PDFマニュアル HP - UPS R3000

background image

UPS R3000hのリア パネル

番号

説明

1

REPOポート

2

ERMコネクター

3

シリアル通信ポート

/オプション スロット

4

ロード

セグメント1(IEC-320-C13ソケット3個)

5

ロード

セグメント2(IEC-320-C13ソケット3個)

6

ロード

セグメント3(IEC-320-C13ソケット3個)

7

ロード

セグメント回路ブレーカー

8

PDU用出力(L6-20)ソケット(ロード セグメント1)

9

コード固定用クリップ取り付け位置

10

アース用ネジ

11

L6-20プラグ付き電源コード

REPOポート

UPSには、絶縁されたREPOポートが装備されています。配線が正しく行われていれば、REPO機能によって、UPSの
出力ソケットの電力をリモートで遮断できます。この機能を利用するには、

REPOポートが、リモート サイトの通

常は開いているスイッチ(

UPSには同梱されていません)に接続されている必要があります。REPOスイッチは、UPS

の入力から

AC電源を遮断するメインの電源遮断装置とともに使用されます。スイッチが閉じられると、次の動作が

発生します。

REPO機能は、パワー マネジメント ソフトウェアによって開始される正しい手順のシャットダウンを行うこと
なく、

UPSに接続されている装置の電源を即座に遮断します。

REPO機能は、UPSが商用電源とバッテリ電力のいずれで動作中であっても、UPSを停止します。

コンポーネントの位置確認

10

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.