PDFマニュアル HP - UPS R3000

background image

UPSバッテリの充電

UPSの運用を開始する前に、バッテリを充電してください。

重要:

バッテリを使用して装置へのバックアップ電源を供給する前に、少なくとも

24時間バッテリを充

電してください。バッテリの充電状態は次のとおりです。

4時間以内に容量の90%

24時間以内に容量の100%

負荷装置への電力供給の開始

UPSを動作モードに切り替えて、負荷装置への電力供給を開始します(

26

ページ)。

重要:

初めて

UPSの動作を開始する場合は、AC電源が供給されていなければなりません。

ERMの取り付け

装置を取り付ける前に、「注意事項」

12

ページ)をよく読んで、記載されているすべての警告事項に従うように

してください。

警告:

けがや装置の損傷の危険があります。ラックに装置をバランスよく配置しないと、ラックが不安

定になることがあります。必ず、一番重いものをラックの最下段に置いて、下から上に順に取り付けて
ください。

1.

マウンティング

レールを取り付けます(

14

ページの「

マウンティング

レールの取り付け

」を参照)。

2.

両側に

1人ずつ立って、本体をレールの高さまで持ち上げ、スライドさせてマウンティング レールに取り付け

ます。

3.

付属のネジを使用して本体をラックに取り付けます。

取り付け

23

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.