ユーザーマニュアル HP - Instant Capacity

前へ 次へ
background image

特別な配慮事項

Instant Capacity と 仮想パーテ ィ シ ョ ンの統合 (HP-UX のみ )

付録

A

173

統合仮想パーテ ィ シ ョ ン環境

コ アの使用開始 と 使用停止

vPars バージ ョ ン A.04.01 以降を使用し てい る場合、 1 つま たは複数の nPartitions を調整する際に
処理能力を変更す る には、 icapmodify コ マ ン ド を使用す る必要があ り ます。

icapmodify コ マ ン ド を 実行 し て コ ア を使用停止にす る 際に、 要求が正 し く 実行で き る か ど

う かの確認が行われ ます。 実行可能な場合は、 ロ ーカルのハー ド パーテ ィ シ ョ ン の使用開始

予定 コ ア数が減 り 、 適切な数の コ アが ロ ーカルの仮想パーテ ィ シ ョ ンか ら 削除 さ れ ます。

icapmodify コ マ ン ド を 実行 し て コ ア を使用開始状態にす る 際に、 要求が正 し く 実行で き る
か ど う かの確認が行われ ます。 実行可能な場合は、 ロ ーカルのハー ド パーテ ィ シ ョ ン の使用
開始予定 コ ア数が増え、 適切な数の コ アが ロ ーカルの仮想パーテ ィ シ ョ ン に追加 さ れ ます。

単一の

nPartitions 内の仮想パーテ ィ シ ョ ン全体に コ ア を割 り 当て る よ う に調整する場合は、

Instant Capacity ソ フ ト ウ ェ ア と vPars ソ フ ト ウ ェ ア を最適に連動 さ せ、 パフ ォーマン ス を最適化
す る ために、 vparmodify コ マ ン ド を使用 し て く だ さ い。 vparmodify コ マ ン ド は、 単一のハー

ド パーテ ィ シ ョ ン内の仮想パーテ ィ シ ョ ンのキ ャ パシテ ィ を迅速に、 効率的に調整 し ますが、

nPartitions の使用開始予定プ ロ セ ッ サの数には影響 し ないため、 未使用のキ ャ パシテ ィ を他の
nPartitions に移動 さ せる こ と も 、 他の nPartitions か ら 移動 さ せる こ と も で き ません。

vparmodify コ マ ン ド を 実行 し て コ ア を使用停止状態にす る 場合、

Instant Capacity ソ フ ト ウ ェ

アか ら の認証は必要あ り ません。

vparmodify コ マ ン ド を 実行 し て コ ア を使用開始状態にす る 場合、 こ の コ マ ン ド は

Instant

Capacity ソ フ ト ウ ェ ア をチ ェ ッ ク し て使用開始可能な コ ア数を決定 し ます。 こ の数は、 ロ ー

カルのハー ド パーテ ィ シ ョ ンの使用開始予定 コ ア数 と

vPars データ ベース に割 り 当て ら れた

コ アの総数 と の差 と し て算出 さ れ ます。 要求に対応で き る 数の コ アが存在す る 場合は、 適切

な数の コ アが ロ ーカル仮想パーテ ィ シ ョ ンに追加 さ れ ます。

コ ア を使用開始ま たは使用停止のど ち ら の状態にす る 場合で も 、 icapmodify コ マ ン ド は動的 コ

アの数だけ を調整 し 、 特定の コ ア を明示的に指定す る こ と はあ り ません。

ブー ト 時のラ イ セ ン ス基準への適合

統合仮想パーテ ィ シ ョ ン環境では、 仮想パーテ ィ シ ョ ンのブー ト 時に毎回、 ラ イ セ ン ス基準への
適合状況がチ ェ ッ ク さ れ ます。 現在の

vPars データベース内のすべての仮想パーテ ィ シ ョ ンに割

り 当て ら れた コ アの総数が、

nPartitions の使用開始予定コ アの数を超えてい る と 、 Instant Capacity

ソ フ ト ウ ェ アは

vPars モニ タ ーに通知し ます。 vPars モニ ターは、 ユーザーがハー ド パーテ ィ シ ョ

ン を ブー ト し 、

vPars の構成を変更する か Instant Capacity の nPartitions の使用開始予定コ アの数

を変更す る ま で、 仮想パーテ ィ シ ョ ン のブー ト を実行で き ない よ う に し ます。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.