PDFマニュアル HP - UPS R3000

background image

静電気対策

静電気による損傷の防止

システムの損傷を防ぐために、セットアップおよび部品の取り扱いの際に従わければならない注意事項を必ず守っ
てください。人間の指など、導電体からの静電気放電によって、システム

ボードなどの静電気に弱いデバイスが損

傷することがあります。その結果、本体の耐用年数が短くなる場合があります。

静電気による損傷を防止するには、以下のことを守ってください。

運搬や保管の際は、静電気防止用のケースに入れ、手で直接触れることは避けます。

静電気に弱い部品は、静電気防止措置のなされている作業台に置くまでは、専用のケースに入れたままにして
おきます。

部品をケースから取り出す前に、まずケースごとアースされている面に置きます。

ピン、リード線、回路には触れないようにします。

静電気に弱いコンポーネントや部品に触れなければならないときには、つねに自分の身体に対して適切なアー
スを行います。

両足にアース バンドをつけます。

作業用具は導電性のものを使用します。

折りたたみ式の静電気防止マットがついた、携帯式の作業用具もあります。

上記のような、適切なアースを行うための器具がないときは、

HP製品販売店にお問い合わせください。

詳細および製品の取り付けの支援については、

HP製品販売店またはHPのサービス窓口にお問い合わせくだ

さい。

静電気による損傷を防止するためのアースの方法

アースにはいくつかの方法があります。静電気に弱い部品を取り扱うときには、以下のうち

1つ以上の方法でアース

を行ってください。

すでにアースされているワークステーションまたはコンピューター本体にアース

バンドをつなぎます。アー

バンドは柔軟な帯状のもので、アース コード内の抵抗は、1MΩ±10%です。アースを正しく行うために、

アース

バンドを肌に密着させてください。

立って作業する場合、かかとやつま先にアース

バンドを付けます。導電性または静電気拡散性の床の場合、

静電気の

静電気対策

56

前へ 次へ
 

© 2012–2020, manyuaru.com
All rights reserved.