インストラクションマニュアル HP - Broadcom iSCSI for NC382x

background image

概要

4

概要

概要

HP-BRCM iSCSIブート機能を使用すると、ブート ディスクが直接接続されていなくても、ストレージ エリア
ネットワーク(

SAN)上のMicrosoft iSCSI Software Initiatorをサポートするリモート ディスク(iSCSIターゲッ

トと呼ばれます)からサーバーを起動することができます。

SAN上のリモート ディスクから起動すると、起動プロセスを一元化することができ、機器のリソースも統合され
ます。他の実装とは異なり、

iSCSIブートでは、個別のDHCPサーバーやPXEサーバーは不要です。

Accelerated iSCSIブートfor Windows

HP NC-Series Broadcom iSCSI Boot Package for Windowsでは、HP Accelerated iSCSI機能も使用できます。すべて

Accelerated iSCSIコマンドは、アダプターのHP iSCSI HBAドライバーで処理されます。この機能は、単体アダプ

ターおよびメザニン

アダプターに対する追加コストなしですべてのHPマルチファンクションGigabit Ethernetサー

バー

アダプターに適用されます。ただし、一部の内蔵HPマルチファンクションGigabit Ethernetサーバー アダプ

ターには、

ProLiant Accelerated iSCSI Packライセンスが必要です。詳しくは、『HP ProLiant Accelerated iSCSI for

Windowsユーザー ガイド』を参照してください。

制限

iSCSIブートが有効になっているネットワーク アダプターがダウンすると、システムがクラッシュする可能
性があります。

Windows Server 2003 SP2オペレーティング システムでは、iSCSIでブートされたアダプター

を無効にすることはできません。

ケーブルが抜ける等の理由で、タイムクリティカルな「キープ

アライブ」プロセス(svchost)のファイル シ

ステム

アクセスが不能になると、再起動が発生することがあります。

ネットワーク

アダプターのプロパティを変更(例:リンク速度)すると、構成が変更され復元できなくなる

ため、起動できなくなることがあります。

iSCSIターゲットの設定(例:[Adapter Name])を変更する場合、iSCSIブートの設定を変更しないと起動でき
ません。

ソフトウェアのインストール時またはブート段階でアダプターをフェイルオーバーすることはできません。

iSCSIブート インストール時には、iSNS(Internet Storage Name Service)およびSLP(Service Location Protocol)
などの検出プロトコルはサポートされていません。

システム要件

HP IPv4 iSCSIブートfor Windowは、次のシステム要件にサポートされます。

サポートされているオペレーティング

システム

Windows Server 2008 R2

Windows Server 2008 SP2

Windows Server 2008 x64 SP2

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.