザーの操作を必要とすることなく、システム全体を自動的にコンフィギュレーショ

ンします。ほとんどの場合、このプロセス中に

ORCAが、サーバーに接続されているドライバーの数に応じて、ア

レイをデフォルト設定に自動的にコンフィギュレーションします。

注:

起動ドライブが空いていないかすでに書き込まれている場合、

ORCAはアレイを自動的にコンフィ

ギュレーションしません。

ORCAを起動してアレイをコンフィギュレーションする必要があります。

注:

サーバーは、以下のすべての例をサポートするわけではありません。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.