オーナーマニュアル HP - ProLiant BL460c Gen8サーバーブレード

background image

各部の識別

9

位置

デフォルト

機能

S2

オフ

オフ

= システムコンフィギュレーショ

ンを変更できます。

オン

= システムコンフィギュレーショ

ンはロックされています。

S3

オフ

未使用

S4

オフ

未使用

S5

オフ

オフ

= 電源投入時パスワードは有効です。

オン

= 電源投入時パスワードは無効です。

S6

オフ

オフ

= 動作していません。

オン

= ROMはシステムコンフィギュ

レーションを無効なものとして処理し
ます。

S7

-

未使用

S8

-

未使用

S9

-

未使用

S10

-

未使用

S11

-

未使用

S12

-

未使用

リダンダント

ROMにアクセスするには、S1、S5、S6をオンに設定します。

システムメンテナンススイッチの

S6をオンの位置に設定すると、CMOSとNVRAMの両方からすべてのシステムコ

ンフィギュレーション設定を消去できるようになります。

注意:

CMOSやNVRAMをクリアすると、コンフィギュレーション情報が消去されます。サーバーが正

しく設定されていることを確認してください。正しく設定されていないと、データが消失する場合があ
ります。

メザニンコネクターの定義

番号

PCIe

メザニンコネクター

1

x16、Type Aメザニンカードのみ

メザニンコネクター

2*

x16、Type AまたはBメザニンカード

*メザニンオプションをメザニンコネクター2に取り付ける場合は、プロセッサー2が取り付けられている必要があ
ります。

DIMMスロットの位置

DIMMスロットには、プロセッサーごとに1~8の番号が順に付けられています。高性能ヒートシンクを取り付ける
場合は、

DIMMスロット4および5にはメモリを取り付けないでください(この場合、取り付けることができるDIMM

はプロセッサーごとに

6枚までです)。

サポートされる

AMPモードは、取り付け順序を示すためにアルファベット割り当てを使用し、スロット番号は、ス

ペア交換のための

DIMMスロットIDを示します。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.