PDFマニュアル HP - UPS R3000

background image

以下の品目はラックに付属しています。

ネジ

六角ナット

ケージ

ナット

ケージ

ナット取り付け用工具

設置場所の選定

警告:

火災や感電を防止するために、装置は温度および湿度調整が行われ、導電性の汚染物質のない室

内に設置してください。

る各

の定格に準拠す

る専用(非共有)分岐回路が必要です(

ページの「

」を参照)。

梱包箱に添付のラベルに記載されているバッテリの再充電日を調べます。

設置場所を選定する際は、次の要因を検討してください。

動作時の周囲温度の上昇

- ドアを閉じたラックや多くの装置が搭載されたラックに装置を取り付けると、動作

時のラック環境の周囲温度が室温を超えることがあります。装置は動作温度の要件に準拠する環境に取り付け
てください(

47

ページの「

環境仕様

」を参照)。

通気性の低下

- ラック内部で、装置の安全な動作に必要な通気速度を維持できるようにしてください。

回路の過負荷

- 装置の供給回路への接続について検討してください。 また、回路が過負荷状態になったとき過

電流保護機能および配線に及ぼす影響に注意してください。この問題に対応する際は、装置の銘板に記載され
ている定格に基づいて適切な判断を行ってください。

信頼性のあるアース接続

- ラックマウント型の装置は、必ず、信頼できる方法でアースしてください。延長コー

ドの使用など、分岐回路に直接接続する以外の方法を使用する場合は、その接続部に特に注意を払ってください。

電気要件

- UPSのすべてのモデルで、ユーザー ガイドの「入力仕様」で説明されてい

UPS

45

UPSの入力仕様

装置の準備

1.

重要:

再充電日付を過ぎたバッテリを使用しないでください。バッテリを再充電せずにバ

HP

ッテリ再充電

日付ラベルに示されている日付を過ぎた場合は、

のサービス窓口にご連絡ください。

2.

装置を梱包箱に入れたまま、設置場所に搬入します。

3.

ラックに近い場所で装置を開梱し、装置を組み立てます。

注意:

必ず、一番重いものをラックの最下段に置いて、下から上に順に取り付けてください。

取り付け

13

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.