インストラクションマニュアル HP - Broadcom iSCSI for NC382x

background image

インストールと設定

11

3.

新たに作成した

Windows Server 2008 DVDを起動します。セットアップ画面を移動し、[Load Drivers]オプ

ションを選択します。次に、

USBデバイスにアクセスして、特定のアダプター用のHP Windows Server 2008

マルチファンクション

Gigabitサーバー アダプター ドライバー ファイルを見つけます。

4.

bxvbd.infドライバー ファイルを選択します。

5.

[Load Drivers]オプションを再び選択し、bxois.infファイルを選択します。

6.

Windows 2008のセットアップ画面に戻ります。ブート段階で識別されたiSCSIストレージ デバイスが
Windows Server 2008オペレーティング システムのインストールで使用可能なiSCSIターゲットとして表示
されます。

7.

Windows Server 2008のインストールを続行します。

Microsoft iSCSI Software Initiatorを使用したインストール

1.

SoftPaqファイルのダウンロード」から入手されたWindows Server 2008マルチファンクションGigabitサー

バー

アダプター コンポーネントCPxxxxxx.exeファイルの位置を確認します。内容をUSBメモリ デバイスに

解凍します。

2.

[Windows HBA Boot Mode]パラメーターで[Disable]を選択します。詳しくは、「iSCSIパラメーターの設定」

7ページ)を参照してください。

3.

Windows Server 2008 DVDを起動します。セットアップ画面を移動し、[Load Drivers]オプションを選択し
ます。次に、

USBデバイスにアクセスして、特定のアダプター用のHP Windows Server 2008マルチファンク

ション

Gigabitサーバー アダプター ドライバー ファイルを見つけます。

4.

bxvbd.inf(NC382x)ドライバー ファイルを選択します。

5.

[Load Drivers]オプションを再び選択し、bxnd.infファイルを選択します。

6.

Windows 2008のセットアップ画面に戻ります。ブート段階で識別されたiSCSIストレージ デバイスが
Windows Server 2008オペレーティング システムのインストールで使用可能なiSCSIターゲットとして表示
されます。

7.

Windows Server 2008のインストールを続行します。

Windows Server 2003のインストール

F6を使用したWindows Server 2003のインストール

Windows CD-ROMから直接iSCSIターゲットにWindowsオペレーティング システムをインストールするには、
DOSでフォーマット(FAT)して、apps\bcm_iscsi\nc382\x86およびapps\bcm_iscsi\nc382\x64フォルダーにあ

SoftPaqのファイルを保存した標準的なディスケットを2枚作成します。F6ディスケットを作成するには、該当す

るフォルダーに移動して、内容をフォーマット済みの

MS-DOSブート可能ディスケットの最上位レベルのフォルダーに

コピーします。

Windows 2003のインストールを試みる場合は、iSCSIターゲットに以前にインストールされたオペレーティング
システムのイメージが含まれていないことと、ディスクにマスター

ブート レコード(MBR)が含まれていないこ

とを確認してください。

1.

Windows_F6ディスク1を作成します。

o

Windows 2003 x86オペレーティング システムの場合は、apps\bcm_iscsi\nc382\x86\disk1ディレク
トリに移動して、ファイルをディスク

1のルート ディレクトリにコピーします。

o

Windows 2003 x64オペレーティング システムの場合は、apps\bcm_iscsi\nc382\x64\disk1ディレク
トリに移動して、ファイルをディスク

1のルート ディレクトリにコピーします。

2.

Windows_F6ディスク2を作成します。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.