インストラクションマニュアル HP - Broadcom iSCSI for NC382x

background image

インストールと設定

6

インストールと設定

SoftPaqのダウンロード

1.

HPのWebサイトhttp://www.hp.com/#Support(英語)にアクセスします。

2.

[Support & Drivers]をクリックします。

3.

[Download drivers and software (and firmware)]を選択します。

4.

[For product]ボックスにアダプター名をタイプして[Go]をクリックします。

5.

オペレーティング

システムを選択します。

6.

[HP NC-Series Broadcom iSCSI Boot Package for Windows]をクリックします。

7.

[download]をクリックして、ハードディスク ドライブのディレクトリにHP SoftPaq(sp#####.exe)ファ
イルを保存します。

SoftPaqファイルはSoftPaq番号に基づいたファイル名を持つ自己解凍型の実行ファイルです。

8.

SoftPaqファイルをクリックしてファイルを解凍します。

iSCSIブート用のサーバー設定

iSCSIブートの有効化と起動順序の設定

iSCSIブートを使用する前に、まず、アダプターでiSCSIブートを有効にし、起動順序を変更してiSCSIを有効にした
アダプターをブート

デバイスとして選択する必要があります。

HPのネットワーク アダプターについてiSCSIブートを有効化

iSCSIブート オプションROMは、使用前に有効にする必要があります。オプションROMの容量は限られているため、3つ
以上のアダプターについて

iSCSIブートを有効にしないでください。iSCSIブートが失敗する可能性があります。

以下の項で、内蔵アダプター、メザニン

アダプター、および単体アダプターについて、iSCSIブートを有効にする

方法について説明します。

内蔵アダプター。内蔵アダプターの

iSCSIブート オプションROMを有効にするには、システムROMに組み込まれ

ている

RBSUツールを使用します。

a.

初期ブート段階で、

F9キーを押して、RBSUを起動します。

b.

RBSUメニューで、[システム オプション]を選択します。

c.

[システム オプション]メニューから、内蔵アダプターを選択します。

d.

[ネットワーク ブート](G6以降のサーバー)または[iSCSI boot]を選択します。オプションROMの容量
を節約するために、未使用ポートでは

PXEを無効にすることをおすすめします。

e.

Escキーを押してRBSUを終了します。

メザニン

アダプターおよび単体アダプター。iSCSIブート オプションROMは、コンソールを利用して対話形式で

有効にします。

a.

初回ブート段階で、プロンプトが表示されたら

Ctrl-Sキーを押して、[MBA Configuration Menu]を表示し

ます。

b.

[Boot Protocol]のエントリーとして[iSCSI]が選択されていることを確認します。

前へ 次へ
 

© 2012–2019, manyuaru.com
All rights reserved.