PDFマニュアル HP - UPS R3000

background image

UPS電子モジュールの交換

このコンポーネントはホットスワップに対応しているため、

UPSの電源を切らずに交換できます。

1.

(オプション)

UPSの電源を切った状態で、このコンポーネントを交換する場合は、「UPSの電源切断」(

30

ページ)を参照してください。

2.

オプション

カードから通信ケーブルを抜き取ります。

3.

オプション

カードを取り外します(

33

ージの「

UPSオプション カードの交換

」を参照)。

4.

UPSのフロント ベゼルを取り外します(

32

ページの「

UPS用フロント ベゼルの取り外し

」を参照)。

5.

電子モジュールを固定しているネジを取り外し、スライドさせてモジュールを引き出します。

注意:

電子モジュールのホットスワップを行っているときに、負荷装置への電力供給が停止されないよ

うに、電子モジュールがコネクターに確実に固定され、設定モード

オンLEDが点灯するまで、テスト/

アラーム

リセット ボタンを押したままにしてください。

6.

テスト

/アラーム リセット ボタンを押したまま、電子モジュールを交換します。電子モジュールがコネクター

に確実に固定され、設定モード

オンLEDが点灯するまで、ボタンを離さないでください。

7.

ネジを元に戻します。

8.

オプション

カードを元に戻しします。

9.

外部ケーブルをカードに接続しなおします。

10.

UPSの電圧と接続されているERMの台数が正しく設定されていることを確認します。「UPSの設定」

27

ペー

ジ)を参照してください。

11.

フロント

ベゼルを元に戻します。

UPSオプション カードの交換

このコンポーネントはホットスワップに対応しているため、

UPSの電源を切らずに交換できます。

1.

(オプション)

UPSの電源を切った状態で、このコンポーネントを交換する場合は、「UPSの電源切断」(

30

ページ)を参照してください。

2.

オプション

カードから通信ケーブルを抜き取ります。

メンテナンス

33

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.