オーナーマニュアル HP - ProLiant BL460c Gen8サーバーブレード

background image

ソフトウェアおよびコンフィギュレーションユーティリティ

53

搭載ドライブ台数

使用ドライブ台数

RAIDレベル

1

1

RAID 0

2

2

RAID 1

3、4、5、または6

3、4、5、または6

RAID 5

7以上

0

なし

ORCAのデフォルト設定を変更したり、自動コンフィギュレーションプロセスを無効にする場合は、プロンプトが
表示されたら

F8キーを押します。

RBSUについて詳しくは、『HP ROMベースセットアップユーティリティユーザーガイド』(ドキュメンテーション
CDまたはHPのWebサイト

http://www.hp.com/jp/proliantessentials_manual

)を参照してください。

起動オプション

起動プロセスの最後に近づくと、起動オプション画面が表示されます。この画面が数秒間表示された後、システム
は、サポートされているブートデバイスからの起動を試みます。この間、以下のことができるようになります。

F9キーを押して、RBSUにアクセスする

F10キーを押して、[Intelligent Provisioning Maintenance]メニューにアクセスする

F11キーを押して、ブートメニューにアクセスする

F12キーを押して、PXEネットワークブートを強制的に実行する

AMPモードの設定

HP ProLiantサーバーの中には、一部のAMPモードがサポートされないものがあります。RBSUは、サーバーでサポー
トされているモードについてのみメニューオプションを表示します。

RBSUに含まれるアドバンストメモリプロテク

ションにより、以下のアドバンストメモリモードが有効になります。

アドバンスト

ECCモード - 標準ECCよりも強力なメモリ保護機能を提供します。すべてのシングルビットエ

ラーと一部のマルチビットエラーが訂正され、システムのダウン時間は発生しません。

オンラインスペアモード

- DIMMの故障または劣化に対する保護を提供します。一部のメモリがスペアとして

設定され、劣化した

DIMMが検出されるとスペアメモリに自動的にフェイルオーバーされます。致命的/訂正

不能なメモリエラーを受け取った可能性のある

DIMMが動作状態から自動的に削除され、システムのダウン時

間が削減されます。

DIMM取り付け要件については、各サーバーのユーザーガイドを参照してください。

サーバーのシリアル番号とプロダクト

IDの再入力

システムボードを交換した後は、サーバーブレードのシリアル番号とプロダクト

IDを再入力する必要があります。

1.

サーバーブレードの起動シーケンス中、

F9 キーを押して、RBSUにアクセスします。

2.

[アドバンストオプション]メニューを選択します。

3.

[サービスオプション]を選択します。

4.

[シリアル番号]を選択します。以下の警告が表示されます。
警告

! 警告! 警告! シリアル番号は、工場出荷時に設定されています。変更すべきではありません。このオ

プションは、資格のあるサービス担当者にのみ許可されます。この値は、必ずシャーシのシリアル番号ラベル
と一致させてください。

警告:このシリアル番号を資格のあるサービス担当者以外が変更しないでください。この値は、必ずシャーシ
のシリアル番号と一致させてください。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.